« 2019年12月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月26日 (日)

城東電軌の「丹那トンネル工事用9t電気機関車」の製作 1

このところの外出の不便で、そろそろ模型を作りたいなぁ〜
と思っていたところに城東電軌の鵜籐さんからエッチング板が届きました。
丹那トンネルの工事用9t電気機関車です。

この図面は「丹那隧道工事誌 」から
9tl
これを基に模型化されたものですが、1/87のため非常に小さくて、こんな感じ
20200422-0119302
指一本ですねぇ。

  贈られたものは試作の物で、製品版とは一部異なりますが、私なりに資料を見て、少し変えたところがあります。
20200410-005743l
頂いた直後にリベット打ち出し機を整備を始め、ボンネットやキャブにリベットを打ち、床板等にはリベットを植え込みました。
20200411-0151341l
あとはほとんどキットのままでここまで細かい物になりました。
20200422-011345l
20200422-010954l
20200422-011237l
すごく武骨なかわいい機関車が出来ました。

駆動系は別売りですが、私なりに作ろうと思います。
ポールはキットに入っていますが、別の形にしたいので自作する予定です。
 3月には頂いてて、説明書が未だだったので構造を考えたりしているうちに説明書が届き、そこから製作を始めましたが、発売したと連絡を頂いたのでここに公開することにしました。
 前述のように製品には手を加えたので、製品をそのまま作った物とは少し異なっていますが、キットをそのまま作った鵜籐さんの写真と比べてみるのも面白いかと思います。
 数年ぶりにキットを作ったんですが、「キット作れない病」が発症することなく最後まで非常に楽しく工作ができました。
 組み立て時には各部が嵌め込むことで位置が決まり、組み立てが難しい凸型機が水平もピッタリ出ました、0.3tの薄板のみの構成ですが、構成の妙で組み立て後はしっかりした物となっています。
 もらったからと言うわけではありませんが、本当に良く出来たキットだと思いますよ。
ただ、かなり小さく細かい半田付けをする必要がありますが、私のような者でも破綻なく楽しんで完成を迎える事が出来ました。

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

LazyJackの新製品

わが友LazyJackが新製品を発売します。

形式はオハ35戦後とオハフ33戦後。丸屋根の一般型とは違って、戦後すぐの1946年から製造された横から見たら切り妻で上から見たら丸屋根と同じく屋根端がすぼまったタイプ、鋼板屋根のグループで、番号は700番以降。

この図を見てもらうのがわかりやすいね。
019-011  
普通はメーカー製品の紹介で実物資料を載せるのはいろんな意味でタブーですが、ことLazyJackの製品では実物資料を載せて紹介するのに何の躊躇もありません。

なぜなら、私の理念と同様、実物の忠実なスケールダウンを常に追求しているのを知っているからで、この製品を作り上げるまでに実物の調査、資料の精査から始めて、模型の構造的な実験を何度も何度も重ねて、15年もの歳月が費やされた事を知っているからです。

試作品の写真、製品とは異なる点があると思います。
Img_8836l
扉は改造されたものですが、原形も付いているようです。
ホロがなんとも実感的、どのように作ってるのか・・・
Img_8739l
拡大、テールライトやサボ受け、縦トイやステップ等、実物図面から作られています。
ウィンドヘッダとシル・・・何か上端が斜めに見えるような・・・
手摺はロストワックス製、取り付け部の表現と・・・何か手摺の真ん中が膨らんでるように見えるなぁ。
とにかく、ここまで拡大しても破綻が見えない
Img_8739ll
床下


Img_8670l
台車は13mmゲージ用をはいていますが別売りで、16番の台車もはけるんじゃないかな。
それにしても、別売りのこの台車、部品だけでも欲しい出来やねぇ。
Img_8667l
床下中央、台枠はもちろん、床板のすじ、床板の骨組みの根太まで表現したのは製品で初めてじゃないかな。
床下機器や配管の受けも製品に含まれている。線材は別個手配
Img_8763l
写真をよく見ると、鋼板屋根で特徴的な骨のラインがわずかに見える表現、どうやったらできるのか想像もつきません。
ベンチレータも作るようです。

エッチング以外のパーツ一覧、上に書いたように、台車、線材及びカプラは別売りです。
35
本当は公開したら怒られそうですが、エッチングパターンの一部です。
妻板の内側や客室側の仕切り板も、便所の仕切り等もあるようで、渡り板は網目付きで2枚合わせ。Image5
デッキの床板の暖房管の蓋、電池箱や幌、右下にはベンチレータ、多くの部品がエッチングパーツの組立です。
Image4
製作者曰く「難しいよ」との事で、組立には覚悟が必要かも(笑
しかし、作るのに苦労があればこそ、完成の喜びもひとしお。

発売は来月になりそうです。価格は・・・一応聞いていますが、かなり高価かも、
けど、床下器具やベンチレータ等を考えたらそれほどでもないかもしれません。

オハフ33の写真、質問及び発売後の購入は
http://www.lazyjack.co.jp/lazyjack/index.html
まで。

| | コメント (8)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年5月 »