« 一枚の図面から 50-10 機関車編 9600 49602-69665 | トップページ | 一枚の図面から 50-12 機関車編 9600 改造編 1 »

2018年10月17日 (水)

一枚の図面から 50-11 機関車編 9600 69666-79669

9600、国内最後のグループは、1923年(大正12年)製、D50の製造が始まる年ですが、この増備から空気ブレーキ装備になります。

いつもなら台枠からですが、今回は一番特徴的な空気配管図から。
La3037_9600_114_p107_70
もう一枚、給水ポンプ装備車の配管図。
La6052_9600_139_p132
台枠図、ランニングボード等の変更です。
La3033_9600_068_p061_70
ランニングボード
La3041_9600_070_p063_70
Lb3213_9600_072_p065
空気ダメ受け
La3043_9600_078_p071
この4枚は川崎製の物を示し、汽車会社製は空気ダメがもう少し上に付きます。

コンプレッサ受
9600_120_p113
冷却管受
9600_118_p111_1
圧縮空気が使えるようになったので、このグループからは砂撒きが空気式になりました。
砂撒装置
Lb6251_9600_162_p155
砂箱
Lb6159_9600_163_p156
このグループの最終増備の1925年製の79630-79637の一部及び1926年製の79658-79669は自連装備で出場しました。
その図面
9600_082_p075
最後にこのグループの竣工写真。
90669666

97879626

最終番号は左右
86979669_1

86979669_3
このグループは以上です。

次回は製造後の改造などです。

|

« 一枚の図面から 50-10 機関車編 9600 49602-69665 | トップページ | 一枚の図面から 50-12 機関車編 9600 改造編 1 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

一枚の図面から」カテゴリの記事

コメント

自連だけじゃなく、空気式で出場もあったのですか。
見慣れた標準的な9600ですね。
まだ発電機がないからか、すっきりと感じます。

投稿: みつる | 2018年10月17日 (水) 13時20分

クラーケン様
初めまして、いつも楽しく拝見させていただいています。

昭和初期、9600全盛期の各種給水温め器付きを16番で再現しようと調べています。今回のページは大変参考になりました。
 "記録写真""ライカ"の西尾氏昭和12年岩見沢庫79618の写真は非公式側のみで公式側は謎です。写真では左側のエアタンクが前にはないようです。
 そこで今回の図面から推測すると、温め器設置時点(おそらく苗穂工場で昭和6年以前。昭和6年3月の配置表で見るとすでに装備の記述あり。履歴簿があれば)では公式側はあまりタッチしなかったのではと思っております。
 クラーケンさんの見解をご教授いただきたく。

投稿: 96C51 | 2018年10月31日 (水) 10時20分

横から失礼します
「鉄道統計資料」によりますと「9600形 空気圧縮機の位置変更」として昭和8年度に63両、翌年度に117両、合計180両施工されてます
翌年度以降は不景気、事変、大戦と難局が続きますので、これに該当しないのであれば戦後の施工というコトになるんじゃないでしょうか

投稿: たかひろ | 2018年11月 6日 (火) 07時15分

訂正
昭和8年度→昭和3年度
です
失礼しました

投稿: たかひろ | 2018年11月 6日 (火) 07時17分

96C51様 初めまして。
このところ本業が非常に多忙で、このページを見ておりませんでした。
私の資料を探しましたが、戦前の79618の写真は西尾氏の写真のみでした、ただ、手元に79618同様に給水加熱器を付けた79616の戦前と思われる左側の写真があり、それによれば空気ダメは通常の位置にあります。
次回の改造のきじで載せようと思いますので、少しお待ちください。

投稿: クラーケン | 2018年11月19日 (月) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の図面から 50-11 機関車編 9600 69666-79669:

« 一枚の図面から 50-10 機関車編 9600 49602-69665 | トップページ | 一枚の図面から 50-12 機関車編 9600 改造編 1 »