« 一枚の写真から 36 7080 | トップページ | 7010,5100の製作 36 明治初期の機関車大改造を追って »

2015年9月 8日 (火)

一枚の写真から 37 3200

BEYER PEACOCKの機関車、今まで製番順で549053007700北海道東京都水道局77005500392019003950東武A156007080東武B3と紹介して、やっと最後に3200で終わりです、製番順では7080のあとに入ります。

3200は、日本鉄道が1903年に1-C-1タンク機関車を増備するに当たり、従来英米2か国に発注していたものにドイツ製を加えることとなり、ドイツ製の2種と共に、イギリスのBEYER PEACOCKに発注したのがこの機関車で、ドイツ製の3170が6両、3240が2両だったのに対し、この機関車は24両製造されました。
このグループは明治のタンク機関車では最大級で57tもあり、悪名高き3100が58.1tであると思えばこの機関車の大きさと重さが想像つきますね。

では竣工写真から
44974590801824north_western_museum_

武骨で非常にバランスの良い英国機ですねぇ。英国製のタンク機関車の最後期の良品と言う感じで好感が持てます。

組立図
Beyer_peacock_3200_32003223_9025652

この機関車も動輪の外側までの広火室でベルペィア式です。
ばね装置は、イギリス製では珍しく全輪イコライザ付で、第1、第2動輪間の左右のイコライザが第1動輪前方で左右一体となって先輪につながっているのでこのグループで1点、第3動輪と従輪が左右で2点の完全な3点支持になっています。
先従輪の左右の復元はコイルばね式、台枠前部は先輪の分が切欠かれ、従輪部は台枠が狭まっています。
火室下部の傾斜を避けるため台枠が欠き欠かれ、その分下に広げています。
ブレーキシリンダはキャブ下のステップ裏に左右2台、その内側、台枠内の丸い物は砂箱です。

日本に来てからの写真です。
4500804wicollection_l

4509813wicollection_l

昭和になって空気ブレーキ装備の状態。昭和10年の3211
4508321119350000l

昭和11年の同機
4508321119360608l

最後は3213号、撮影年不明です。
45103213l

これら3211,3213,3219の3両は戦後まで残りましたが、他は昭和9年に廃車されてしまいました。

大分涼しくなったので、そろそろ模型工作でも始めよっかなぁー

さくいん 1  国鉄
さくいん 2 私鉄、海外
さくいん 3 模型、その他

|

« 一枚の写真から 36 7080 | トップページ | 7010,5100の製作 36 明治初期の機関車大改造を追って »

一枚の写真から 機関車編」カテゴリの記事

一枚の写真・図面から」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/61509236

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の写真から 37 3200:

« 一枚の写真から 36 7080 | トップページ | 7010,5100の製作 36 明治初期の機関車大改造を追って »