« 13mmゲージの実験機 6 | トップページ | 13mmゲージの実験機 8 »

2016年3月31日 (木)

13mmゲージの実験機 7

Baldwin製の1-C-1タンク自由形、車軸の前にロッド関係を作ります。

私の場合、ロッドは薄く作りたいのと、色が好きなのとで、ステンレスの板を使います。
ステンレスは番号によって硬さやその他、特性が様々です。
鉄道車両等には、比較的硬いSUS304やSUS316L等を主に使いますが、手作り作業には硬くて工作しにくいので、ステンレスの中では安物とされるSUS430を使います。
これはフェライト系と呼ばれてる物で、磁石が強く付くのが特徴です。
普通にホームセンターでいろんな厚さの物が販売されていますが、たまにSUS304を売ってる場合がありますので、表示を確認するか、磁石を当ててみて強く付くかどうかを確認すればよいと思います。
このSUS430は半田付けが容易で、糸鋸での切断も容易です、真鍮ほどではありませんが、あまりストレスなく切る事が出来、ヤスリも良く掛かります。また、ドリル等の穴あけやフライス加工も普通の刃で可能です、ただ、給油しなければキーキーなく場合がありますね。

前置きが長くなってしまいましたが、ロッドはSUS430のt0.5をベースにします。
サイドロッドは関節付ですが、関節は簡易方式で第2動輪のクランクピンとします。
サイドロッドが前後にメインロッドが左右で6枚を作ります。
ケガキ後の最初の作業はフライスでの穴あけです。
先ずセンタドリルで最初の穴を開け、クロステーブルの送りで正確な位置にセンタ穴を開けます。
1603271_3

ドリルを本来の穴より少し小さい径に替えて穴あけ。
1603272

その後は普通に切り抜きます。
エンド部は分厚くなるので、貼り重ね用のt0.3を切り出します。
1603301
最近はちょっと左目が良く見えなくて、こういう細かいギザギザは良く見えなくてへたくそですねぇ。まぁ、完成までにはごまかしますよ。

貼り合わせは、ステンレス用フラックスの原液を使います。
真鍮と変わらない感じでよく流れます。
1603302

例によってアップには耐えられない出来ですが、完成までには綺麗になる・・・
1603303

今日はここまでです。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

|

« 13mmゲージの実験機 6 | トップページ | 13mmゲージの実験機 8 »

13mmゲージ」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/64731824

この記事へのトラックバック一覧です: 13mmゲージの実験機 7:

« 13mmゲージの実験機 6 | トップページ | 13mmゲージの実験機 8 »