一枚の写真から 客車編

2013年11月 1日 (金)

一枚の写真から 2 客車編 ある客車

友人から、客車も載せろってリクエストがありましたので、今回は客車の話題です。

この写真、オークションで見つけた時は出入台妻寄りの手すりから、簡単に明治39年から42年にかけて量産された、所謂「オイラン型」の事故車の写真だと思いました。

L

明治の客車のこれだけのアップは非常に珍しいのでこれだけでも貴重なんですが、

この事故から何かたどれるかと思い、沖田祐作さんの最新DVDに入っている「三代事故録」を丹念に調べたところ、何と同じ写真が載っているのを見つけました。

沖田さんの著作は、どれも人生を賭けたであろう労作で、最新版は機関車表、機関車製造台帳、三代事故録の3冊を全部まとめ、多くの写真や図面を盛り込んだもので、ページ数が多すぎて、とても印刷できないと今回からDVDになった物です。

今回DVDになって写真が入っていたからこそ、この写真の事が分かったわけで、沖田さんには大変感謝です。

なお、近々、ネコからムックとして発刊されるそうです。

著作の写真は「国鉄重大運転事故」という資料からの転載で、それほど鮮明ではありませんが、私のは、その原稿の写真のようです。

その本の記事はまさに驚天動地!!非常に有名な事故の時の客車だったのです。

それは・・・

1930年4月6日久大本線小野屋~鬼瀬間で起こりました。ここでピンと来た人はかなりの・・・

そう、世にも珍しい機関車のボイラー破裂事故の時の機関車次位に連結された客車だったのです。

この客車は2,3等合造車のコロハフ1702、

機関車は8550の8610号、溶栓が溶けた直後に火室の天井板がステーから外れ、ステーの穴から噴出した蒸気が、煙室から煙室戸を突き破って、この客車貫通路から吹き込み、中央の2,3等の仕切り扉をも突き破って2等室をも破壊した。

バック運転だったのが不幸で、22人が死亡した大惨事となりました。

写真の左に見える煙室先端とステイはその事故機関車と思われる。

このコロハフ1702なる客車、「オイラン型」ではなく、官鉄で明治30年から39年にかけて作られた、明治を代表するボギー客車で、明治時代に最も多く作られた一群です。

ダブルルーフですが、屋根が浅いのが特徴で、当初の側板は箱型と同様のモールディング、後にほとんどの車が羽目板に改造されています、デッキは当初はオープンタイプで後に妻板と側の扉が付いた物になりましたが、改造したものやそのままの物もあり、多種多様です。

この車の形式図は昭和3年版が最終で、この時期にこのタイプの2,3等合造車は珍しく、たった4両です。

1700

この客車ではないのですが、以前、この一党の客車の研究をしたことがあります。この図はその時に模型化を考えて書いた物でこの客車とは車掌室が有るかないか程度の差と考えてよい物だと思います。

5700

上側の図は反対サイドで、羽目板の表現は省略してあります、色んなタイプがあるので、デッキ部はオープンタイプとクローズドタイプの両方を書いています。

この車は妻板付ですが、元々の物か改造された物かは分かりません、ただ、問題の手摺は、他の物とは違うので、「オイラン型」と同様の物に付け替えたのかも知れません。

この一群の客車に興味がある方で、私が書いた図面でも見てみようと思われる方は、メールを頂けましたらお送りいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)