クレーン

2013年12月20日 (金)

川鉄葺合工場のスティームクレーン

クレーンつながりで、川鉄葺合工場で使われていたスティームクレーンを紹介します。

撮影は2004年7月、神戸の生田川河口部の空き地に放置されていた物です。銘板には若津鉄工所昭和17年12月製造とあります、製造番号はありません。

001

002

003

004

背面、メジャーは1m。

005

006

007

ブーム、ブームの上下は可動式だったものを、鉄棒で固定式に改造している。

016

機関。クランクの上に見える赤い管の上の引っ掛けが付いてるのが加減弁、この引っ掛けで操作するらしい。右の大きな軸受は、巻き上げ軸。

008

シリンダヘッド。赤い管は、左が吸気管、右が排気管。吸気管の下に見えている巨大ウォームギヤはブームの上下用だったが、現在はブームは固定なのでワイヤーが掛かっていない。

010

機関上から、2つがユニットになっていて、バルブギヤは偏心輪1個で回転方向一定のフルギヤー。偏心軸は操作稈の操作で左右に動くようで、これでニュートラルにしたりするのだろうか?

009

その右、左下のべベルで逆転する。

010a

運転席から、中央左寄りの錆びたべベルは走行用。

011

前の車輪を下から、縦方向の軸は、上の写真の錆びたべベルの軸、これは上部車体の旋回中心と一致しているはず。

この軸の下にべベルが有って、前後方向の軸につながって駆動していたようです。

014

後ろの車輪、前と同じ構造。底板のくりぬき穴から見える板厚、ものすごい。

013

アウトリガと車輪軸受、車輪はリジッド。

012

最後に旋回車輪部と、ブームの軸受。

015

当日は時間があまりなくて、1時間弱の撮影でしたので、100枚ちょっとしか撮れなかったんで、もう一度見てみたいと思って、半年後に行ったら何もなかった。

どこかにちゃんと保存されてたらいいんですが・・・、どなたか、これの消息を知りませんか?

興味をお持ちの方で、さらに部分写真をお望みの方にはお送りしますので、メールでご連絡ください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

一冊の本 機械設計図表 輸送機篇 第1巻

今回はクレーンです。

皆さん興味ないでしょうねぇ。

私が小さい頃は戦後復興まっただ中で、そこらじゅうで土木工事が行われていて、遊び場になっていた屋根の抜けたビルなんかがどんどん無くなっていき、空地には大きな土管や建築資材が置かれ、建設機械を目にしない日は無いような時期でした。

そういう建機に魅了され、鷹取工場の近くで、町内にシェル石油の引き込み線がある、そんな環境で育ったら、こんな人間が出来ちゃいました。

私のメカ好きは、こんな建機の動きから来ているようです。

さて、その建機好きと汽車好きが合わされば、軌道上を走るクレーンに行きつくわけです。

今回ご紹介するのは、昭和12年発行、機械設計図表 輸送機篇 第1巻という物です。要するに色んな機械の事例を集めた本で、写真や図面が豊富に載っています。

その中から、いわゆる「ロコクレーン」(広範な意味で)が載っているページを紹介します。

1_015_093ll_2

1_016_094l

1_017_095l

1_018_096l_2

1_019_097ll

1_020_098ll

1_023_101ll

1_026_104ll

1_030_108ll

1_058_136ll 

1_059_137ll

B5サイズの本で、写真が小さくて見辛いのですが、仕方がないですね。

全部が日本の物ではないようですが、当時の多種多様な軌道走行クレーンがうかがえます。あぁ、もちろん動力は全部蒸気ですよ。

この第1巻には、他のタイプのクレーンや付属品など、非常に多くの写真や図面があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)