ごあいさつ

2017年1月 1日 (日)

初夢

新年明けましておめでとうございます。

2015年に発症した網膜症が良くならず、左目は工作時には使えない状態での1年でしたが、何とか工作を続けていますが、目は疲れやすく、仕事が忙しい時などは、夜の工作は無理なことが多くて、夏以降はあまり工作は進みませんでした。

とはいえ、川崎のCタンク等の工作や実物研究等、非常に面白いので、目が良い時に集中してやっていこうと思います。

さて、初夢の話題。

12月のはじめ、「コンちゃんの模型日誌」で、φ23mmの動輪があるというのを知り、ちょうど、ゆうえんさんが作ってTMSの12月号に載った自由形のテンホイラー8760を見て、大正形の自由形やりたいなぁ~って思っていたこともあって、「アメリカンかアトランティックを作ったらおもろそう」ってことで、φ23mmの動輪を2軸分譲って頂きました。
Rimg0002l_2

アメリカンの案
基本は6700か6760になるかと思いますが、大好きな6700をベースにして、動輪を大きくして考えを進めていきました。

6700のベースはドイツプロイセンの4-4-0のP4辺りだと思いますが、
今回のは動輪が大きいS3を元にしました。
Eisenbahn_journal_s3

図面はこれ
S3_70_2
計画中、テンダは8700のボギーです。
6900_l

緑が6700ですが、動輪が大きくなったため、ボイラ中心を8620と同等の高さまで上げました。8620のボイラ周りも重ねていろいろと検討しました。

その結果、こんな感じになりました。
ボイラは過熱式、蒸気ドームは第2缶胴です。
6900_2b_l

うーん、6700と変わらんなぁ・・・・・

そこで、従輪を足してアトランティック。
R.F.トレビシックの弟子は太田吉松と森彦三が有名ですが、トレビシックの帰国後、実権を握ったのは森で、鉄道国有法施行後の標準機関車の計画を立てた時の旅客用機関車は、森が推奨した軸配置2B1のアトランティックで、後に実権が島安次郎に替わって、彼の主義により、2Bのアメリカンが採用されて6700となりました。

この時に、実権が島に替わらず、森の設計が採用されていたら・・・
当時の日本の機関車は、お手本をドイツに習ったのは明白ですが、このアトランティックもドイツのバイエルンの機関車に習ったとしたら・・・
私の好みでチョイス。後の14型、S2/5です。
Bayerische_s_25

恰好は、好みですねぇ、けど、6600よりはかなり良い感じだと思うんですよ。

これを真似するわけにもいきませんが、6700のイメージを残して、こんな感じになりました。
6900_2b1l

従輪を追加してボイラの煙管を長くしました。大分イメージが変わりますねぇ。
火室は、動輪の後ろに置きたいところですが、動輪が大きいため動輪から後ろがかなり長くなって恰好悪くなるし、実物的には転車台や列車有効長の問題もあって短くしたいので、結局台枠内になりました。図では前端を第2動輪の後ろにしたため、9600程度とかなり短いのですが、実際はもう少し煮詰めて第2動輪より前まで伸ばさなくてはいけませんね。
その場合でも煙管が長いためボイラの性能は8620等より良くて、シリンダの直径を少し大きくできそうです。

とまれ、アトランティックとしてそれほど恰好は悪くないので、作るならこれで行きます。

なお、動輪直径1840mmは、後の南アフリカの16Eの1810mmより大きく、狭軌世界一の直径になります。
計算上、300rpmでの最高速度は104km/hとなりますが、動輪を測ったところストロークは660mmくらいで、C62等と同じですので、C62の最高速度の記録の129km/hと同じ回転まで上げられるとすれば、この機関車は136km/hとなります。

川崎のCタンクがあるので、工作は先になるかもしれませんが、楽しそうですねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

近況報告

このところ、更新が滞りがちなんですが、本業が忙しくて、ちょっと余裕が無いんですよ。

無理して作っていたボールドウィンの1-C-1タンク機関車は、十三クラブの運転会に間に合わず、運転会二日目は過労でダウン、その次の週には別の集まりが有ったんですが、完成には至らず・・・。

どうにもままならない日々が続いています。
一つのキャパがいっぱいの状態で、他の物も加わるといけませんねぇ。

仕事は予定の納期の28日に何とか間に合いそうで、仕事上の問題は無いと思いますが、
この仕事も、乞われて始めた応援の仕事、もとより楽なはずはない仕事ですが、とりあえず恰好を付けて終わらせたいですねぇ。

明日に仕事を終わらせて、ゴールデンウィークは目いっぱい羽を伸ばして、ストレスを発散しましょう。

ってわけで、連休後半に白馬のどぶちゅうさんのお宅へ遊びに行きます。
ですが、今回のメンバーは一番の料理人は多忙で不在。

どなたか、簡単な料理が出来る人で、鉄道談議をしたい人いませんか?

鉄道談議は楽しいですよ。資料もたっぷり、メンバーもすごい人の集まりなので、本当に楽しめますよ。

もちろん関西人ばかり(オーナーは関東人ですが、関西ののノリに付いていける人)なので、コテコテですが、蒸気機関車や碓氷峠、その他鉄道の知識はピカイチ!

模型が好きで、ちょっと古い鉄道が好きな人、参加しませんか?

関西からの便は車に1名分空きがあります。

もし、ご希望がありましたら、右のメールで連絡ください。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

あけましておめでとうございます

みなさま

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ汽車好きクラーケンをよろしくお願いいたします。

さあ、今年は何をしましょうか。
ブログのネタ、図面はまだまだたっぷりあるので当分大丈夫ですが、
えーかげん模型もやらんとねぇ。

索引を更新しました、お暇なときにでも見て頂けたら幸いです。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

汽車好きクラーケン 3年目

2013年10月28日に始めた汽車好きクラーケンも、今日で丸二年が経過し、3年目に突入です。

アクセス数も285,000を超え、この特殊なジャンルも意外に興味がある方が多いのに驚きます。

発足当初の、研究家の間でも初めてというセンセーショナルな資料は、さすがにあまり出ませんが、本等に出ていない写真や図面はまだまだいくらでもありますので、当分はネタが尽きることはありません。

取り上げる話題は、私の気まぐれで決めることが多いのですが、リクエストや質問等、コメントに書いて頂ければ嬉しいです。
これまでは蒸気機関車の話題ばかりの感がありますが、私自身は結構守備範囲は広いので蒸気機関車以外の話題にも広げていこうかと思っております。

また、当ブログに載せている写真や図面等はデータを軽くするためかなり画像を荒くしているため、模型を作られたり研究をされる場合等では、不便なことがあるかと思いますので、ご希望があれば、右の欄の下の方にあるメールのアイコンから連絡をお願いいたします。

当ブログは営利目的ではありませんので、メーカーによる模型化等、営利目的に使用する場合はご連絡ください。

本業がなかなか忙しくて、更新も滞りがちで、模型製作もなかなか進みませんが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 思えば数年前までは本を集める程度で、たいした資料もなく、何かを研究すると言う状態ではなかったのですが、人とのつながりで多くの資料や情報を手にする事ができて、このようなブログを始めることが出来ました。
 2013年の10月からですので、まだ若輩者ですが、思ったより多くの方々に見てもらえて無上の喜びです。
 この上は、私の「ブログの資料で模型を作った」というお話を聞ければ・・・・
えっ、自分で作れって?、そんなの聞こえなーーい。

 20日掛かって1100シリーズも完結しましたので、次は何をやろうかと考えております。
 年頭に当たり、今年に紹介すべきもののリクエストのご意見があれば伺いたいと思います。もちろん、なんでも持っている訳ではないので、リクエスト頂いたものの資料があるかどうか分かりませんが、何か調べるくらいはできるかもしれません。
ジャンルは特に問いませんが、古い鉄道関係が得意分野です。
そういうリクエストのコメントもよろしくお願いいたします。

 模型の方、オハ32000は1100シリーズの連載にかまけてほとんど進んでなくて、今年の運転会でこいつを引っ張る機関車の整備をしたりしています。
また再開して、絶対に完成まで持っていきます。
それが終われば機関車の工作をするつもりです。仕掛け品が山のようにあるのでそれらを仕上げていかなければいけませんね。

「そんなこんなで・・・」と言うのが、わが心の師匠、福原金属の福原潔氏の口癖でしたが、

そんなこんなで・・・、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

汽車好きクラーケン 拝

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

汽車好きクラーケン

遅ればせながら、私もブログを始める事にしました。

末永くどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (14)