« 13mmゲージの実験機 9 | トップページ | 京都鉄道博物館へ行ってきました »

2016年4月 8日 (金)

13mmゲージの実験機 10

家から歩いて10分足らずでこんな景色が・・・
1604051_2

なんとなくぼやーっとしますが、Baldwin製の1-C-1タンク自由形、どんどん期日が迫ってきます。
今回の工程は車軸とクランクピンです。

車輪から車軸を抜きます。すると・・・
1604061
先従輪を抜いてみると、左は軸径2.0mm、右は2.45mm、軸受のベアリングは2mmなので、どちらも2.0mmにしなければならないので、右の方にはφ3の丸棒から作ったブッシュを入れなくてはなりませんね。

車軸はφ2.0のドリルロッドを元に、端面に0.3のセンタドリルをもみ、動輪用は動輪に入るところを1.85mmに仕上げ、先従輪用はφ2のままです。
車軸のの完成
1604062

先従輪をはめます
1604063

動輪は位相合わせ治具が従来の物が使えないので、はめあいを確かめてとりあえず仮に入れてみました。片側はほとんど入っていない状態です。
1604064

次に、同じφ2.0のドリルロッドを使ってクランクピンとクロスヘッドのボルトを作ります。
突っ切り一つで削ります。
1604071

クランクピンはM1.4のネジですが、締め付けは六角なので、六角のナットが付いたピンバイスを使います。
1604072

ピンバイスにM1.4のメネジを切った丸棒をくわえ、クランクピンをねじ込んで固定し、
ヤスリを水平に動かして削ります。出来上がりはこんな感じ
1604073

第1動輪用は糸鋸ですり割りを入れて完成しました。
1604074

明日は位相合わせ治具を作らねば・・・

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

|

« 13mmゲージの実験機 9 | トップページ | 京都鉄道博物館へ行ってきました »

13mmゲージ」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/64864566

この記事へのトラックバック一覧です: 13mmゲージの実験機 10:

« 13mmゲージの実験機 9 | トップページ | 京都鉄道博物館へ行ってきました »