« 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 1 | トップページ | 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 3 »

2016年7月19日 (火)

蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 2

  川崎25t Cタンク、全体の設計を進めています。
まず、仕様ですが、スケ-ルは1/80、ゲージは16.5mm。
11.5~12の動輪が3軸有ることが前提になります。
形態は、川崎製鉄千葉NUS7を基本として作図します。
その他の同系の機関車の場合は前回までの組立図や写真等を元にバリエーションをお楽しみください。
 
  今回は、蒸機キット製作程度の経験で、真鍮板の糸鋸での切断等の加工が初めての方にでも製作が可能な物として進めますので、すべての部品を図面で書いて、その通り切り抜けば(折り曲げ等も存在する)キットの状態まで出来るものとします。
 
  使用工具として、万力、糸鋸、ヤスリ各種、ドリルと穴あけ工具(ピンバイスも可)、M1.0、1.4、2.0のタップ等を基本とします。
フライス盤は使わない工作とします。旋盤は有れば楽ですが、無ければドリルレースも可能、寸法的に厳しいものは、希望があれば、私が作って配布します。
 
  出来る限り市販部品を使いますが、私の商品知識に限りがありますので、ご意見をお願いします。
  駆動装置は、現在手に入る唯一のだるまや製のモジュール0.25の物を使います。
私の標準仕様である、クラッチ付きで軸箱はボールベアリング使用を基準としますが、一応クラッチなしの仕様も提示します。
 
それでは、模型の構造図です。図面はA4で印刷すれば原寸大になります。
25_2l
私の標準仕様、クラッチ付きのギヤーボックス、動輪押さえ板なしです。
一般的なクラッチなしのギヤーボックス仕様
25_1bl
動輪は軸箱無しとして、ギヤーはだるまや製に交換が必要です。
 
そして、最も簡単なギヤーボックス、ギヤーは基本的に動輪付属の物、鉄道模型社の動輪の例です。
25_1al
右は各種動輪で、私が持っているものですが、このブログで作ろうと思われる方、お持ちの動輪を連絡していただけましたら、それによる設計変更も致します。
以下、私の設計は、動輪の図の一番上から3つ目まで、車軸の径が3mmの物として進めます。
下の2段のエコーとミニチュアスケール製は、車軸が2.4mmで、使えるベアリングが無いので、付属の軸箱を使うか、φ3mmの車軸に交換して使うことになります。
 
  基本構造、蒸機で大きな構造上の問題は、上下をどこで分割するか、ランニングボードを上か下かどちらに付けるかというのが意外に難しいのですが、この機関車はこのように分割します。
25_3l
台枠回り
25_4l
  3点支持のイコライザ、動輪押さえ板を使わないで動輪を止める機構、見えない集電ブラシ等、私の標準的な機構です。
 
そして、クラッチ付きのギヤーボックスです。
25_5l
違うタイプは、詳細設計を進めていませんが、もし希望がありましたら、動輪や軸箱の仕様も含めて設計いたします。
 
  私としては、それほど変わらないので、この機構で作られるのが良いかと思いますがねぇ。
 
  下周りの基本的な設計が出来ましたので、各部品の詳細図を書いていこうかと思います。
上周りも同時に進めようと思いますが、私流で、下周りを先に進めていこうかと思っています。
このブログの記事で作ろうと思われる方で、動輪がこの仕様ではないものを使用される方は、欄外右の下の方に「メール送信」というバナーがありますので、そこから個人的にご連絡ください。
もちろんご意見等、当ブログのコメントや、上記のメールからご連絡いただけたらと思います。
  前にも書いたかもしれませんが、蒸機の自作は真鍮で普通に電車等を作るような長い物をきれいなカーブで曲げるというような難しい作業はなく、一部に精度を出す部品があるという事くらいで、それも作りながら微調整が可能なので、世間で思われるほど難しいものではありません。
蒸機に興味ある方、これを機に一度チャレンジされてはいかがでしょうか。
 
 
 

|

« 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 1 | トップページ | 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 3 »

模型」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

早速クラーケンさんらしさ満載の伝動機構ですね。でも私のような超初心者にとっては、ギアボックスが一番難しいのです。珊瑚のDD11で心が折れかけたり、ナカセイのC12のレストアが半年止まったり…出来ればエコーの11.5ミリ動輪に付いているギアボックスが使える様にして頂くだけで、かなり参入障壁が低くなると思います。その上で、将来腕が上がったら、クラッチ付きにコンバート出来ればベストですが…2.4ミリの車軸を3ミリに替えるのも凄く難しいです。
軸箱を抜いたり、ギアを打ち変えて、動輪の位相を揃えるには、必ずNWSLから出ているthe puller とthe quarterが要ると思います。私は持ってますが、それが無ければ位相合わせの治具を作る必要が有りますね。

色々申し上げてすみません。でも何とかして作りたいと思っていますので、ご容赦下さい。

投稿: ぶーちゃん | 2016年7月20日 (水) 22時13分

ぶーちゃんさん
エコーの11.5ミリ動輪、手に入ったんですね、良かった。
エコーのように2.4㎜の車軸は、通常ベアリングがないので、ギヤーボックスもそのまま使うのが良いように思います。
私も持っているんですが、新発売のころに買ったものなので、ギヤーボックスが今のものと同じかどうかわかりません。
図面が付属してれば、そのスキャンデータを送ってくれれば良いのですが、私が持ってるのには普通の説明書だけで寸法がわかりません。
現物を送っていただければ実測して設計しますよ。
NWSLのthe pullerは、必須ではありませんが有効に使えますよ。
ですが、the quarterはアメリカのΦ3.18の車軸用なので使えるのかどうか・・・持っていないので何とも言えませんが・・・

投稿: クラーケン | 2016年7月21日 (木) 01時16分

初めまして、このサイトのおかげで現在木曽ボールドウインを仙台のk氏の輪芯でスクラッチ中で、10月までに完成予定ですので、是非このcタンクにアタックしたいと思っています。主にcncでパーツを切り抜いています。
貴重な図面ありがとうございます。

投稿: Kenken | 2016年7月23日 (土) 17時26分

Kenken様
初めまして。
木曽のボールドウィンですか、素晴らしいです。
今回の記事は、自作初心者でも作れるよう、細かい製作法を書きながら、私のやり方で作っていこうと思いますが、これまでの一般的な構造とは異なる点が多々ありますので、作られる皆さんがアレンジされるのも面白いと思っております。
ある程度設計が進んだ段階で、CADデータもDXFで配布できるようにしようかと思っております。

投稿: クラーケン | 2016年7月23日 (土) 19時52分

Dxfデータがあれば大変助かります。Mach の修行中ですので。

投稿: Kenken | 2016年7月24日 (日) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/66579667

この記事へのトラックバック一覧です: 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 2:

« 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 1 | トップページ | 蒸気機関車を作ろう。川崎25t Cタンクを作る 3 »