« 初夢 | トップページ | 全盛期の山陽鉄道 2 »

2017年1月23日 (月)

全盛期の山陽鉄道 1

このところ、更新が滞ってますねぇ。

年末ごろからちょっとはまっているテーマが「山陽鉄道」

鉄道史料148号に、井原実氏の寄稿「山陽鉄道 明治36年1月20日 時刻改正」、
そして、151号には、「山陽鉄道 明治36年7月1日 時刻改正」が掲載されました。

この期間を見て「お!!!」と思った人は少ないでしょうねぇ。
けど、この36年1月20日から7月1日までが、正に山陽鉄道の全盛期と呼んでいい時代なんですよ。

21年の開業当初から本州発の列車トイレを設置し、早々に全車両(貨車は貫通管のみ)に真空ブレーキの装備をし、30年からの列車電灯採用、33年には日本初の蒸気暖房と、次々と新機軸を取り入れてきた山陽鉄道は、
運用面でも27年から急行列車を設定しました。28年には官鉄の京都まで乗り入れを果たし、32年三田尻(現防府)まで開通の時点で、後の特急に相当する「最急行」が設定され、同じ32年には日本初で国産の食堂車を採用し、翌33年に最初の寝台車を投入しました。
官鉄に比べてはるかに安い料金の簡易式の二等寝台や、座席料金のままで利用できる三等寝台(と称する)、それに座敷のある客車も出てきました、もちろんこれらも日本最初です。
明治34年に馬関(現下関)まで全通して当初の目的を果たし、充実した日々が始まりました。

初回は、これらの車両たちを紹介しようと思います。

32年、最初の食堂車、一等室と合造です。国有後の形式ホイシ9180
187_2
食堂は、当初は定員10人の大テーブルだったものを13人の個別席に改造しています。
左は一等室、今で言うロングシートで、3人おきにひじ掛けがある。

車内
L_2
左は製造当初の大テーブルの食堂、右は別の形式ですが、一等室は同様と思います。

34年製、一等寝台食堂車、国有後の形式イネシ9080、山陽鉄道案内(復刻)よりL

一等寝台食堂車の構造図。005_022_p020l
右から調理室、食堂(定員8)、一等寝室、車端上部は便所、下部は乗務員室、物置の順です。
以前から問題とされる一等寝室の表示方法は、右半分が夜、上側は上段寝台、下側は下段寝台、左半分が昼の状態です。

室内、どちらの写真も、片側が夜で、反対側は昼の状態。
Photo

36年製、二等寝台車、国有後の形式ロネ9130
183

二等寝台車は2形式8両のみ。
これの椅子の構造は、この資料「帝国鉄道協会会報11巻」に略図があり、研究者の間で有名ですが、これ以外何も情報がなくてよくわからなかったんです。
Photo_2

図は、上段下段共にこのような構造と書かれています。

ところが先日、私は所有の書籍等をしらみつぶしに探していたところ、写真が見つかったんです。
4
下段は向かって右側が夜の状態、上段は左が夜の状態です。
下段はまさに図の状態ですね、上段は向こうの方ですが、舟型寝台の上に何かあります、これは図のような背もたれの様にも見えます。

そこで、形式図を元に、実際の寸法を推定して図を書いてみました。
9130
客室部分に13組の寝台を書いたところ、一人分の長さが1650mm程度確保できることが分かりました。これなら、当時の日本人の身長なら問題なさそうですね。
上段は形式図の断面から高さを測ったところ、下段と同じもので成り立つことが分かりました。

36年製、三等寝台と称されるもの、資料はこの形式図のみ
223
鉄道時報では、背もたれを引き出すと、60度程度に傾き、枕も引き出せると書いています。
これは、一種のリクライニングシートのようになるのかもしれません、特別料金を取らないというのは良心的ですねぇ。
ちなみに、一般の三等車の写真を載せておきます。
901l

時刻改正関係等、続きは次回。

|

« 初夢 | トップページ | 全盛期の山陽鉄道 2 »

客車」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/69336292

この記事へのトラックバック一覧です: 全盛期の山陽鉄道 1:

« 初夢 | トップページ | 全盛期の山陽鉄道 2 »