« 一枚の写真から 37 3200 | トップページ | 7010,5100の製作 37 明治初期の機関車大改造を追って »

2015年9月12日 (土)

7010,5100の製作 36 明治初期の機関車大改造を追って

このブログを始めたのは2013年10月ですが、始めて間もない11月にこの機関車の工作記を書いて以来1年10か月、久しぶりに工作の再開です。

今回は機関車上回り。
床板と前後の端バリを作ります。

前回まで
1509101l

CADで寸法確認
1509102l

ケガキ
1509103l_2

床板はt0.2燐青銅、前端バリはt0.5真鍮、後端バリはt0.3なので強度上燐青銅とします。

前端バリはφ0.4のリベット、後端バリはφ0.3のリベットを打って切り抜いて完成
1509111l

今回はここまでです。

|

« 一枚の写真から 37 3200 | トップページ | 7010,5100の製作 37 明治初期の機関車大改造を追って »

7010,5100の製作」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/61569898

この記事へのトラックバック一覧です: 7010,5100の製作 36 明治初期の機関車大改造を追って:

« 一枚の写真から 37 3200 | トップページ | 7010,5100の製作 37 明治初期の機関車大改造を追って »