« リニア・鉄道館へ行きました 2 | トップページ | 一冊の本 エンジニール »

2017年9月12日 (火)

別府鉄道の新たな論文

  1. 大阪市立大学の坂上茂樹教授が「別府鉄道資料から観た非電化地方鉄道におけるディーゼル車両検修実態 」という論文を発表されました。
    個々の車両のエンジン等の実態について、非常に詳しく調べ上げて、驚きの内容の論文となっています。
    http://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/il/meta_pub/bresult
    または
    http://jairo.nii.ac.jp/0150/00032202
    からダウンロードできますので是非ご覧ください。

|

« リニア・鉄道館へ行きました 2 | トップページ | 一冊の本 エンジニール »

内燃動車」カテゴリの記事

内燃機関車」カテゴリの記事

別府鉄道」カテゴリの記事

コメント

これは興味深い論文ですね。
小私鉄が、どのようにして検修作業を行ってきたのか、産業史の観点から掘り下げたのは新鮮ですら有りますね。
機関区の裏を、歩いた頃を思い出しながら読みました。
こういう一次資料が保存されていたことは頼もしいです。

投稿: 廣瀬 | 2017年9月13日 (水) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/71683322

この記事へのトラックバック一覧です: 別府鉄道の新たな論文:

« リニア・鉄道館へ行きました 2 | トップページ | 一冊の本 エンジニール »