« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年3月

2018年3月10日 (土)

一枚の図面から 50-6 機関車編 9600 9618-9657

9600の続き。

今回は、京都鉄道博物館に保存されている9633の写真を掲載します。

自分用として部分の記録の撮影なので、綺麗な写真はありませんのでご容赦ください。

いつもの状態
96330
時々外に出ますが、この時は近寄れない
96331

96332

96333

96334_2

96335

このアングルが好きです。
96336

ランニングボードは普通の鉄板で、補強のアングルは皿リベットなので上面はつるっとしています。
96337

96338

シリンダ後部
96339

クロスヘッド周り
963310

台枠後部
963311

963312

フロントデッキ、外側の板は、バルブスピンドルのメンテナンスのために、外れるようにボルト止め。真ん中の丸い物は先台車の復元装置のカバー
963313

963315

炭水車は通常タイプ、側板は後上部以外は新製でリベットはでたらめ。
963316

昔の写真は掲載できるものがないので、このタイプはここまでです。










































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

一冊の本 高精細画像で蘇る150年前の幕末・明治初期日本

今日、近所の書店で見つけた本です。
「高精細画像で蘇る 150年前の幕末・明治初期日本」

20180306_224615l

  当ブログの2013年12月24日の「一枚の写真から 12 貨車編 ある貨車」で取り上げた、正式開業前の横浜駅の写真が載った高精細な写真集です。
  出版は、この写真を発見した、東京大学史料編纂所 古写真研究プロジェクト。
件の写真を撮影した、ミヒャエル・モーザーと、その師匠ヴィルヘルム・ブルガーの写真、それと二人が収集した当時日本で撮影された写真を最新の技術によってデジタル化されたものです。

20180306_224700l

  ガラスネガを高精細で複写して、そのままの全体像と、重要部を大きく拡大したものが掲載されていて、横浜駅の全景を撮った写真があり、この写真はその一部の拡大で、ラティス状の扉を持った貨車や後の160形機関車等が写っている写真です。
  前回の新聞の写真では分からなかった全体のディテールがはっきりと写っています。

駅全体の横からの撮影で、駅の横の機関庫設備や機関庫の中の機関車も見えます。

この本では鉄道関係はこの1枚だけで、価格は税込み5,940円と少々きついですが、他の写真では、甲武鉄道が線路を敷く前の神田川の様子や維新前の江戸城、清水寺から見た当時の京都の街並み等、日本で最初に撮影されたと言える写真が多くあり、昔の街並みや人物等、非常に興味深いものとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

1冊の本 近藤一郎さんの新刊

このところ本業が多忙で、9600はちょっとお休みしていますが、

近藤一郎さんが今月、新刊を出します。

題して「ボールドウィンの中・小形機関車完結編」。
20180224_143316l

金田茂裕氏が1982年に発刊した「ボールドウィンの小形機関車」の補遺および中形機関車を追加したもので、2012年に大量に入手した同メーカーの組立図等によりほとんど一から書き直したと言ってよい内容になっていて、本邦初公開の組立図も入っています。

また、「新編 H.K.ポーターの機関車」の補遺・訂正では新たに見つかった多くの写真により、これだけでも充実した内容で、例のランケンハイマーへの大胆な仮説もあります。

まもなく発売ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »