別府鉄道

2016年6月29日 (水)

別府鉄道キハ2の保存活動に参加しました 2

  6月26日、加古川市円長寺近く、旧別府鉄道円長寺駅跡に保存されている、別府鉄道キハ2の保存活動に参加してきました。
 
今回で2回目ですが、このところ体調が悪くて、窓枠関係の報告で終わってしまいました。
前回、窓枠の実測をして図面化したものを試作してみました。
「守る会」に意向で、日曜大工程度の技術で作成する、ということで、ホームセンターで入手できる材料で、私が試作をしました。
 
特別な機械を使わずに工作できるということで、溝堀りや角穴の加工ができないので、5mm厚の板を切り出して、3枚重ねで製作する事とし、5mm厚のアガチス材を写真のように切り出しました。
1l
これを接着して組み立てます。
 
2l
これで加工は終わり、ほぞ穴に差し込んで完成です。
 
3l
少し隙間が空いてしまいましたねぇ。
まぁ、素人の木工ということで、こんなものでしょう。
これを作った後、木工所を経営されている方と相談できる機会があり、窓枠の製作にかかるコスト等をお聞きしました。
すると・・・
思ったより安く製作していただけるとのこと。
この企画に対するボランティアの気持ちも持って頂けたようです。
その結果、今回の集まりで、その木工所「北野工作所」に窓の製作を依頼するということで、承認をいただきました。
他の車両のも窓や扉その他木工全般、なんでも引き受けてくれるそうです。
全国の保存会の皆さん、いかがですか?
文末に「北野工作所」の情報を書いておきます。
 
実物の現状です。
1l_2
 
2l_2
 
3l_2
だいぶ腐食が進んでいますが、まだましな方なんです。
 
会員の皆さんの活動状況、梅雨のさなかですが気持ちよく晴れました。
1l_3
 
2l_3
 
3l_3
暑いさなか、皆さん本当に元気です。
 
室内。
1l_4
 
2l_4
案外良さそうに見えますが、写真は比較的良いところです。
 
 
せっかくなので、私の好きな床下。
1l_5
別府港寄りの台車、なんと!車軸にチェーンドライブのスプロケットが付いています。
恐らく三岐鉄道時代に交換された物と思いますが、今となっては非常に貴重な車軸ですねぇ。
 
2l_5
DA55エンジン、それから、機械式の変速機。本当に貴重な産業遺産ですね。
 
3l_4
駆動側の台車、ホイールベースは1500mmです。
軸箱は油が浸みていて、押せば動きそうですね、一度動かしてみたいなぁ。
その向こうはラジエター
 
  今回参加のメンバーの方々の中で、今年高1になられた人がいました。
別府鉄道のみならず、近隣の鉄道や鉄道の一般知識が素晴らしく、
高齢化が進む鉄道趣味において、非常に将来が楽しみです。
  現在、別府鉄道各駅のジオラマや車両の自作もされていて、模型のほうでもこの先が本当に楽しみですねぇ。
 
  前回同様、熱中症になりやすい体質の私は、ちょっとやばくなったので、修復作業を頑張られている人たちに後ろ髪を引かれながら後にしました。
 

「旧別府鉄道キハ2号を守る会」、
この保存活動に興味をもたれる方は、ぜひご覧ください。
これまでの保存活動の様子を見ることができます。
http://tvinagawa.net/?page_id=210
ご興味を持たれた方は是非ご参加ください。

修復予算が絶望的に不足しています、下記から寄付をしていただければありがたいです。
http://tvinagawa.net/?page_id=1140

パンフレットです。
L

皆さんのご協力を期待いたします。

広告です。

窓枠等、木工全般のご依頼はぜひ!「北野工作所」へ。
〒433-0023
大阪市天王寺区味原町4-18
06-7501-9723
kitano.kousakusyo@gmail.com

これから多大なる協力をして頂けますので、ここで宣伝させていただきます。
窓枠や扉等、各種木工のご用命はぜひ!
模型の木製道床もこちらで製作されてるそうで、模型の方もよろしく!

汽車好きクラーケン、別府鉄道関連はこちら

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

別府鉄道キハ2の保存活動に参加しました

22日は加古川市円長寺近く、旧別府鉄道円長寺駅跡に保存されている、別府鉄道キハ2の保存活動に参加してきました。

1605221l
  別府鉄道廃止からもう32年、屋外展示で車体裾部の腐食や木製の窓枠の腐食や窓ガラスの破損によってかなり荒廃が進んでいます。

  しかし、現物が残っているという事の重要度はゆるぎなく、現存する機械式気動車という事で、加悦鉄道のキハ51,101とともに非常に貴重な存在です。

  別府鉄道廃止時にはもう2両の気動車がいましたが、キハ3は佐久鉄道時代に復元されて長野県で保存されていますが、別府鉄道時代とは全く違うデッキの無い姿となってしまっています。
  もう1両のキハ101は別府鉄道で一番最後に入線した車両で、別府で保存されていましたが、荒廃のため数年前に解体されてしまいました。
  そのような訳で、現在別府鉄道の気動車の姿を見ることができる唯一がこのキハ2なんです。

Img_1355l

  近くで見ると、車体の裾は修復がだいぶ出来ているんですが、ウインドシルの腐食が目立ちますね。
  窓は、窓枠の腐食が進んで窓ガラスも割れてしまっているのでプラシートで覆っている状態です。
  金属部分の修復はかなり進んでおり、次の段階として窓枠の修復に掛かるべきという事で、腐食が進んだ窓枠を新製するため、私に窓枠の設計が下命されました。

  比較的状態の良いものを実測し、図面を作成しました。
最初は一番状態が悪い、側の2段窓です。
2_al_2

  作成コンセプトは、予算が無いため、修復メンバーの手作りが可能という事で、日曜大工程度のレベルで製作可能という事で設計しました。
これ以外に5枚の部品図を書きました。
この後、市販でどのような材料が手に入るか等、調査して試作まで行こうと思っています。

  さて、このキハ2、現役時代の紹介です。
まずは竣工図。
2l
元三岐鉄道キハ5ですが、三岐鉄道時代のものはありません。

私が撮った最初は1972年で、緑とクリーム色の塗り分けです。
C009_19720000_27l
この時は車庫に入っていました。

次に撮ったのは1977年、ピンクとクリームに変わっています。
C025_197708140903_13l

反対側、これは1982年撮影です。
Bc013_19821010_01l

同じく1982年
Bc013_19821010_02l

1977,1982年の写真は全部野口駅ですが、この駅は国鉄高砂線の野口駅との共用駅で、国鉄加古川からの列車と同時に発車する姿が見られました。
1977年
060_197709031022_09l

この時は、別府鉄道がほんの少し早く出てしまいました。
C025_197708140903_15l

野口駅のショットをもう一枚
060_197709031022_08l

高砂線の列車を待つキハ2
大きなポプラの木が良かったなぁ~

今は都会になってしまって、面影はホームの一部がモニュメントとして残っているだけです。

ほかにも撮ったけれど、ネガを貸してしまって帰ってきませんねぇ・・・

「旧別府鉄道キハ2号を守る会」、
この保存活動に興味をもたれる方は、ぜひご覧ください。
これまでの保存活動の様子を見ることができます。
http://tvinagawa.net/?page_id=210
ご興味を持たれた方は是非ご参加ください。

修復予算が絶望的に不足しています、下記から寄付をしていただければありがたいです。
http://tvinagawa.net/?page_id=1140

皆さんのご協力を期待いたします。


汽車好きクラーケン、別府鉄道関連はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

別府鉄道 13-4 DC301 ディーゼル機関車 4

別府鉄道DC301の最後はエンジン関係と付属品の図面です。

最初はエンジンです。三菱のDE型のシリーズです。
Dc301_de_a3l_300bwl_2
そして、エンジン取付。
Dc301_d21749_a2_300bwl_4
電灯等、付属装置
Dc301_d21840_a0_200bwl

最後は、細かい銅管の給油装置
Dc301_d21770_a2_300bwl

DC301の図面は以上です。

次回はオハ32000の工作に戻ろうかな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

別府鉄道 13-3 DC301 ディーゼル機関車 3

別府鉄道DC301、今回は下周りです。

図面が多くて修正に時間が掛かってしまいました。

最初はやはり台枠。
Dc301_d21700_a1_300bwl

動輪
Dc301_d21674_123_a3_600bwl

駆動輪の図面は見当たらないので、ロッドです。
主連結棒。
Dc301_d21667_a3_600bwl
第1連結棒。
Dc301_d21669_1_a3_600bwl

第2連結棒
Dc301_d21671_2_a3_600bwl_2
次はバネ装置組立。
Dc301_d21651_a2_300bwl

担バネ。
Dc301_d21652_a3_600bwl
ブレーキ装置。
Dc301_d21680_a1_300bwl
最後は砂マキ装置です。
Dc301_d21659_a2_300bwl
次回は、エンジン関係と付属装置で終わりです。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

別府鉄道 13-2 DC301 ディーゼル機関車 2

別府鉄道DC301、今回から詳細図です。

今回は上周り。

運転室組立。
Dc301_d21750_a1_300bwl

機関室。
Dc301_d21658_a1_300bwl
冷却装置組立、ディーゼル機関車の顔ですね。
Dc301_d21760_a1_300bwl
最後は運転装置です。
Dc301_d21810_a1_300bwl
次回は下周りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

別府鉄道 13-1 DC301 ディーゼル機関車 1

別府鉄道、今回から、内燃機関車の一番の古株、DC301を紹介します。

この機関車は1952年(昭和27年)、新三菱重工三原車両製作所が江若鉄道向けに製造した、22t、210馬力の機関車です。

別府鉄道には最初の内燃機関車として1964年(昭和39年)に来ました。
これが来るまでは、機関車は蒸気機関車だけだったと言う事ですね。

この機関車は車庫で寝ていることが多く、動いているのは1度見ただけです。

この写真は、初めて訪問した時の物で、ハーフサイズのネガカラーなので、画質の悪さはご容赦ください。撮影は1972年、中坊の時です。
C009_19720000_23ll_2

一般のL形ディーゼル機関車は、キャブの入り口は両側とも車端にあるのですが、この機関車は、こちら側はボンネット寄り、反対側は車端寄りと、左右で逆の配置になっています。

他にも車庫の中で撮った記憶があるんですが、今の所ネガが見つかりませんので、この機関車に関して、写真は1枚だけです。
DD502が入った後の、1978年(昭和53年)に廃車解体されてしまいました。

それでは、図面関係です。

先ずは仕様書、これも含め、すべての図面は青焼です。
Dc301_01_a4_600bwl
Dc301_02_a4_600bwl

Dc301_03_a4_600bwl
Dc301_04_a4_600bwl
Dc301_05_a4_600bwl
この竣工図は、仕様書の添付物ではありませんが、別府鉄道で書かれたものです。
Dc301_a4_600ll
ここから下は、同じ日付なので、メーカーがDCと同時に提示したと思われる、B型ディーゼル機関車の仕様書です、同じエンジンですね。

江若鉄道では、DBとDCを比べて、強力なDCを選んだと言う事ですね。
Dc301_01_a4_600bwl_2
Dc301_02_a4_600bwl_3
Dc301_03_a4_600bwl_2
Dc301_04_a4_600bwl
Dc301_05_a4_600bwl
仕様書付属の形式図。
Dc301_06_a4_600bwl
最後は、組立図です。
Dc301_d15015_a0_400_3

こちら側の運転室は普通です。

次回から詳細図に入ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

別府鉄道 12-5 DB201 ディーゼル機関車 5

別府鉄道DB201、足回りの図面です。

輪軸組立。車輪はDD20等と同じでしょうか。
Db201_11_a2_200l

軸箱。
Db201_14_a2_200l

軸バネ。
Db201_15_a3_300l

DB201はこれで終わります。

他にも何枚も有るのですが、外観に関係あるのはこれ位です。

例によって、模型作り等で、もっと高精細の図面をご所望の方は、メールにてご請求ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

別府鉄道 12-4 DB201 ディーゼル機関車 4

別府鉄道DB201、図面の続きです。

ここから構造図になります。

動力伝達系統図。DD13等のような、複雑ですが確実な構造です。

Db201_2_a3l_300l
台枠図。
Db201_18_b1l_200l
ディーゼル機関車の場合、強固な構造物はこれだけで、上部のキャブやボンネットは薄板で作ったカバーの様なものです、だからか、この機関車の図面集には詳細な図面は入っていません。

基礎ブレーキ装置。
分かりにくいですが、上の図は平面図、下の図が側面図です。
左右に同じ物が対称に付いています。
Db201_20_a1_200l
運転室機器の取り付け図です。
Db201_22_a1_200l
運転台は横向き1台で、運転士は横を向いて運転します。
右上は、その運転台の詳細です。

左にアクセル、右にブレーキ、その間に変速と逆転があります。
簡単に運転できそうですが、営業運転には免許がいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

別府鉄道 12-3 DB201 ディーゼル機関車 3

別府鉄道DB201、今回は図面等の資料編です。

先ずは仕様書から。
Db201_34_a4_600l

2枚目
Db201_56_a4_600l
ここから図面です。
この機関車は車体関係の図面はたいしたものがありません。
形式図
Db201_1_a3_300l
あまり例を見ない様式で、正面図のみ大きく書かれています。

次は外観図です。

運転室。
Db201_21_a3_300l
ボンネット。
Db201_23_a3_300l
次は下周りです。
Db201_31_a3l_200l
こういう外観図を書くことは珍しいのですが、模型を作る場合などは、これでも十分のようにも思えますね。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

別府鉄道 12-2 DB201 ディーゼル機関車 2

別府鉄道DB201、今回から図面関係と思いましたが、その前に、部分写真を掲載しようと思います。

この機関車は、他に例の少ない、ウィングバネ式とも言える軸受け方式で、2軸駆動ですが、2軸目への動力伝達は駆動軸とギヤボックスを使った高級な構造となっています。

一般的な2軸機関車はロッドかチェーン等で伝達することが多いと思いますが、それらに比べて部品も多いですが、メンテナンス性等はかなり良いと思います。

いつも見ていた機関車なのに、部分写真はあまり撮っていないのですが、1983年12月25日と30日に土山駅で撮った物を掲載します。
204_19831230_22ll

201_19831225_08ll


204_19831230_03ll

204_19831230_09ll

204_19831230_04ll

204_19831230_07ll

204_19831230_06ll

204_19831230_12ll

204_19831230_11ll

201_19831225_13ll

201_19831225_14ll

201_19831225_15ll

201_19831225_17ll

写真はこれ位にしておいて、次回は本当に図面です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)