« 一枚の図面から 50-9 機関車編 9600 19683-29637,29653-49601 | トップページ | 一枚の図面から 50-11 機関車編 9600 69666-79669 »

2018年9月28日 (金)

一枚の図面から 50-10 機関車編 9600 49602-69665

9600も製造開始から7年経った大正8年になり、台枠が変更になりました。

変更理由は機関車のブレーキが真空ブレーキから蒸気ブレーキに変わったことによるものと思われます。

大正8年といえば18900(後のC51)が出来た年で、今回の9600の変更は18900のブレーキシステムと同調したものと思われます。

では、そのブレーキシステムから見ていきます。
9600_209_207
今回からの蒸気ブレーキシリンダ
9600_227_225
  真空ブレーキの時は、台枠の両側に真空のブレーキシリンダが付き、ブレーキテコを引き上げて制動が掛かる構造でしたが、今回の変更でブレーキテコを押し下げて作用するタイプの蒸気ブレーキになりました。

  変更理由としては、大正12年から採用される空気ブレーキとの関わりがあります。
  空気ブレーキのブレーキシリンダは、日本では全てシリンダ後部から空気を入れてピストンを押し出すことによりブレーキが作用する形なので、真空ブレーキのピストンを引いて作用するのとは逆作用になります。

  将来の空気ブレーキへの改造に際しては、従来の真空ブレーキではブレーキ軸や軸受、ブレーキシリンダの取り付け方など大幅な改造になりますが、空気ブレーキと同様のピストンを押し出すタイプの蒸気ブレーキにすれば、ブレーキ軸受等の変更がなく、部品交換と台枠の比較的簡単な改造で済むようになります、今回の台枠の変更はこれに即したものになりました。

それでは、その台枠です。原版は横長なので、左右に分割しました。
9600_196_1942_2
9600_195_1941
ランニングボードは美しい直線で、上面は網目等がないフラットな板、さらに縁取りの補強等を取り付けるリベットは上面がフラットな皿リベット。

川崎造船が主体になって製造した機関車は、D50の途中までは網目板は使わず、美しいフラットなランニングボードだったんですよ、なお、汽車会社が主体となって設計した8620は川崎造船で作っても網目板を使っています。

主台枠の板は1インチ(25.4mm)です、9600の特徴的なフロントデッキに円弧状に出ている板は、この台枠が出ているのがこの図で分かりますね。

今回の変更では、台枠後部のブレーキ軸の軸受とブレーキシリンダ取付関係が大きく変わっています。

図面はあと一枚、管装置です。
9600_238_2351_stitch_50
管装置は組立図の代わりにもなりうるほどの情報量がありますね。
真空ブレーキタイプの最後の配管です。

最後に原形写真を少し。
76659664

81669614

84469642

この3枚の写真のナンバープレートは全部エッチングですねぇ、この頃の流行りなのでしょうか。

次回は国鉄最後のグループです。

|

« 一枚の図面から 50-9 機関車編 9600 19683-29637,29653-49601 | トップページ | 一枚の図面から 50-11 機関車編 9600 69666-79669 »

蒸気機関車」カテゴリの記事

一枚の図面から」カテゴリの記事

コメント

これまた1枚目の写真はあっさりとして、美しいです。
先の小倉工場製もよいですが、テンダーがグッと新しく感じますね。
このグループの自連化後の写真が見たいですね。

投稿: みつる | 2018年9月28日 (金) 22時29分

みつるさん
自連化の記事を書くつもりですので、その時に少し載せようと思います。
もう少しお待ちくださいね

投稿: クラーケン | 2018年9月28日 (金) 23時45分

スチームブレーキへの変更理由ですが、同時期に同様に量産継続中の8620形が変更されてないことに関しては、どのようにお考えでしょうか?

投稿: たかひろ | 2018年10月 1日 (月) 14時31分

たかひろ様
単なる想像なので本文には書かなかったのですが、真空ブレーキの時のブレーキ軸とブレーキシリンダの動輪と端バリとの関係を見ますと、ブレーキ軸は動輪とかなり近く、ブレーキシリンダと端バリも非常に近くて、ブレーキテコはおそらくこれ以上伸ばせない状態だと思います。
ブレーキテコを伸ばせないと言う事はブレーキ力をこれ以上強められないと言う事で、ブレーキ力は限界状態と言う事と思います。
もちろん端バリを後ろに延ばせば簡単に解決しますが、初期型に比べて短く変更しているので、伸ばせなかったのだろうと思います。
そのように考えると、根拠がないので想像ですが、真空ブレーキの時のブレーキ力が列車容量の増大によって不足してきたのではないか?
しかし、寸法上ブレーキテコを伸ばせないからブレーキ力を強められないので、抜本的な解決策として、18900と同調した蒸気ブレーキとしたのではないか・・・
そのようにも考えているんです。
もしそれがある程度正しいとすれば、8620が変更されなかったというのは、「現状で問題が無かったから」という答えになりますね。

投稿: クラーケン | 2018年10月 1日 (月) 23時50分

レス有難うございます
スチームシリンダーの内径は1ft0inでしょうか?
あとブレーキアームのアーム長(入力側・出力側)をご教示いただけると有り難いです

投稿: たかひろ | 2018年10月 2日 (火) 19時56分

たかひろ様
元の図を見てもはっきりと数字が読めません。
ブレーキ力の計算をされるのでしたら、比例計算でお願いします。

投稿: クラーケン | 2018年10月 2日 (火) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の図面から 50-10 機関車編 9600 49602-69665:

« 一枚の図面から 50-9 機関車編 9600 19683-29637,29653-49601 | トップページ | 一枚の図面から 50-11 機関車編 9600 69666-79669 »