« 全盛期の山陽鉄道 7 | トップページ

2017年2月 9日 (木)

全盛期の山陽鉄道 8

 36年4月4日のこの事故は、結局関西鉄道の職員が1名亡くなったのにも関わらず、前述のように鉄道時報以外の記録には見られないのですが、山陽鉄道は3か月後の7月1日に時刻改正を行い、日本最速を誇った最急行は少し遅くなってしまいました。
最急行、305,318列車は、ボギー7両から、6両に減車され、上郡、笠岡、徳山、長府を通過駅にしたうえで、下関-神戸間が11時間31分になりました。

 事故の原因は高速運転ではなく、万富駅のポイント及び場内信号機の転換不良だと思われますが、現場サイドの反対とか、経済や政治的な理由があったのかどうか分かりませんが、単線区間も多く、タブレットも採用前の状態で、やはり少し無理があったのかも知れませんね。

 ダイヤ的には、その改正の7か月後、日露戦争が勃発し、37年2月17日に戦時輸送に切り替える時刻改正がありました。
急行列車は4本から2本に減り、ダイヤは平行ダイヤと呼んでも良いくらいの物で、追い越しが一切ない、網の目状のダイヤとなりました。
この改正によって最急行は普通の急行になりましたが、上記のように追い越しのないダイヤなので下関-神戸間の所要時間は、なんと23時間26分になってしまいました。

 戦争の輸送状況により何度か時刻改正を繰り返しましたが、38年9月のポーツマス条約によって日露戦争は終結し、10月28日から軍隊の凱旋輸送が始まり、39年4月16日に戦時体制が終わって、通常状態に戻りましたが、最急行は急行の名前のままで、下関-神戸間は13時間29分と戦前には遠く及ばない時間に設定されました。

山陽鉄道はその39年12月1日に国有化されてしまって終焉を迎えます。

鉄道史料151号の記事は素晴らしくて、36年7月1日改正の機関車の運用表が掲載されています。
 それによると、当時、山陽鉄道の本線の機関庫は、兵庫、姫路、岡山、糸崎、広島、柳井津、三田尻、下関の8庫です。
 急行列車は、兵庫庫が兵庫-岡山、岡山庫は岡山‐糸崎、広島庫は糸崎‐広島、これが瀬野八ですね、そして三田尻庫は広島-三田尻、下関庫が三田尻-下関を担当しました。
瀬野八では機関車の運用がダブっていないので、補機ではなく、機関車を付け替えたのではないかと思われます、ただし、運用表には機関車の形式や両数が書かれていないので、重連運用もあったかもしれませんね。

 鉄道史料のこの記事には、他にも客車の運用や列車編成等もあり、これが載っている151号は、山陽鉄道に興味がある方は、ぜひ購入されることをお勧めいたします。

最後は長々とした文だけになってしまいましたが、今回のテーマはここまでとします。

山陽鉄道についてはまだまだ資料もあり、今後も追及していきたいと思います。

|

« 全盛期の山陽鉄道 7 | トップページ

客車」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/69521119

この記事へのトラックバック一覧です: 全盛期の山陽鉄道 8:

« 全盛期の山陽鉄道 7 | トップページ