« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

京都散策 疏水とインクライン

9850の途中ですが、先日、忘年会が京都であり、せっかくなので朝から出て、蹴上の疏水とインクラインを見てきましたので、簡単に報告です。

京都は明治維新による衰退防止と、古くからの水不足の解消、また、琵琶湖の舟運を京都まで伸ばすため、抜本的な解決策として、琵琶湖から水路を建設し、水位の高低差を利用した日本初の事業用水力発電をも達成する大規模な事業を行いました。

主任土木技師として、日本の鉄道にも大きな足跡がある田邉朔郎が活躍。
明治16年から測量を開始し、23年に水路を竣工、翌24年に発電所が完成し、送電が開始されました。

鉄道に関わる者としては、インクラインと日本初の電車の営業がこの事業により実現しました。

では、琵琶湖疏水記念館のパンフレット、各施設の解説板を元に写真を紹介します。

琵琶湖疏水記念館のパンフレットから、全体図です。
2_3
疏水は2本あり、現在でも水運以外は機能しています。
図の破線は水路トンネルです、京都東山連峰を超える必要があり、途中には山科の谷が有るので、ざっと言うと、大津の入口からトンネルを抜け、山科で高架橋を通り、東山をトンネルで抜けるというものです。

今回、京都側のトンネル出口からの散策ですが、いずれ見に行くかもしれません。

蹴上浄水場付近のトンネル出口から続く元船溜まり
1_7

真ん中の暗いところがトンネル出口で、右の建物が浄水場です。
そして手前の広いところが船溜まりになります。
この船溜まりには第二疏水との短絡の水門があります。
現在は第二疏水をメインに使っているらしく、水はほとんどありませんね。

その反対側なは船を乗せて運搬する台車です。
2_7
台車は下流にあるドラムで上下させます。船溜まりの水中にはワイヤーをターンさせる大きな滑車がありました。台車の後ろの物がそれと思われます。

それらの説明板
1_12

2_8
台車の詳細
3
台車はトラス橋と同様の構造で、ボギーにバネは無く、ボルスタで回転するようになっています。

この線路は水路と別に斜面になっています、写真は前回行った時の物
P4020060l
ゲージは測りませんでしたが、相当広いですね。複線で、現役当時は線路中央に滑車がありました。

この斜面の途中にもう一両の台車が保存されています。これも以前の撮影です。
4_2
斜面に置かれているので、ごつい車止めが設置されています。
どちらにも木の小舟が乗っています、三十石舟との事です、落語に川船として出てきますが,意外に小さいですねぇ。

上部に戻って、船溜まりの横に水力発電用の水管との水門があります。
6
時代を感じる良い感じの産業遺産です。

その水門の上から水路が横に出ています。
7
右は山、左は谷、急斜面に沿って水路と歩道が作られています。

その道を歩いていくと
8
巨大な水路橋!
南禅寺の境内で、水路閣と呼ばれています。壮大な建築物です。

その先は斜面で道は上がっています
9

その先
10_2
トンネルに消えて・・・

トンネルを抜けると、疏水沿いの遊歩道として有名な「哲学の道」
11
この道は銀閣寺まで続いているようですが、私はその手前、「くろがねや」さんで終点です。

いつものメンバー。
1_13

2_10

いつものように、ものすごい工作の結果を・・・・今回はここまでです。

もう平成27年も終わりですね。
当ブログをご覧いただきありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

一枚の図面から 46 機関車編 9850-5

9850、今回から下周りです。

目次ではシリンダから。

サ 1 CYLINDER H.P. 後部の高圧シリンダ
1
サ 2 CYLINDER L.P. 前部の低圧シリンダです、内径650mmは他のマレー機より大きく、D52の550より100mmも大きくて日本最大です。
2
サ 5 CYLINDER COVER & FRONT STEAM CHEST COVER シリンダ前後フタ、右端はバルブ前フタです。
5_2
サ 6 BACK STEAM CHEST COVER バルブ後部カバー及びバルブスピンドルガイド、高圧用は直径が小さく、メインは低圧用を示し、右下は高圧用の一部を示しています。
6
次はバルブギヤーです。
セ 1 MOTION ARRANGEMENT 鉄道史料にもあるのですが、これが無いと分かりにくいですね。右が前方です。
1_2
セ 3 MOTION LINK CARRIER 加減リンク受、モーションプレートですね。
3
セ 5 REVERSING SHAFT 逆転軸
5_3
セ 6 REVERSING SHAFT CARRIER HIND & REVERSING GEAR SPRING 逆転軸の受及び釣合バネ
6_3
セ 7 REVERSING SHAFT BRACKET INTERMEDIATE 高圧側の逆転軸の受
7
セ 8 REVERSING ROD 逆転軸
8
セ 9 REVERSING SCREW CARRIER 運転台の逆転ネジ
9
今回はここまで、次回は台枠です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

一枚の図面から 46 機関車編 9850-4

9850上周り部品の続き、上周りは今回までです。

ボイラ周り付属品
ク-7 SAFETY VALVE 安全弁
7
ク-10 REGULATOR DETAILS 加減弁の操作系統です。
10
ク-12 STEAM VALVE
12
ク-13 VALVE FOR STEAM HEATING 蒸気暖房関係
13_2
ク-14 STEAM HEATING VALVE
14
ク-15 SAFETY VALVE FOR CYLINDER
15_2
ク-16 RELEASE VALVE
16
ク-17 STARTING VALVE
17
付属品座
ケ-1 STAND FOR BOILER MOUNTINGS
1
ケ-3 STEAM GAUGE PLATE
3_2
付属品運転装置
コ-4 CYLINDER DRAIN COCK GEAR シリンダドレンコックの操作機構です。
中央部の欠落が大きくてちょっと分かりにくいんですが、右側上部はシリンダ下部の断面で、上が低圧、下が高圧ですね。
4_2
次回から下周りになります。まだまだ先は長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

一枚の図面から 46 機関車編 9850-3

9850上周り部品の続きです。

オ-2 EXHAUST PIPE & SPARK ARRESTER 吐出管と火の粉止め
2_2
オ-3 EXHAUST PIPE ARTICULATED CONNECTION 低圧シリンダ排気管、回転、伸縮するようになっています。
3
P1040897l

オ-5 STEAM PIPE IN SMOKE BOX 煙室内過熱管寄せから、後部の高圧シリンダへの蒸気管に接続する管
5
オ-6 CLOTHING FOR STEAM PIPE 煙室から、後部の高圧シリンダへの蒸気管
6

カ-1 SUPERHEATER ARRANGEMENT 過熱装置組立
1
P1040982l

カ-2 SUPERHEATER COLLECTOR BOX 過熱管寄せ
2_3
カ-3 SUPERHEATER COLLECTOR BOX CARRIER 過熱管寄せの受
3_3
カ-4 SUPERHEATER DAMPER 過熱管がある大煙管の前方にあって、通風を加減する板です。
4
カ-5 SUPERHEATER DAMPER DETAILS AUTOMATE 煙室の加減板を動かすシリンダです。蒸機の力で動くようですが、運転台からの手動操作で動かすこともできます。写真と同じ向きで、左が後方です。
5_2
P1040898l

カ-7 SUPERHEATER DAMPER GEAR DETAILS 上記のシリンダからの加減板を動かす軸を運転台から手摺内を通って操作する軸です。右端にシリンダが付きます。
7
カ-8 SUPERHEATER DAMPER GEAR DETAILS 図面が半分しかありませんが、加減シリンダ後方の加減板を動かすレバーです。
8
今回はここまでとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

一枚の図面から 46 機関車編 9850-2

9850の2回目、今回から部分図面になります。

ただし、前回書いたように、鉄道史料107号に掲載されていない図面を紹介していこうと思いますので、あまり重要な図面はありませんので、興味がある方は、ぜひ鉄道史料107をご購入下さい。
私が持っていて鉄道史料に無い図面を全部載せていきます。

最初は明細図のリストから。
Image1_2
かなり小さいのですが見えるでしょうか。
本来のリストを基にexcelにて表を作りました。
オレンジ色の図面は鉄道史料107号に掲載されている物、頁欄は鉄道史料のページです。
青色はこれからこのブログに記載するものです。頁は明細図のページです。

それではリストの左上から紹介していきましょう。

イ-2 FIRE DOOR 焚口戸、横開きです、開口は意外に小さいですね。
2

イ-5 FIRE BOX BOTTOM RING 火室底、大きな角材でぐるっと巻いています。
5_2
イ-8 FIRE BOX STAYING & TUBE PLATE STAYING 火室後部のステイです
8
イ-9 BOILER STAYS 火室上部のステイです
9_2
イ-11 DOME & REGULATOR CARRIER 蒸気ドーム及び加減弁の受
11
イ-12 BAFFLE PLATE 加減弁に温水が行くのを妨げる板
12_2
ウ-1 GRATE 火格子、細長い揺火格子
1
ウ-2 GRATE DETAILS
2_2
エ-1 ASHPAN 灰箱
1_2
奥行きが長いので大型ですねぇ。

エ-2 ASHPAN DETAILS
2_3
今回はここまで、まだまだ先は長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

貨物鉄道博物館に行ってきました 2

貨物鉄道博物館、2回目は貨車を見ていきましょう。

ここの保存車で名鉄2両、蒲原鉄道1両を除き、主に国鉄を走った貨車は大半を占めます。

先ず有蓋車から。
ワ1形ワ5490
5490p1050341
開館日なので、扉が開いて内部を見ることができます。

明治39年北越鉄道が新潟鐵工に発注した車両です。
北越鉄道買収時の形式図。
9633
北越鉄道のカ231-300のどれかと言う事ですね。7t積の一般的な有蓋車です。
これを大正中期に標準型の10t積に改造されてワ50000形となり、昭和3年の改番でワ1形5490号となりました。
268
近江鉄道からここへ来ました。近江鉄道当時に実測しましたが、よくあるワ1に比べて柱の位置が違っていました。台枠に変な改造の穴が無いので、元々このピッチだったと想像できます。
柱は木製だったのを増頓工事の時に鋼製に改造されたと思われます。
一般的なシュー式の構造の好例になりますので、軸受部のアップを挙げておきます。
5490p1050347
メジャーは500mm出しております。車輪は一般的な圧延車輪に交換されているようですね。

もう一両のワは、蒲原鉄道のワ11です。
11p1050427
昭和4年新潟鐵工製、増頓後の標準タイプで新造された10t積有蓋車です。
国鉄のワ1の中でも最終形ともいえる物で、鋼製柱、鋼製扉の物で、同型は国鉄の改造車でも非常に多く見られました。

国鉄のワフ21000形ワフ21120
21120p1050389
私の大好きな鋼製貨車の一つです。外板の継ぎ目がリベット接合で、ほとんど溶接が使われていない構造です(台枠の一部等の鋼材加工には溶接が使われている)。
この車両は西濃鉄道から来ましたが、西濃鉄道時代に見に行ったことがあります。

あと、有蓋車関係ではテラ1も居りますが、興味が無いので割愛します。

次は無蓋車、名鉄から来た2両が居ります。
名鉄ト1形、ト15
15p1050824
古典的な三枚側の無蓋車ですが、中央に柱が立てられてアオリ戸が分割されています。
これを含め軸箱守、足踏ブレーキ等も、大きく改造されていますが、妻が側と同じ高さで良い感じですね。

もう一両の無蓋車
名鉄ト200形、ト246
246p1050534
妻は高くなっていますが、古典的な三枚側の無蓋車です。
車輪は錬鉄鍛造の所謂松葉車輪で、貫通ブレーキは未装備のままです。
7tから10tへの増頓工事が施工されたとの事なので、元は二枚側だったのかもしれませんね。

次はホサ1
1p1050433
福井鉄道から来たホッパ車で、元は車掌室付の特異な車両です。
手前のデッキ部に木造の車掌室がありました。
元は青梅鉄道が浅野セメント輸送用に製造したようで、青梅鉄道の国有化で国鉄セサフ1となりました。
原型の写真は持っていないので、同様の構造の、東武ヲキフ21の写真を載せておきます。
19620201_04_21_40

ここの最大の保存車両として、シキ160を挙げなければいけませんね。
160p1050434
実物はやはり大迫力です。
3-3軸複式の軸受もいいですねぇ。
Pfs379
この図は改造前の物です。

これらの他、タンク車4両にホッパ車、91,97式軽貨車、それにコンテナや荷車まで、非常に盛りだくさんで、貨車好きに限らず、加悦SL広場とともに本当に楽しめて向学心をくすぐる本当に良い施設と思います。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

貨物鉄道博物館に行ってきました 1

9850の途中ですが、6日に貨物鉄道博物館に行ってきましたので、報告です。

毎月第一日曜(1月は第二)に開館しますので、友人とともに行ってきました。
P1050906

開館日以外は本館のシャッターが閉まっていて、ボランティアの方々は居られませんが、保存車両達は見ることができるそうです。

本館左側には東武鉄道の39号を先頭に4両の貨車が連結されていて、本当にいい感じです、総勢16両に及ぶ保存車両の内、一部を紹介します。

東武鉄道B4形39号、1906年英国シャープスチュワート製の軸配置4-4-0のテンダ機関車です。
39p1050307

39p1050401

非常に保存状態も良く、英国型4-4-0の魅力あふれる機関車です。
山本茂三氏が1966年に撮影されたもの、館林機関庫です。
19660313_01_39_50_2

もう一枚、平野和幸氏の写真
39_1200_2_011_50

いいですねぇ。

機関車はもう一両、巴川製紙所のDB101、東海道本線の用宗駅からの専用線で活躍していたそうです。
Db101p1050435

協三工業1957年製の10t機関車です。好ましい形態のDBですね。

機関車ついでに・・・

三岐鉄道終点の西藤原駅に保存のE102号も見てきました。
102p1050547
元々三岐鉄道が開業時の1931年に汽車会社で製造された機関車で、所謂筑波型の最終期の機関車です。
国鉄では大正時代には一般的なタンク機関車は作られませんでしたが、もし作られていれば、このような形態になるのではないかと思われるような形態です。
私は筑波型は初期の3個ドームの物が好きでしたが、現物を見て2個ドームの後期タイプも好きになってしまいました。
一般的な筑波型はサイドタンクのリベットは皿リベットを使用して、頭が見えませんが、この機関車は丸リベットを使用しています。
102p1050541
真横から、非常にバランスの良い機関車ですねぇ。

三岐鉄道で現役当時、金田茂裕氏1950年富田での撮影です。
116510219500100_1l

次回はいよいよ貨車の紹介です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

一枚の図面から 46 機関車編 9850-1

いよいよマレー式テンダ機関車の最後、9850です。

この機関車は1912年と13年、ドイツのヘンシェル社で12両製造されました。

鉄道博物館にあるのでみなさんご存知ですね。
今はさほど感じませんが、神田の交通博物館当時の展示はすごい迫力で、こんな凄い機関車を明治時代末期に作ってたのかと感動したものです。

現在の保存の状態はいつでも見ることができるので、ここでは、図面と昔の写真を紹介していこうと思います。

この機関車の図面は、鉄道史料107号に多くの部分図面が記載されていますので、ここでは鉄道史料に敬意を払って、掲載されていない図面を紹介していこうと思います。

とはいえ、組立図くらいは載せましょうか。
9850_0012_50_2

部分図は次回からとして、今回は写真を紹介しましょう。
先ずは竣工写真
116629855henchel_l

明るいグレー塗装だと思いますがどうでしょう、川崎造船で作った機関車の竣工写真も白っぽいので、ひょっとしてこの写真の影響かも・・・

珍しい走行写真があります。
11668986119191923_l
スノープロウが装着され、側開きの石炭車が連結されているので、北海道での写真ですね。

渡邊・岩崎コレクションから、山北です。
116599852wicollection_2l

116599852wicollection_1l

116579850l_2

この機関車は箱根用に沼津に3両、9両が直江津に配置されました。
箱根はアメリカ製の機関車でほぼ足りてたようですね、1919年には半数が北海道の追分や岩見沢に配属されたようです。
鉄道博物館保存の9856のみ1924年に保存のために廃車され、その他は1930年に廃車されてしまいました。
北海道の廃車分の炭水車は水運車に改造されました。
その写真です。
1165711668985019350000l

昭和10年、手宮での写真です。

次回から部分図面です。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »