7010,5100の製作

2015年9月26日 (土)

7010,5100の製作 39 明治初期の機関車大改造を追って

5100のスプラッシャ工作、ちょっと忙しくてなかなか進みませんね。
今日はちょっと無理して工作をしました。

とはいえ、単に組み立てただけなんですが・・・

まず、組み立てに際して直角につながる面をナイフエッジになるまで40度程度に削ります。
1509251_3

この後、写真上側の帯板をカーブに曲げて、半田付け。

1509252

ナイフエッジにしてるので、平面時に耐熱のテープで張り付けて、そのまま直角に折り曲げればきっちり角が合います。

つながってるとこを切断。
1509253_2

小さい方は直線部が少なくてテープが使えないのでちょっとやりにくかったんですが、
まぁ、こんなもんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

7010,5100の製作 38 明治初期の機関車大改造を追って

ランニングボードの上に付くスプラッシャを作ります。
Img

まず、縁取りから、別の写真では意外に分厚く、エッチングでは段差が少ないのでt0.2の燐青銅版から切り出します、まずは内側から。
1509201

ちょっとケガキをミスって見苦しい・・・

外周の切り出しと他の部品の切り出し。
1509202

縁取りの上部は半田付け後ベースと一緒に削るので大きめです。

半田付け
1509203

外周を仕上げて側板の出来上がり。
1509204

今回はここまでです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

7010,5100の製作 37 明治初期の機関車大改造を追って

床板はt0.2の燐青銅です。
真鍮ならt0.2は柔らかすぎてどうしようもありませんが、燐青銅は強くて切りやすいとはいえ、やはり切りにくいですねぇ。糸鋸は6/0で切りましたが、8/0の方が楽そうです。

7010の床板は組立図で周りのアングルの補強の取付リベットが2重丸なので皿リベット言うことで、上面はフラットなので、単に板を切るだけです。

1509151

薄くて切るのに神経を使ったので、今回はこれだけです。
1509152


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年9月12日 (土)

7010,5100の製作 36 明治初期の機関車大改造を追って

このブログを始めたのは2013年10月ですが、始めて間もない11月にこの機関車の工作記を書いて以来1年10か月、久しぶりに工作の再開です。

今回は機関車上回り。
床板と前後の端バリを作ります。

前回まで
1509101l

CADで寸法確認
1509102l

ケガキ
1509103l_2

床板はt0.2燐青銅、前端バリはt0.5真鍮、後端バリはt0.3なので強度上燐青銅とします。

前端バリはφ0.4のリベット、後端バリはφ0.3のリベットを打って切り抜いて完成
1509111l

今回はここまでです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

7010,5100の製作 35 明治初期の機関車大改造を追って

7010,5100の工作はほとんど進みませんが、今日は炭水車のリベットを打つための準備と一部の打出しです。

ちょっとリクエストもあったので、今回は図面も交えて、私のリベット打出し機の説明をします。

本体組立

01

本体部品 左上がベースで、その下がスライドする奥行きのストッパ、

右の表とその下のボルトはダイです。

02

これはサドルタンク等の内側R用の治具、今回はこの図面の治具は使わない予定です。

03

1311181

本体はプロクソンの使っていないボール盤、そこら辺に転がってる材料を使って図面の物を作って、本体にネジ止めします。右に立っている寸切りボルトはボール盤のハンドルを当てて止めるストッパ、これが有るのでリベットの形が統一できます。

1311182

ポンチは折れた小径のエンドミルを加工、ダイはM3のセットスクリューです。

1311183

ポンチとダイのアップ

1311185

5100の床下増漕のリベットを打ちます。

1311184

リベットのピッチは先に打ったリベットに引っ掛ける方式で、ダイを旋盤加工で段差を付けます、この段差部分の直径がピッチになります。

リベット径は0.25で、ピッチは0.6なので、ダイの段差部分の直径は0.6x2-0.25=0.95です。

1311186

鉄のセットスクリューは焼き入れが出来るので、段差加工、中心に0.25の穴あけ加工の後、焼き入れをします。

明日から本格的にリベットを打って行こうと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

7010,5100の製作 34 明治初期の機関車大改造を追って

下周りの全部品の切り出しが終わりました。

1311061

左が大体床下増槽、右が側枠関係です。

ザックザックと糸鋸とヤスリ、良い運動になりました。

明日は筋肉痛かも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

7010,5100の製作 33 明治初期の機関車大改造を追って

延べ工作日数69日です。

昨日はほとんどケガキに費やしましたが、今日は糸鋸三昧。

半年ぶりに糸鋸とヤスリで右手がグロッキーです。

この工程は、台枠の側枠と床下増槽を切り出しです。

台枠側枠はt0.5真鍮、床下増槽はt0.2にリベットを打ち出して、t0.2と0.3で裏打ちします。

1311051

右が側枠、ケガキはもちろん裏側です。左に何枚もあるのが増槽ですが、今、写真を見て、増槽の横の板、左下の細長い物が1両分しかないのに気が付きました。

明日切り出さねば。明日はそれと裏打ち材少しと下回りのベースになる板t1.2を切り出して、リベットまで行けるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

7010,5100の製作 32 明治初期の機関車大改造を追って

色々と多忙が続き・・・なんていう言い訳を言いながら・・・

3月以来の久しぶりの工作ですが、実際は久しぶりすぎて自分が書いた図面について忘れていることもあるので、再検討から始めました。

炭水車の3Dを見ていて、前の軸中央にベアリングがありましたが、変に目立っていたので何とかしようと思い立ち、色々と図面をいじりました。

結果として下図のように、前部車軸は固定として、後部を中央で受ける3点支持として、後部車軸上部にベアリングの軸を持って来て、車軸中央を上から抑えるように変更しました。ベアリングは床下の増槽でほとんど隠れます。

このベアリングの軸は可動ウェイトの軸受と干渉するので、このウェイトの軸も兼用する構造としました。

このベアリングは2x5、車軸端部のベアリングは軸箱内側に入れなければならないので、1x3です、可動ウェイト後部のオレンジ色が中央ベアリングです。

51007010_3d_201311031_2

51007010_3d_201311032

というわけで、構造が固まったので、切出し作業をするための単品図を作りました。

51007010_2d_201311033

結局連休の前半は工作をしませんでしたが、明日から糸鋸ザクザクと行けそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

5100と7010の事

10月28日にこのブログを開設して、4日目ですが、思いのほか、多くのアクセスに驚いています。

まぁ初物なのでこんなんでしょうか。

「ココログ」の日付変更機能を使って、2011年から作り始めた160と、5100,7010の製作日記を

トクイ車輌の作業日(週)報」から移した物にちょっと手を加えてアップしましたが、その作業がやっと終わりました。

5100と7010は、今年の2月以降、全く工作が中断したままですが、花粉症が始まったのと、実物資料のスキャン作業が大量に入ったため、工作の時間が無くなってしまっただけで、気が萎えた訳ではありません。

クラブの今年の運転会も終わり、KKCの集会も終わり、仕事もやっと落ち着いて、

用事以外で久しぶりに土曜の休みにありつけそうで、何か月ぶりかの3連休を自由な時間で過ごせそうです。

体調万全、気力充実、久しぶりに5100,7010の工作を再開しようと思います。

乞うご期待!!!

1303131

って・・・誰も期待なんかしてないっちゅうねん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

7010,5100の製作 31 明治初期の機関車大改造を追って

ちょっと多忙で間が空きましたが、67日目にして、いよいよテンダーの工作開始です。
まずは小手調べで、目立ちにくい水タンク上面を切り出してリベット打ちです。
リベットは写真からの実測で直径0.25、ピッチは水槽が0.6、その他は1.0としました。板はt0.2燐青銅です。
私の打出機はダイでピッチを決めるので、まずは旋盤でダイを作ります。
材料はM3鉄のホーローセットです。これに旋盤で0.25の穴をもみ、外径を削り、焼きを入れます。

13022631

これを打出機にセットして、一気に4枚分打出しました。

13022632

遠目で見ればまぁまぁですが

13022633

アップで見るとあらが目立ちますね。

13022634

全くケガかずに打ったのですが、最初の角が良くないですねぇ、作り直すかどうか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧