電車

2015年12月31日 (木)

京都散策 疏水とインクライン

9850の途中ですが、先日、忘年会が京都であり、せっかくなので朝から出て、蹴上の疏水とインクラインを見てきましたので、簡単に報告です。

京都は明治維新による衰退防止と、古くからの水不足の解消、また、琵琶湖の舟運を京都まで伸ばすため、抜本的な解決策として、琵琶湖から水路を建設し、水位の高低差を利用した日本初の事業用水力発電をも達成する大規模な事業を行いました。

主任土木技師として、日本の鉄道にも大きな足跡がある田邉朔郎が活躍。
明治16年から測量を開始し、23年に水路を竣工、翌24年に発電所が完成し、送電が開始されました。

鉄道に関わる者としては、インクラインと日本初の電車の営業がこの事業により実現しました。

では、琵琶湖疏水記念館のパンフレット、各施設の解説板を元に写真を紹介します。

琵琶湖疏水記念館のパンフレットから、全体図です。
2_3
疏水は2本あり、現在でも水運以外は機能しています。
図の破線は水路トンネルです、京都東山連峰を超える必要があり、途中には山科の谷が有るので、ざっと言うと、大津の入口からトンネルを抜け、山科で高架橋を通り、東山をトンネルで抜けるというものです。

今回、京都側のトンネル出口からの散策ですが、いずれ見に行くかもしれません。

蹴上浄水場付近のトンネル出口から続く元船溜まり
1_7

真ん中の暗いところがトンネル出口で、右の建物が浄水場です。
そして手前の広いところが船溜まりになります。
この船溜まりには第二疏水との短絡の水門があります。
現在は第二疏水をメインに使っているらしく、水はほとんどありませんね。

その反対側なは船を乗せて運搬する台車です。
2_7
台車は下流にあるドラムで上下させます。船溜まりの水中にはワイヤーをターンさせる大きな滑車がありました。台車の後ろの物がそれと思われます。

それらの説明板
1_12

2_8
台車の詳細
3
台車はトラス橋と同様の構造で、ボギーにバネは無く、ボルスタで回転するようになっています。

この線路は水路と別に斜面になっています、写真は前回行った時の物
P4020060l
ゲージは測りませんでしたが、相当広いですね。複線で、現役当時は線路中央に滑車がありました。

この斜面の途中にもう一両の台車が保存されています。これも以前の撮影です。
4_2
斜面に置かれているので、ごつい車止めが設置されています。
どちらにも木の小舟が乗っています、三十石舟との事です、落語に川船として出てきますが,意外に小さいですねぇ。

上部に戻って、船溜まりの横に水力発電用の水管との水門があります。
6
時代を感じる良い感じの産業遺産です。

その水門の上から水路が横に出ています。
7
右は山、左は谷、急斜面に沿って水路と歩道が作られています。

その道を歩いていくと
8
巨大な水路橋!
南禅寺の境内で、水路閣と呼ばれています。壮大な建築物です。

その先は斜面で道は上がっています
9

その先
10_2
トンネルに消えて・・・

トンネルを抜けると、疏水沿いの遊歩道として有名な「哲学の道」
11
この道は銀閣寺まで続いているようですが、私はその手前、「くろがねや」さんで終点です。

いつものメンバー。
1_13

2_10

いつものように、ものすごい工作の結果を・・・・今回はここまでです。

もう平成27年も終わりですね。
当ブログをご覧いただきありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

一冊の本 川崎車両のカタログ 8

川崎車両のカタログ、私鉄電車の続きです。

阪神急行電鉄302、大正11年製の木造制御車です。
049_302l

大阪鉄道 3、大正12年製窓上の飾り窓と前面の窓、優雅ですねぇ。
050_3l

伊賀鉄道と書いてありますが、伊勢鉄道が正しいようです、モハニ106、昭和2年製です。
武蔵野鉄道322、前回の西武550と同じ大正15年製ながら、こちらはだいぶ無骨な感じです。
051_106322l_2

新京阪鉄道フイ501、昭和3年製、デイ100のお相手ですね。
052_501l

西武鉄道561、昭和3年製、前回の西武550の増備のようです。
小田原急行鉄道551、昭和4年製です。
053_561551l

新京阪鉄道フキ500、昭和3年製、昭和天皇の大礼のために作られた貴賓車です。
054_500l

吉野鉄道サハ303、昭和4年製
055_l

湘南電鉄デ3、昭和5年製、後に京浜急行の230になった物でしょうか。
056_3l

やっと電車が終わりました。

後は気動車と貨車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

一冊の本 川崎車両のカタログ 7

川崎車両のカタログ、今回から私鉄電車です。
1ページに2種類の物があるなど、分類が困難なのでページ順で紹介します。

阪急電鉄601、大正15年、日本初の量産全鋼製電車です。ポールからパンタグラフへの過渡期のものです。
041_601l

豊川鉄道23、大正15年川崎タイプです、後国鉄に買収され、クハ5601になった。
西武鉄道550、これも大正15年製で同型は10両。
042_23550l_2

南海鉄道154、昭和2年製阪堺線向けの路面電車。
目黒蒲田電鉄203、昭和2年製
043_154203l

上田温泉電軌101、大正15年製楕円窓が良いですね。
仙台市交通局11、昭和2年製の路面電車
044_10111l

兵庫電気軌道1、明治43年製、後に山陽電鉄になりました。
吉野鉄道100、吉野鉄道4、後の近鉄ですね。
045_11004l

神戸姫路電気軌道9、後の山陽電鉄の明石-姫路間の電車です。
京阪電気鉄道100、神戸姫路電気軌道302、艤装前でシムに乗っています。
046_9302100l

神戸市電気局189、南海鉄道125、神戸市電気局532
047_189532125l

大阪電気軌道75、大正12年製
048_75l

私鉄電車は次回も続きます。

どうにも電車はわからなくて・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

一冊の本 川崎車両のカタログ 6

川崎車両のカタログ、今回から電車です。

国鉄の電車は3形式
デハ73203、後のモハ30です、国鉄最初の鋼製車のグループです。
032_73200l
この頃の電車は電気設備の艤装を電気メーカーが行っていたので、川崎での製造はここまで。この後、電気機器メーカーへ回送されます。

次はサロ73101、後のサロ35です。青帯が美しいと思います。
034_73100l

次はサハ73501、後のサハ38
033_73500l

国鉄の電車はこれだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

神戸交通史 写真パネル展のご案内

今回は、前回に引き続き、「鉄道設計図表全集」からの記事を書こうと思っていましたが、
土木学会図書館に非常に多くの写真があることが分かり、それを使わせて頂く許可をもらいたいと思うので、ちょっと延期です。

その代わりと言う訳ではありませんが、お付き合いさせて頂いている「神戸鉄道大好き会」のYさんから下記の案内を頂きました。

L

神戸限定ともいえる内容ですが、「神戸鉄道大好き会」が所蔵されている多くの昔の写真が展示されるようです。

私もいずれかの日に行かせて頂こうと思っていますが、皆さんもいかがですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

一冊の本 阪神国道電車

今日、ちょっと外出してる時に、郵便受けにこの本が入っていました。

Rimg0011l

題名は「阪神国道電車 1975年廃止 その昭和浪漫を求めて」、著作は神戸鉄道大好き会です。

企画編集をされた谷口隆志さんが直接持ってきてくれたもので、後で電話でお礼とこのブログへの掲載の許可をいただきました。

昨年の初夏、神戸鉄道大好き会の方々とお会いした時に企画を聞いていたものですが、このほど出版となったそうで、出来立てのほやほやです。

阪神電鉄の路面線は、国道線、甲子園線、北大阪線があり、部分廃止を経て1975年5月に全線が廃止されました。
廃止後も電車好きの人たちの人気は高く、私の仲間たちにも多くのファンが居ます。

私も廃止の前日、乗りに行きました。
お別れ運転はあまり好きではないのですが、廃止の情報がぎりぎりになってしまったのでお別れ運転になりました。
高校2年、あまり撮影経験も無い頃で非常につたない写真ですが、これを逃すと人に見てもらう機会もないと思うので恥を忍んで掲載します。

まずは甲子園駅、この上が阪神本線の甲子園駅です。

00l

01l

上甲子園だったと思います

06l_6

09l_2

10l_2

当日は天気が悪く、しかも夕方で・・・・などと言い訳をして・・・

そして、本書の最後の方に出てくる、保存車を見せていただいた時の写真、まだ修復途上です。

Dscf1036_20080413l

ヘッドマークは・・・

Dscf1047_20080413l

貸切

現在は非常に綺麗に修復が成ったそうで、この本に非常に綺麗な写真があります。

出版はトンボ出版、税抜2600円です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)