« 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 15 | トップページ | 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 17 »

2017年4月23日 (日)

蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 16

川崎25t Cタンク、動輪を組み立てます。
 
エコー製動輪の方は関係ないのですが、私の標準仕様はベアリングを使うので、動輪を一旦抜く必要があります。
そのために前回、位相合わせジグを作ったんですが、今回は動輪を抜く方法と位相を合わせて最後の圧入までを行います。
 
動輪を抜くのは、私は通常、NWSLの「THE PULLER」という物を使います。
04221

 

これはアルミの角パイプ状の物をカットしたものに加工したもので、V形の切り込みを入れた鉄板が付属します。
写真の右の真鍮の物は私が作ったもので、別の用途のために作ったものです。
 
鉄板のV溝に動輪を挟み、上の軸を締め付けます。
04222_2
 
04223
 
これがない場合は、万力を使います。
04224
万力上部に鉄板にV形の溝を切ったものを用意します。
 
面倒ならば、同サイズのヤスリの柄を並べても良いです。
042214
 
これに動輪を挟みます
04225
 
04226
 
あとは、ネジ等を当てて、ハンマーでコン!
04227
 
抜いたら、ベアリングやギヤー等を差し込んで、アダチのクランクピン(長)をねじ込んで、大体の角度を合わせて指で回る程度に差し込んで、位相合わせジグにセットします。
042212
 
04228
 
04229
ベアリングを上から押さえて、ガタのない状態にすれば位相合わせ完了、ジグの外側の板ごと動輪を指で押し込みます。
 
動輪の圧入は、いろんな方法があって、皆さんそれぞれが独自の方法でされてるようですが、私はボール盤を使います。
端面を仕上げた丸棒を上下で合うようにセットします。
042210
 
この丸棒の上に垂直に動輪を乗せて、上から押さえつけて完成。
042211
 
042213
 

|

« 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 15 | トップページ | 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 17 »

模型」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

蒸気機関車を作ろう」カテゴリの記事

コメント

位相合わせ治具の外板でそのまま押し込むという発想は
無かったです。盲点でした。
これはぜひ真似させていただきたいと思います。
それにしても美しい仕上がりで見とれてしまいます。

投稿: 初瀬春日 | 2017年4月23日 (日) 06時50分

やすりの柄を並べて云々はズボラな私の専売特許と思っていましたが、安心しました。

投稿: railtruck | 2017年4月23日 (日) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 15 | トップページ | 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 17 »