« 13mmゲージの実験機 4 | トップページ | 鉄模バー[日乃電]もうじきオープン »

2016年3月16日 (水)

13mmゲージの実験機 5

Baldwin製の1-C-1タンク自由形、今回の工作の白眉、いよいよ動輪の加工です。

その前に、今回試してみる車輪踏面の検討です。

Photo
今回は欲張って、十三クラブの13mmゲージの規格、篠原の13mmゲージのポイント、それに16番の篠原のポイント(但し、冗車会のレイアウトで使用の#100)までカバーしうる踏面断面を考えてみたんです。

それがこれ。
Photo_2
車輪の厚さは、実物(国鉄)の一般車が125mm(1/80で1.5625)、機関車は135mm(1/80で1.6875)が多いので、13mmゲージは1.6mm、16番が2.2mmとしました。

さぁ、これで行けるでしょうかねぇ・・・
この図面で、友人に総形バイトを作ってもらいました。
それが前回切断したバイトなんです。

さて、実際の加工を始めます。

動輪は、うん十年前に買ったS社のφ11.5です。
車輪の厚さは1.35mmです。
これを車軸の中央付近でカット
1603141

旋盤、コレットに装着して切削開始。
1603142
初めはフランジが削れます、踏面は送りをほんの少しづつにして削りました。

その後、同じバイトでタイヤを表から0.75mm削ります。
1603143

タイヤを抜いて
1603144

輪芯の裏側を0.75mm削ってタイヤを装着して動輪が完成。
1603145

この後、先従輪と車軸ですね。

先従輪は手持ちのφ7.5を使う予定で設計したんですが、φ8.5の方が格好ええと思ってたら、友人が譲ってくれました。
早速図面をφ8.5に変更したんですが、上下方向が苦しくて、台枠の前後で上下方向で干渉しそうで、逃げるなら台枠をカットする必要があり、全体の鋼製に大きく影響が出ることが分かりました。
というわけで、せっかくお譲り頂いたんですが、それは次回に回して、先従輪、今回の機関車はφ7.5で行くことにしました。

と言う事で、次回は先従輪の加工と車軸です。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

|

« 13mmゲージの実験機 4 | トップページ | 鉄模バー[日乃電]もうじきオープン »

13mmゲージ」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

一月後のお披露目がたのしみです。

こちらはタイヤではないですが、組んだままで動輪軸のクランクの部分を削正してますよ。初めてみました。
http://mp.natlib.govt.nz/detail/?id=31166&recordNum=213&q=locomotive&s=a&t=items&l=en

投稿: railtruck | 2016年3月16日 (水) 12時49分

S社の動輪ですが、車軸コレットでくわえて削っても、タイヤ弛んだりしませんか?
ところで、輪心の裏側はどうやって削ったのですか?
教えてください

投稿: ゆうえん・こうじ | 2016年3月16日 (水) 12時52分

で、その総型バイト、問題ありませんでしたか?切削感覚、切削面は良好?最初にタイヤ厚から削ったら、と思いましたけど。(総型切削時の負荷が少なくなる)

投稿: 三木の干し殺し | 2016年3月16日 (水) 18時43分

railtruckさん
一か月、どこまで出来るでしょうかねぇ・・・
それにしても凄いですねぇ、検修でのクランク軸削正は大変ですねぇ、センター出し、考えるだけでも大変ですねぇ。。

投稿: クラーケン | 2016年3月16日 (水) 19時28分

ゆうえん・こうじさん
ははは、ご名答!一度も抜かなければ大丈夫かと思いましたが、外径を削るのにちょっと負荷を掛けたら軸が緩みました。やはりS社の動輪は・・・
まぁ何とかだましだまし削りました。
輪芯の裏側は、タイヤを外した後、コレットの面から離して、普通に突っ切りで行っちゃいましたよ。

投稿: クラーケン | 2016年3月16日 (水) 19時32分

三木の干し殺しさん
バイト有難う。
よく切れるので食い込みの心配がありましたが、大丈夫、良い感じに切れました。
負荷の事は考えたんですが、ゆうえんさんの返事に書いたように、S社の動輪は車軸が緩めで、特に一度緩んだら、ゆるゆるになってしまうので、
端面を削った段階でも緩むのが心配だったので、一番強い状態で外周を削ることにしたんです。
で、案の定緩んできたのですが、先に端面を削った時に緩んでしまうと基準点が来るってしまうので、結果的にはこの方法で良かったようです。

投稿: クラーケン | 2016年3月16日 (水) 19時42分

そやね、加工基準点を失うとつらいです。あとは実走行の評価ですね。

投稿: 三木の干し殺し | 2016年3月16日 (水) 20時05分

やはり弛みましたか!!
写真から見ると軸が太いので11.5mm径の初期バージョンのようですね。
そのころのS社の動輪は軸と車輪のはめ合い緩いので、動輪打ち直した時は車軸にローレット切るか、ロックタイトで固定しています。
私はまだタイヤにゴムタイヤ用の溝掘ったときは車軸でくわえず、ヤトイに輪心をネジ止めで固定して削りました。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2016年3月20日 (日) 11時13分

かなり前に購入しましたが、ミニチュアスケールで出たものと輪芯は同じものですねぇ。
S社の動輪、一度抜いたらグズグズなのは何度も経験しましたが、抜かなければ大丈夫かなと思ったんですが、はめあい部が緩くて、奥の最後のテーパーで止まってる様なものなのでやはりだめですねぇ。
軸は作り変えるので問題ないんですが、私はローレットは嫌いで、堅ばめで軸を作ります。

投稿: クラーケン | 2016年3月20日 (日) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/64472370

この記事へのトラックバック一覧です: 13mmゲージの実験機 5:

« 13mmゲージの実験機 4 | トップページ | 鉄模バー[日乃電]もうじきオープン »