« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月26日 (土)

リニア・鉄道館へ行きました 2

昨日に続き、蒸気動車ホジ6014です。

トルペード式ベンチレータ
R601420

別角度
R601411_2

車体の詳細は、明治村時代にたくさん撮ったんですが、まだスキャンしていないので、今回は、ここで撮ったものだけ。

狭くて暗くて撮影には不向きですね。
R601414

R601415

R601412

R601413_2

R601416

R601417

台枠も暗くて見にくいですが、一応
R601418

R601419

台枠は特異な構造で、アングル組立の魚腹形の側ハリに、チャンネル材の横ハリで井桁を組んだものが主たる構造物で、中ハリは木製で車端圧縮にはこれで対処するようです。

今回写真は以上ですが、明治村時代の物もいずれスキャンして載せようと思います。

次回はケ90です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

リニア・鉄道館へ行きました 1

昨日、青春18キップを使って、名古屋のリニア・鉄道館へ行ってきました。

先ず最初に驚いたのは、その場所。

名古屋港の南端、金城ふ頭というところにあります。
すぐ横は海、2011年3月11日東北地方太平洋沖地震の大津波の映像が目に浮かび、恐ろしくなりました。
全ての車両は地平上で、ケ90その他は露天展示です。
南海トラフで大地震が起こると言われているのに、貴重な保存物が心配になりました。

展示車両は新幹線等の新しいものを大事にして、古い車両は奥に突っ込まれて妻面だけしか見られない状態になっています。

まぁ、私的にはそれらも新しくてほとんど興味がわかないものばかりですが・・・

特に古いものは一応メインの展示場に置かれています。

ここで保存されている車両で、今回私が興味を持って見たのはたったの5両ですねぇ。

最初は、蒸気動車ホジ6014。
明治村に居たもので、明治村ではキハ6401と表示されていましたね。

ここでの展示で非常に特徴的なのは、屋内展示になったことと、2階から屋上が見られることです。

では、写真です。
R60141

あっはっは!、端バリではなくバッファを赤塗してる!。
馬鹿ですねぇ、学芸員は居ないのでしょうか?
明治村に比べるとランプが増えているくらいでしょうか。

R60142

反対側は光線状態が悪くて真っ暗です。
どういう照明設計をしてるのか、これではだめですねぇ。

2階からの眺め。
R60143

初めて見る光景です。

では、2階からのアップです。
R601410

煙突は、カーブで横に動くので、雨除けのツバ付き。
元々は煙突に汽笛がありました。

その後ろから
R60149

煙突の後ろのドームは安全弁のベンチレータです。

その後ろ
R60148

左右に並んでいるのは、後部の運転台からレギュレータを操作するためのワイヤの引き込み口です。
その前の物は汽笛のように思いますが、このような形状は知りません、これも後部から操作できるよう担っています。

その後ろ、車体中央より少し前です
R60147

ワイヤの中間受けです、現物はここともう1か所のみですが、元々は5か所ありました。
その横はランプですが、本来は円筒状のカバーに入れてありますが、復元時には撤去されていて、復元で何もわからず、ランプをむき出しで元の収納場所に突っ込んだまま防水処理をしたようです。

さらに後ろ、最後のワイヤの受けです。
R60146

最後部
R60145

ちょっと分かりにくいですが、左右にレギュレータのワイヤ引き込み部、
中央に汽笛のクランクがあります。

別角度
R60144

続きは次回です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 25

川崎Cタンクの製作記事は1か月以上滞りましたが、並行して製作していた1-C-1の明石鉄道11号は、元々今日(18日)から始まる「第18回国際鉄道模型コンベンション」JAMに出品する鉄犬モハモハコンペブースでの展示を目指したものです。

前回の時点で締め切りまでひと月あまりとなったため、2両を並行しての製作を断念して明石鉄道11号に専念しました。

その製作過程はこれから書いていきますが、取り急ぎ、このコンペに参加することになった経緯と、本日の出品状態を報告いたします。

私の非常に古くからの友人が書いている「イヌゲージ鉄犬」というブログで、今回のJAMに向けて、「京阪神の計画線・未成線の妄想電車」という企画が立ち上がりました。

その計画を見て、私が持っている資料で、正に京阪神の計画線・未成線が書かれた物があるのでスキャンして彼に送ったところ、非常に時間を掛けて文字に書き下ろして記事にしたんですが、その関係もあり、ちょっと面白そうってことで気楽に参加を表明してしまいました。

その最初のリストのページ
増毛通信(4)第2回鉄犬デハデハ主義コンペ(略称TDSコンペ)【京阪神の計画線・未成線の増毛×妄想電車】 兵庫県内のすべての計画線、未成線

その後の私の計画線の想定の表明のページ
増毛通信(7)第2回鉄犬デハデハ主義コンペ(略称TDSコンペ)【お電車デザイン】ついに作品発表!デハデハ投票所もこちらです!【京阪神の計画線・未成線の増毛×妄想電車】
このページの下の方
エントリーナンバー13
クラーケン大佐
明石鉄道+神有電鉄買収非電化化
明石鉄道11号機関車

が私のエントリーです。

それで、先ほど私の友人に託けた状態
1708171

まぁ、とりあえず形をでっち上げました。
ワルシャート式バルブギヤーは準備工事です。
勾配線が無いのでノーブレーキです。(嘘)
ナンバーや社銘板は間に合いませんでした。

あと一週間で本当の完成になるんですが、時間切れで、この形での出品になります。

昨晩の状態
1708161_2

1708162

私的には無塗装の方が好きですねぇ。

展示は、「第18回国際鉄道模型コンベンション」JAM、F8ブース「鉄犬モハモハコンペ」です。

お暇でしたらどうぞ。

なお、私は体調がすぐれないため参加は致しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »