森林鉄道

2015年2月14日 (土)

一枚の図面から 41-12 機関車編 木曽の機関車たち 日本製の機関車

木曽の森林鉄道、最後は日本製の機関車です。

小川・王滝森林鉄道の機関車はこれまで紹介した物以外に、

1号、1914年 大日本軌道製

3号、1915年 大日本軌道製

5号、1920年 雨宮製作所製

大同電力1号 1936年 日立製作所製

の4両の国産機があり、これで全部となります。

1号は、8.1tのB型サイドタンク機関車で、建設時から使用したものですが、小型のため、他の機関車の増備に伴い、1934年に廃車になりました。
写真は不鮮明な列車の写真と、一部が写っている物が発表されているだけで、詳細はわかりません。

3号は、8.1tのB型ウェルタンク機関車で、1号とさほど変わらない機関車と思われますが、ここでしばらく使った後、近くの野尻森林鉄道に移管され、1号より早い1929年に廃車になってしまいました。この機関車の写真はみた事がありません。

5号は、大日本軌道が雨宮製作所に改組された後の機関車で、3号と同じく8.1tのB型ウェルタンク機関車です。
この機関車も1938年と早い時期に廃車されたのですが、廃車2年前の写真が有ります。
250519360800l

雨宮の標準的ともいえる機関車ですね。
1号、3号も諸元が同じなので、1号のサイドタンクという点を除けば同じような機関車だったと思います。

大同電力1号は、沿線の三浦に大同電力(後の関西電力)がダムを建設するのにあたり、その輸送を担うに当たって供給を受けた機関車ですので、車籍は大同電力で、工事終了後の1955年に返却されました。
この機関車はBaldwin製を元に製作されましたので、外観も似ています。
メーカー写真です。
7971l

似てはいますが、細かい違いで印象はだいぶ違いますね。

小川・王滝森林鉄道の機関車はこれだけですが、同じ木曽の阿寺及び野尻森林鉄道には、1946年製の立山重工業製のB-1サイドタンク機関車が居ますが、本に載っている以外の資料を持っていないので割愛します。

最後に、私の友人所有の8号(改番後)の写真を載せます。
6x9_8_192606l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

一枚の図面から 41-11 機関車編 木曽の機関車たち コッペル

木曽の森林鉄道の機関車の、Baldwin、Porterに続く機関車と言えばコッペルですね。

オーレンシュタイン・ウント・コッペルは、海外では一般的に「O&K」と呼ばれています。

この社の日本の機関車の解説書と言えば、金田茂裕著「O&Kの機関車」で、現在絶版ですが、興味がある方は是非入手されるべきと思います。

この書のベースになったワークスリストを先日親しい友人が手に入れてくれました。感謝感激です。
Ok_works_list_l_2

この書の題も「O&K」になっていますね。
表紙以外に写真等はなく、全頁リストのみで、他の人から見たら乱数表のように見えるでしょうね。

いきなり話がそれましたが・・・

木曽のコッペルは2種で、まずは10号。
これは、小川および王滝森林鉄道で使用するため、1923年(大正12年)製のC型タンク機関車です。

組立図は持っていませんので、金田氏の形式図です。
9

この図は、木曽で廃車後、芦別森林鉄道 9号での姿ですが、それほど変わらないと思います。

写真も芦別森林鉄道 9号です。
9_2

バランスのとれた格好の良い機関車ですね。

次は13号
この機関車は小木曽森林鉄道向けに1925年(大正14年)製のB-1タンク機関車です。

これも組立図は持っていないので、金田氏の形式図です。
13
10号よりもホイールベースが大きく、オーバーハングは小さいですね。

こちらは木曽での写真が有ります。

撮影年不詳
1111413_l

昭和11年の姿
111141319360800l

昭和13年
111141319380319l

下回りのバランスが良く格好は良いのですが、私はユーモラスな10号の方が好きですねぇ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

一枚の図面から 41-10 機関車編 木曽の機関車たち番外編 魚梁瀬のPorter

日本の森林鉄道用のH.K.Porterの機関車は、木曽ともう一つ、高知県の魚梁瀬・安田川森林鉄道だけですので、ついでにこれも紹介してしまいましょう。

魚梁瀬・安田川森林鉄道は、近年野村製のディーゼル機関車が公園で動態保存されていて有名ですが、本線は魚梁瀬ダムの建設によって1964年に廃止されました。

ここの機関車と言えば、日本の内地では2種類しかいないシェイ式機関車1号が有名ですが、それに続く2~4号がこのH.K.Porter製の機関車です。

2,3号は1921年(大正10年)、4号は1924年(大正13年)製の日本に来たこの社の唯一の軸配置B-1の機関車です。
1号が入った当時は線路状態が非常に悪く、十分な性能が発揮できなかったようで、小型の2,3号が入った頃からやっとまともな運転ができるようになったようです。シェイは線路状態に対して重すぎたんでしょうね、4号が入った翌年の1925年に廃車解体されてしまいました。

2,3号は同型ですが、4号は端バリや連結器の高さが違っています。

メーカーの竣工写真は4号のみ2枚あります。
69284canada_science_technology_muse

この写真は、近藤一郎著「新編H.K.ポーターの機関車」からです。

もう1枚は本邦初公開です。
Hkporter_wno6928_2bss_4_1200dpi_ll

ホワイトバック用の白布がいい加減ですねぇ。

次は組立図
668566866928_45321_8x12_bss_elevati

2~4号共通で、違いがちゃんと書かれていますね。

日本に来てからの写真は2号もあります。
66852l

廃車の前年
6685219510000l

この後、下回りを利用して、ディーゼル機関車になってしまいました。

3号
6686319510000l

2号と同型です。

4号
6928419510000l

サイドタンクがへこんでますねぇ。
もう1枚は背面
69284l

コールバンカーの丸穴は何でしょうねぇ。諸説ありますが、私にはわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

一枚の図面から 41-9 機関車編 木曽の機関車たち Porter 2

木曽の森林鉄道、H.K.Porterの機関車2回目は6号機です。

6号は、1920年(大正9年)製造のC型サイドタンク機関車で、運転整備重量8.6tの小型機関車です。

組立図です。
6592_43707_7x12_css_elevation_endvi

4号は運転室横に入口がありましたが、この機関車では側には入口がなく、背面から出入りする構造です。

この機関車のメーカーの竣工写真は持っていないので、この原型の状態の写真はありません。

昭和11年の姿。
6592619360800_2l

煙突が延長され、ベルが撤去されていますが、最も大きな改造は運転室ですね。
後部に炭庫を設け、入口を側にしたため、側と背面を作り直したと思われますが、前面は元のままのようです。

2年後の昭和13年の状態。
6592619380300l

煙突上部にネットが追加されていますね。
それにしてもボイラが高い機関車ですね。

この機関車はボールドウィン製に比べて、曲線の多い勾配線では操縦困難で、構造上も不具合が多いと酷評されていますが、昭和28年まで在籍したので、実際はそれほどひどくはなかったのでは?と思ったりしますが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)