« 別府鉄道の新たな論文 | トップページ | 蒸気機関車を作ろう。自由形明石鉄道11号の製作 1 »

2017年11月 2日 (木)

一冊の本 エンジニール

エンジニール

L

Amazonから届いて一気に2回読みました。

明治の有名なエピソードやフィクションかもしれないなと思われるお話など、4編の物語が収められていますが、作者の池田氏のかなり正確な時代考証を根幹に、明治の機関車を走らせる人たちの心意気を感じる作品に大きな感銘を受けました。

蒸気機関車好きに限らず、この作品をすべての鉄道好きの方々にお勧めします。

これを読んだ方々と、明治の時代に思いを馳せて呑んで語り合えたらいいなぁ~~

|

« 別府鉄道の新たな論文 | トップページ | 蒸気機関車を作ろう。自由形明石鉄道11号の製作 1 »

一冊の本」カテゴリの記事

コメント

私も買いました。
あまりに面白いのでその日のうちに読み切りました。
日本の鉄道史であまり詳しく取り上げられない時代を、これほど心躍り楽しく、またかなり細部にわたり取り上げたことは、称賛し切れないほどです。
本当に鉄道ファンなら誰にでもおすすめしたいです。

投稿: なはほはへ | 2017年11月 2日 (木) 22時02分

私も買いました。通勤の電車の中で一気に読んでしまいました。
解説が面白く「なかなかやるな!」ですね。
一般受けはどうか解りませんが、鉄道ファンで支えて巻を重ねて欲しいですね。

投稿: 中山厚朗 | 2017年11月 3日 (金) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一冊の本 エンジニール:

« 別府鉄道の新たな論文 | トップページ | 蒸気機関車を作ろう。自由形明石鉄道11号の製作 1 »