« 2019年1月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

一枚の図面から 50-16 機関車編 9600 改造編 5

9600、いよいよ最後です。
最後は戦時中に大陸へ送られた、標準軌間に改造された機関車たちです。
1938年から39年にかけて250両が改造されて華北、華中方面に送られました。
現在、中国には1mゲージの9600も存在しますが、それらは標準軌のものを再改造したようです。

まずは写真から。コピー機による複写のスキャンなので、画像に関してはご容赦ください
鷹取工場による改造車79672
79672

大宮工場による改造車59628
5962819390721-1
5962819390721-3

大宮工場による改造車59645、回送中
5964519390721-1
5964519390721-2
ランニングボードの広がりがよくわかりますね。貨車はチキ300でしょうか。

現地に着いてからと思われる19689
19689_2
19689_1

次は図面です。
9600-1
9600-2_1
比較のために、2次型の断面です。
410-1dh2-9600-012_stitch-l

軸箱守やばね装置を外側に移して、シリンダ取り付け部にスペーサを入れたことがよく分かります。
改造図はもう一枚、シリンダ部です。
411-1dn2-9600-008_stitch50up-l

ここまでの資料を踏まえて、実際の寸法関係から、どのような感じなのか具体的に検証しました。
この図は、改造前の図面を元に、上記の図面の寸法になるにはどうなるかを検討したものです。
まずは改造前
96001_1      
線が細くて見にくいかもしれませんが、緑色が軸箱守、赤色が軸箱、736.6という寸法の1点鎖線は軸箱の中心、すなわちバネ装置の中心です。
左は元の車軸(動軸)です。

次は、台枠はそのままに、軸箱守、軸箱、バネ装置を台枠の外側に付けた状態です。
96002_1
その結果のバネ中心(軸箱中心)間隔は1104.9mm、単純にゲージの差分より片側12.4mm内側になっていることがわかります。
車軸はゲージ差分を延長してみたところ、軸箱の内側が干渉し、外側にガタがあります。

恐らく設計人もここまでの検討をしたはずで、バネ中心がゲージ差分より内側であったのが非常に幸いします。
これが外側であったなら動輪のボスの内側を削るか、軸箱中心とバネ中心がずれた気持ちの悪いものを作らねばならず、実際に行った工事よりかなり大がかりとなったと思われます。

とはいえ、ゲージ差分の12.4mmは存在して、それを克服する必要がありますが、それは車軸の軸箱中心をずらすことによって解決できます。
バネ中心を図面に合わせ、車軸はどのみち新製になるので、図面上の設計変更だけで済みます。
その状態がこれで、おそらく車軸はこのような寸法になっていると思われます。
96003_1
私は、標準軌に改造するにあたり、軸箱を反転させたら簡単に改造できるということを「偶然見つけた」ということに懐疑的で、
朝倉希一が設計時に師匠であり、広軌改築論を強力に推していた島安次郎の意を汲み、将来標準軌への改造が楽に行えるように、軸箱を反転することを見越して設計したのではないかと考えておりました。
  しかし、そうであるなら、初めから上記の12.4mmはずらしての設計が可能なので、そうしていなかったことにより、私の懐疑は晴れて、やはり偶然発見されたというのが正解だったと証明されたと思います。

以上、長きにわたった9600はこれで完結します。

次からは従来通り日々のことを書いていければいいなと思っております。

| | コメント (3)

2019年5月29日 (水)

一枚の図面から 50-15 機関車編 9600 改造編 4

9600、少数派、試験的なものの続き。

3、重見式給水加熱器
大煙管を使用した簡易方式の給水加熱器で、
C10や11の初期に装備されていたものが有名ですが、この装置も9600で試験したようです。
6844968519341117l
この装置は9600用は無く、明細図のC10の図だけです。
1940-p62l
1940-p63l
詳細
1940-p64l

この方式は、インジェクタを使うのですが、高温の湯はインジェクタの効きが悪いそうで、性能はあまりよくなかったそうです。

4、給水加熱器、本省式の初期の例
一般的なものは以前に紹介しましたが、初期には別のものがありました。
5794962634
1927-p390l
1927-p391l
9900の初期の写真で見たことがあるかと思いますが、後の物とは違うタイプの給水ポンプが特徴的です。

給水加熱器、だいぶ小型です
1927-p388-l 
給水ポンプ
1927-p389l
このタイプは以上ですが、どの項に入れるか迷った、一般型のウェア式給水ポンプの取付図です。
9600-143-p136

この項の最後に、給水加熱器のほかの例を。
19650328_1-08-19697-l
次回は、いよいよ最後、大陸へ渡った広軌(標準軌)改造です。

| | コメント (0)

一枚の図面から 50-14 機関車編 9600 改造編 3

9600の改造の続き。
今回は、比較的両数が少ないものや、試験的なものを紹介します。

1、住山式給水加熱器
C51では比較的有名な過熱器ですが、9600や8620にも存在します。
先ずは写真から。
4943964119371007_1     
名称図解の略図、2種類あります
1927-p392l
1927-p393l
1927-p395l
煙突の後ろの分油器と通水加減器
1927-p394l
明細図です。
9600-151-p144
2、細管式給水加熱器
C50で正式採用になった物ですが、9600で試験したようです。  
写真で確認できるものは1枚だけ見つかりました
706596072l 
炭水車前方下部に点検ふたがあるのがこの方式の特徴ですが、点検ふたが無いものも有ります。
名称図解の略図、点検ふたがあるタイプ。
1940-p56l
1940-p57l
温め器本体の詳細
1940-p58l
明細図、点検ふたがあるタイプ
9600-141-p134l

点検ふたがないタイプ
9600-150-p143l
今回はここまでとします。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年9月 »