« 気分転換 常総鉄道8,9号を元に台湾総督府鉄道400を作ろうかなぁ 2 | トップページ | 気分転換 常総鉄道8,9号を元に台湾総督府鉄道400を作ろうかなぁ 4 »

2015年7月19日 (日)

気分転換 常総鉄道8,9号を元に台湾総督府鉄道400を作ろうかなぁ 3

詳細の検討にかかります。
私のやり方は、従来の方々のやり方とはだいぶ違いますが、参考にでもなればと思いますので御笑覧下さい。
1c1_11l
フレームです。
上から、ランニングボード上板t0.3網目、ランニングボード下板t0.8、台枠組立、台枠、側枠は真鍮の0.5mm厚、間の上部にt1.0の板でコ形に組み立てます。
その前はシリンダ、前後板はt1.0、上部板はt2.0、これが台枠にはまります。
ランニングボード上板と下板は半田で一体化、下の台枠とは最終的に固定すると思いますが、今のところはねじ止めで組立に可能性もあります。
軸箱は6x3のベアリングを使います、台枠側板のベアリングが入る切欠き、第1と第2動輪は下部に三角の出っ張りがあって、ベアリングを下から支えます。

次はイコライザと先従台車。
1c1_31l
左上はイコライザ組立
その下が部品図ですが、一番下のコ形がベースでイコライザの回転中心です。
その上は板バネ、その上がイコライザ本体で、上部に板バネをネジ止めします。
左右で厚さが違いますが、このイコライザはベアリングを内側から押える役目もしていますが、第2動輪を0.5mm横動させるので、この部分の厚さが0.5mm違っています。

先従台車は基本同じ構造ですが、従台車はギヤボックスの動軸押さえのネジが従台車の中心ピンを兼ねているので高さと距離が違っています。
この回転中心のネジは柔らかいコイルバネを入れて安定させます。
もう一つのネジは台車を押えるバネの中心ピンで、図には書いてませんがハトメを介してコイルバネを入れます。
先従輪も動輪と同様軸バネはベアリングですが、友人からもらった2x4を使います。
軸受下部に落ち止めの出っ張りがありますが、車軸のベアリングを内側にずらした状態で車軸を所定の位置に入れてからベアリングを側へずらして軸受にはめ込みます。
その状態で上部に図面一番下のストッパを差し込んでネジ止めするとベアリングがずれなくなって固定されます。

次回はギヤボックスです。

|

« 気分転換 常総鉄道8,9号を元に台湾総督府鉄道400を作ろうかなぁ 2 | トップページ | 気分転換 常総鉄道8,9号を元に台湾総督府鉄道400を作ろうかなぁ 4 »

模型」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

凄いです。
一から設計、イコライザーやベアリングまで全て最初に組み込む。模型ではなくリアルの鉄道車両や建築と同じ考え方ですね。現物あわせで苦しむより、こう在りたいものです。

投稿: ぶーちゃん | 2015年7月20日 (月) 12時44分

キットでは味わえない楽しみですが、これが本当に楽しい。
普通の常識にとらわれずに考えるのも楽しいですよ。
私はこうやって最初にある程度の検討をしてから作りますが、この方法だとやり直しが少なくて良いと思いますよ。
上周りはあまり図面は書きません、私はメカ屋と実感しますねぇ。

投稿: クラーケン | 2015年7月21日 (火) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/60807551

この記事へのトラックバック一覧です: 気分転換 常総鉄道8,9号を元に台湾総督府鉄道400を作ろうかなぁ 3:

« 気分転換 常総鉄道8,9号を元に台湾総督府鉄道400を作ろうかなぁ 2 | トップページ | 気分転換 常総鉄道8,9号を元に台湾総督府鉄道400を作ろうかなぁ 4 »