« 京都鉄道博物館へ行きました | トップページ | 一枚の図面から 49-1 機関車編 川鉄千葉 NUS7等 川崎25t »

2016年6月29日 (水)

別府鉄道キハ2の保存活動に参加しました 2

  6月26日、加古川市円長寺近く、旧別府鉄道円長寺駅跡に保存されている、別府鉄道キハ2の保存活動に参加してきました。
 
今回で2回目ですが、このところ体調が悪くて、窓枠関係の報告で終わってしまいました。
前回、窓枠の実測をして図面化したものを試作してみました。
「守る会」に意向で、日曜大工程度の技術で作成する、ということで、ホームセンターで入手できる材料で、私が試作をしました。
 
特別な機械を使わずに工作できるということで、溝堀りや角穴の加工ができないので、5mm厚の板を切り出して、3枚重ねで製作する事とし、5mm厚のアガチス材を写真のように切り出しました。
1l
これを接着して組み立てます。
 
2l
これで加工は終わり、ほぞ穴に差し込んで完成です。
 
3l
少し隙間が空いてしまいましたねぇ。
まぁ、素人の木工ということで、こんなものでしょう。
これを作った後、木工所を経営されている方と相談できる機会があり、窓枠の製作にかかるコスト等をお聞きしました。
すると・・・
思ったより安く製作していただけるとのこと。
この企画に対するボランティアの気持ちも持って頂けたようです。
その結果、今回の集まりで、その木工所「北野工作所」に窓の製作を依頼するということで、承認をいただきました。
他の車両のも窓や扉その他木工全般、なんでも引き受けてくれるそうです。
全国の保存会の皆さん、いかがですか?
文末に「北野工作所」の情報を書いておきます。
 
実物の現状です。
1l_2
 
2l_2
 
3l_2
だいぶ腐食が進んでいますが、まだましな方なんです。
 
会員の皆さんの活動状況、梅雨のさなかですが気持ちよく晴れました。
1l_3
 
2l_3
 
3l_3
暑いさなか、皆さん本当に元気です。
 
室内。
1l_4
 
2l_4
案外良さそうに見えますが、写真は比較的良いところです。
 
 
せっかくなので、私の好きな床下。
1l_5
別府港寄りの台車、なんと!車軸にチェーンドライブのスプロケットが付いています。
恐らく三岐鉄道時代に交換された物と思いますが、今となっては非常に貴重な車軸ですねぇ。
 
2l_5
DA55エンジン、それから、機械式の変速機。本当に貴重な産業遺産ですね。
 
3l_4
駆動側の台車、ホイールベースは1500mmです。
軸箱は油が浸みていて、押せば動きそうですね、一度動かしてみたいなぁ。
その向こうはラジエター
 
  今回参加のメンバーの方々の中で、今年高1になられた人がいました。
別府鉄道のみならず、近隣の鉄道や鉄道の一般知識が素晴らしく、
高齢化が進む鉄道趣味において、非常に将来が楽しみです。
  現在、別府鉄道各駅のジオラマや車両の自作もされていて、模型のほうでもこの先が本当に楽しみですねぇ。
 
  前回同様、熱中症になりやすい体質の私は、ちょっとやばくなったので、修復作業を頑張られている人たちに後ろ髪を引かれながら後にしました。
 

「旧別府鉄道キハ2号を守る会」、
この保存活動に興味をもたれる方は、ぜひご覧ください。
これまでの保存活動の様子を見ることができます。
http://tvinagawa.net/?page_id=210
ご興味を持たれた方は是非ご参加ください。

修復予算が絶望的に不足しています、下記から寄付をしていただければありがたいです。
http://tvinagawa.net/?page_id=1140

パンフレットです。
L

皆さんのご協力を期待いたします。

広告です。

窓枠等、木工全般のご依頼はぜひ!「北野工作所」へ。
〒433-0023
大阪市天王寺区味原町4-18
06-7501-9723
kitano.kousakusyo@gmail.com

これから多大なる協力をして頂けますので、ここで宣伝させていただきます。
窓枠や扉等、各種木工のご用命はぜひ!
模型の木製道床もこちらで製作されてるそうで、模型の方もよろしく!

汽車好きクラーケン、別府鉄道関連はこちら

|

« 京都鉄道博物館へ行きました | トップページ | 一枚の図面から 49-1 機関車編 川鉄千葉 NUS7等 川崎25t »

内燃動車」カテゴリの記事

別府鉄道」カテゴリの記事

コメント

木建の修復は大変ですよね...

貨鉄博でもワフの建具をやりかえてますが、まあ大変でした。

貨鉄博も木建本体は建具屋さんで再生出来ましたが、裾のゴム押さえは建具やさんでは無理で、比較的似た形状のゴム成形材から加工してなんとかしました。

あとは、貨鉄博の場合は、レール側の縦枠も朽ちていたため、こちらの量産が結構大変で、同じく建具屋さんの手仕事でなんとか復活できています。

投稿: 南野哲志 | 2016年6月30日 (木) 07時01分

クラさん修復活動ご苦労様です。
私は一分の一の車輌の修復作業の時できるかぎりプロの方の手を借りられるような方法を取りました。色々なご縁で県立の産業技術専門校の塗装課と木工課・・内部の機械等はその製作所会社さんに・・私のあつかましい性分が・・鉄道車輌ですから鉄道好きの方が修復作業するのは良いことだと思いますが・・知識や技術が乏しい面があり・・結果あまり良い状態で維持できなくなるのは避けたいです。

投稿: 模鉄ちゃん | 2016年6月30日 (木) 08時28分

追伸・・別府鉄道の資料の中にDC302についての資料の紹介が無かったのですが・・お持ちですか?

投稿: 模鉄ちゃん | 2016年6月30日 (木) 08時35分

南野様
別府のキハは露天で30年近く放置された後の修復作業ですので、窓は破れ、木部は腐食が進んだ状態でした。
私は窓枠をなんとか出来ないかと相談を受けた事から、この活動に参加することとなりましたが、今回、有力でボランティア精神に理解がある業者が見つかった事で大きく前進する事が出来ました。

投稿: クラーケン | 2016年6月30日 (木) 11時55分

模鉄ちゃんさん
学校等の実習で手伝ってもらうってのは素晴らしいアイディアですねぇ
私の場合は工作もですが、長く持たせる方法等も教えていただき、有意義でした。
DC302は数百枚の図面があるんですが、A0が多いのと・・・
大型スキャナの部屋に、巨大な8本足の虫の抜け殻が見つかって・・・それ以来入ってないんですよ。
冬のうちにスキャンしてたら良かったんやけどね。

投稿: クラーケン | 2016年6月30日 (木) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/66267384

この記事へのトラックバック一覧です: 別府鉄道キハ2の保存活動に参加しました 2:

« 京都鉄道博物館へ行きました | トップページ | 一枚の図面から 49-1 機関車編 川鉄千葉 NUS7等 川崎25t »