« 一枚の図面から 47 図面あれこれ | トップページ | 一冊の本 客貨車諸部名稱圖解 2 »

2016年2月 5日 (金)

一冊の本 客貨車諸部名稱圖解 1

今回は、機関車に牽引される客車、貨車についてです。

明治時代の客車や貨車については、これまでも何度か取り上げましたが、今回は明治40年初版、汽友社発行の「客貨車諸部名稱圖解」を紹介しようと思います。

名称図解で、図と名称の説明ページが順番に入っていますが、名称ページを省いて、図のみを全部載せて、要所に補足説明を加えていきたいと思います。

私が持っているのは、大正3年の第7版です。
1914_000
大分くたびれていますが・・・
1914_002

グラビアページ、本には形式の解説も何もないので、表題は私が付けたものです。
1、鉄道作業局 ワ3403
1914_003_1

これの形式図 貨車略図より
321_2
鉄道作業局の有蓋車で最大両数を誇るグループです。
後に増頓改造され、ワ50000形を経て、昭和3年にワ1になったと思われます。

2、鉄道作業局明治39年型3軸ボギー台車
1914_004_2

客車形式図 下巻 大正3年版追録集 巻末の台車図より
549
詳細図は後ほど。

3、日本鉄道いろ61
1914_005_3
日本鉄道が誇る豪華客車です。
日本鉄道客車略図から
Photo
図の左から、一等室、一等寝室、食堂と調理室、二等室となります。
定員32人、食堂は5人ですね。

4、和食堂車 鉄道作業局 シ1 後のホワシ5070の食堂
1914_006_4l
日本初の和食堂車と思います、明治39年新橋工場製です。
客車略図から
010_3
官鉄で明治30年から39年にかけて作られたグループです。

次は2枚です。
5、鉄道作業局トク1、後のオトク9005と、展望車の車内
1914_007_5
右の車内の写真は日本に該当するものがありません。

左の写真を拡大
1914_007_5l
これは貴重な写真です。
従来反対側は絵葉書があり、何度か本に載りました、このようなものです。
9005l
なんと!密閉式展望車!
形式図は客車略図から
172
明治40年新橋工場製、定員8名で、食堂、寝台、展望室を備えています。
上項の食堂車とは1年違いですが、こちらは次のグループ、いわゆる「オイラン型」と呼ばれるグループです。
当時の最大急行等に使われたグループです。

6、グラビアの最後は、車内写真2枚です。
1914_008_6l
上は二段窓なので、日本の客車では無いようです。
下の写真は・・・・確信はありませんが、天井の形や形式図の室内から、前項のトク1の展望側から見た写真に見えるんですが、みなさんはどう思われますか?

「客貨車諸部名稱圖解」のグラビア、いかがですか?
次回からは図解です。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

|

« 一枚の図面から 47 図面あれこれ | トップページ | 一冊の本 客貨車諸部名稱圖解 2 »

一冊の本」カテゴリの記事

一枚の写真・図面から」カテゴリの記事

図面」カテゴリの記事

客車」カテゴリの記事

貨車」カテゴリの記事

コメント

汽車好きクラーケン様
はじめまして。
車内写真の上は九州鉄道の1等車で鉄道作業局ブオイ1のものですね。

投稿: 鉄歴マニア | 2016年2月10日 (水) 23時05分

なるほど!或る列車ですか。

2段窓に見えたのは、窓を開けていたと言う事ですねぇ。
確かにそのようですね。
ありがとうございました。

投稿: クラーケン | 2016年2月11日 (木) 00時41分

鉄歴マニア様
貴ブログ見せて頂きました。
一見同じ写真かと思いましたが、こちらのは上昇式の窓が開いているようで、天井の光線具合や床のタンツボ、隣の車両等に違いがありますね。貴ブログの写真は製造時と思われますので、こちらの写真は日本に来てからタンツボ等、改造を加えた後の状態と考えられるようですね。

投稿: クラーケン | 2016年2月11日 (木) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/63782770

この記事へのトラックバック一覧です: 一冊の本 客貨車諸部名稱圖解 1:

« 一枚の図面から 47 図面あれこれ | トップページ | 一冊の本 客貨車諸部名稱圖解 2 »