旅行・地域

2015年12月31日 (木)

京都散策 疏水とインクライン

9850の途中ですが、先日、忘年会が京都であり、せっかくなので朝から出て、蹴上の疏水とインクラインを見てきましたので、簡単に報告です。

京都は明治維新による衰退防止と、古くからの水不足の解消、また、琵琶湖の舟運を京都まで伸ばすため、抜本的な解決策として、琵琶湖から水路を建設し、水位の高低差を利用した日本初の事業用水力発電をも達成する大規模な事業を行いました。

主任土木技師として、日本の鉄道にも大きな足跡がある田邉朔郎が活躍。
明治16年から測量を開始し、23年に水路を竣工、翌24年に発電所が完成し、送電が開始されました。

鉄道に関わる者としては、インクラインと日本初の電車の営業がこの事業により実現しました。

では、琵琶湖疏水記念館のパンフレット、各施設の解説板を元に写真を紹介します。

琵琶湖疏水記念館のパンフレットから、全体図です。
2_3
疏水は2本あり、現在でも水運以外は機能しています。
図の破線は水路トンネルです、京都東山連峰を超える必要があり、途中には山科の谷が有るので、ざっと言うと、大津の入口からトンネルを抜け、山科で高架橋を通り、東山をトンネルで抜けるというものです。

今回、京都側のトンネル出口からの散策ですが、いずれ見に行くかもしれません。

蹴上浄水場付近のトンネル出口から続く元船溜まり
1_7

真ん中の暗いところがトンネル出口で、右の建物が浄水場です。
そして手前の広いところが船溜まりになります。
この船溜まりには第二疏水との短絡の水門があります。
現在は第二疏水をメインに使っているらしく、水はほとんどありませんね。

その反対側なは船を乗せて運搬する台車です。
2_7
台車は下流にあるドラムで上下させます。船溜まりの水中にはワイヤーをターンさせる大きな滑車がありました。台車の後ろの物がそれと思われます。

それらの説明板
1_12

2_8
台車の詳細
3
台車はトラス橋と同様の構造で、ボギーにバネは無く、ボルスタで回転するようになっています。

この線路は水路と別に斜面になっています、写真は前回行った時の物
P4020060l
ゲージは測りませんでしたが、相当広いですね。複線で、現役当時は線路中央に滑車がありました。

この斜面の途中にもう一両の台車が保存されています。これも以前の撮影です。
4_2
斜面に置かれているので、ごつい車止めが設置されています。
どちらにも木の小舟が乗っています、三十石舟との事です、落語に川船として出てきますが,意外に小さいですねぇ。

上部に戻って、船溜まりの横に水力発電用の水管との水門があります。
6
時代を感じる良い感じの産業遺産です。

その水門の上から水路が横に出ています。
7
右は山、左は谷、急斜面に沿って水路と歩道が作られています。

その道を歩いていくと
8
巨大な水路橋!
南禅寺の境内で、水路閣と呼ばれています。壮大な建築物です。

その先は斜面で道は上がっています
9

その先
10_2
トンネルに消えて・・・

トンネルを抜けると、疏水沿いの遊歩道として有名な「哲学の道」
11
この道は銀閣寺まで続いているようですが、私はその手前、「くろがねや」さんで終点です。

いつものメンバー。
1_13

2_10

いつものように、ものすごい工作の結果を・・・・今回はここまでです。

もう平成27年も終わりですね。
当ブログをご覧いただきありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

| | コメント (10) | トラックバック (0)