« 一枚の図面から 50-15 機関車編 9600 改造編 4 | トップページ | 皆さんへお願い »

2019年5月31日 (金)

一枚の図面から 50-16 機関車編 9600 改造編 5

9600、いよいよ最後です。
最後は戦時中に大陸へ送られた、標準軌間に改造された機関車たちです。
1938年から39年にかけて250両が改造されて華北、華中方面に送られました。
現在、中国には1mゲージの9600も存在しますが、それらは標準軌のものを再改造したようです。

まずは写真から。コピー機による複写のスキャンなので、画像に関してはご容赦ください
鷹取工場による改造車79672
79672

大宮工場による改造車59628
5962819390721-1
5962819390721-3

大宮工場による改造車59645、回送中
5964519390721-1
5964519390721-2
ランニングボードの広がりがよくわかりますね。貨車はチキ300でしょうか。

現地に着いてからと思われる19689
19689_2
19689_1

次は図面です。
9600-1
9600-2_1
比較のために、2次型の断面です。
410-1dh2-9600-012_stitch-l

軸箱守やばね装置を外側に移して、シリンダ取り付け部にスペーサを入れたことがよく分かります。
改造図はもう一枚、シリンダ部です。
411-1dn2-9600-008_stitch50up-l

ここまでの資料を踏まえて、実際の寸法関係から、どのような感じなのか具体的に検証しました。
この図は、改造前の図面を元に、上記の図面の寸法になるにはどうなるかを検討したものです。
まずは改造前
96001_1      
線が細くて見にくいかもしれませんが、緑色が軸箱守、赤色が軸箱、736.6という寸法の1点鎖線は軸箱の中心、すなわちバネ装置の中心です。
左は元の車軸(動軸)です。

次は、台枠はそのままに、軸箱守、軸箱、バネ装置を台枠の外側に付けた状態です。
96002_1
その結果のバネ中心(軸箱中心)間隔は1104.9mm、単純にゲージの差分より片側12.4mm内側になっていることがわかります。
車軸はゲージ差分を延長してみたところ、軸箱の内側が干渉し、外側にガタがあります。

恐らく設計人もここまでの検討をしたはずで、バネ中心がゲージ差分より内側であったのが非常に幸いします。
これが外側であったなら動輪のボスの内側を削るか、軸箱中心とバネ中心がずれた気持ちの悪いものを作らねばならず、実際に行った工事よりかなり大がかりとなったと思われます。

とはいえ、ゲージ差分の12.4mmは存在して、それを克服する必要がありますが、それは車軸の軸箱中心をずらすことによって解決できます。
バネ中心を図面に合わせ、車軸はどのみち新製になるので、図面上の設計変更だけで済みます。
その状態がこれで、おそらく車軸はこのような寸法になっていると思われます。
96003_1
私は、標準軌に改造するにあたり、軸箱を反転させたら簡単に改造できるということを「偶然見つけた」ということに懐疑的で、
朝倉希一が設計時に師匠であり、広軌改築論を強力に推していた島安次郎の意を汲み、将来標準軌への改造が楽に行えるように、軸箱を反転することを見越して設計したのではないかと考えておりました。
  しかし、そうであるなら、初めから上記の12.4mmはずらしての設計が可能なので、そうしていなかったことにより、私の懐疑は晴れて、やはり偶然発見されたというのが正解だったと証明されたと思います。

以上、長きにわたった9600はこれで完結します。

次からは従来通り日々のことを書いていければいいなと思っております。

|

« 一枚の図面から 50-15 機関車編 9600 改造編 4 | トップページ | 皆さんへお願い »

蒸気機関車」カテゴリの記事

一枚の写真・図面から」カテゴリの記事

コメント

 しばらく更新がなかったので待ちかねておりました。
実際に存在したのですし、こんな事言うとイカンのですが、違和感ありますね。
単に見慣れてないだけなんでしょうけど、特に正面から見たのは好きになれません。
今まで見たこと無い写真もですが、軸箱の位置関係が興味深いです。
次回お会いした上でいくつか質問したいと思います。
よろしくおねがいします。

投稿: みつる | 2019年5月31日 (金) 05時14分

みつる様
大変お待たせしました。
時間的にも精神的にも多忙で、長い間中断しておりましたが、これからはまたこっちに力を入れていこうかと思っております。
9600標準軌の違和感、C51やD50も相当なもんですよ。
これらは全部ランニングボード途中から広げているのでやはり変な感じですねぇ。
ついでにC51やD50も出そうかなぁ。

投稿: クラーケン | 2019年5月31日 (金) 12時51分

クラーケンさん
こんにちは。

この度
小木曽森林鉄道のコッペル蒸気機関車13号が完成しました。

貴ブログの詳しい資料と写真を使わせていただき、どうもありがとうございました。感謝!

長い間、放置しておりましたが、やっとやり遂げました。

先ずは、お礼申し上げます。どうもありがとうございました。

投稿: 隊員 | 2019年8月 1日 (木) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一枚の図面から 50-15 機関車編 9600 改造編 4 | トップページ | 皆さんへお願い »