« 一枚の図面から 43 機関車編 9020-4 | トップページ | 一枚の図面から 44 機関車編 9750-2 »

2015年10月15日 (木)

一枚の図面から 44 機関車編 9750-1

9750の写真が戦前の「鐵道」誌にあったと思って、手元にある鐵道誌を漁っていたところ、件の写真の他に面白い記事を見つけましたので、本編の前にちょっと紹介しましょう。

先ずは発端の写真
78_193510_g2_9751l
「鐵道」1935年10月号。通算78号巻頭グラビアP2です。
全くの原型、W.I コレクションでは見られないローアングルの迫力のある写真ですね。
レンズのイメージサークルにはみ出す写真ですが、それでもこの写真を載せた気持ちが分かります。

同じ「鐵道」の1933年4月号にライブスティームで有名な渡邊精一氏が9750の記事を書かれています。
以下そのまま掲載いたします。
48_193304_p2021l

写真拡大
48_193304_p20
後ろは8850ですね

48_193304_p2223l

写真拡大
48_193304_p22
48_193304_p23
48_193304_p2425l

48_193304_p2627l

9764号の廃車の原因となった事故の情報があります、運転中の事故ではないので事故の記録には出てこなかったと言う事ですね、今まで廃車の理由を知りませんでした。
また、8876,8861の第二動輪のフランジが削られていたというのも新しい情報です。

大恐慌後で戦争が始まる前、ちょっと機関車が余り気味だった時代の休車情報は興味が湧きますねぇ。

「鐵道」誌はきれいな写真、当時の状況を表した記事等、現在の目から見て非常に興味をそそる内容です。いずれ発表していきたいと思っています。

次回は9750の図面ですが、やはり組立図しか出てきませんでした。

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

|

« 一枚の図面から 43 機関車編 9020-4 | トップページ | 一枚の図面から 44 機関車編 9750-2 »

一枚の写真・図面から」カテゴリの記事

一枚の図面から」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

グラビア写真の9751号機は初めて見ました!貴重な資料に心から感謝致します。
因みに自分は現役の新鶴の検査係ですが高田隆雄さんの回顧録等にもある通り、周囲は田舎だったのだと改めて感じました(笑)
恐らくマレーが留置されているのは現在の東機待ち線だと思われます。線路配置の雰囲気は変化ないですね・・・

投稿: 新鶴の変態紳士 | 2015年10月17日 (土) 21時54分

新鶴の変態紳士さま
私も数十年前に新鶴見に行かせて頂いたことがありますが、周囲は普通に町でしたねぇ。
この写真で場所が特定できるとはさすがです。
高田さんの写真、掲載できるか交渉してみようと思っています。

投稿: クラーケン | 2015年10月18日 (日) 01時59分

やはり9750,9800,9850のマレー三兄弟のなかでは、9750が一番格好がいいですね。特に今回掲載された一番上の写真をみると特にそう思います。罪庫している珊瑚のキットもそろそろ組んでやらねばと思っています。
実物はターンターブルの関係もあって3軸の短いテンダーですが、以前お話しが出たように模型ではダブルボギーのテンダーに振り替えてやっても似合うでしょうね。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2015年10月18日 (日) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/62064869

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の図面から 44 機関車編 9750-1:

« 一枚の図面から 43 機関車編 9020-4 | トップページ | 一枚の図面から 44 機関車編 9750-2 »