« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

一枚の写真から 31 5300-1

前回の5490と同時に輸入された機関車は、ちょっと軸距離の短いテンダ機関車です。
後の形式5300、トップナンバーではなく5312,5313号です。
製造は同じく1882年、製造番号も連番です。

同じものを4両とせず、タンク機関車とテンダ機関車、そしてほとんど同じボイラーで同じ動輪、車輪の位置関係がの違う機関車を2両づつ購入したのには、メーカー側の今後の増備を目論んだ提示と考えるのが良いように思います。

5490は軸距離が長く、急曲線は苦手ですが、重軸重で、本線での高加速の短区間のフリークエントサービス用、
今回の5300は短軸距離で急曲線に強く、支線にも入れる長距離の旅客列車用と考えられると思います、初めから日本鉄道向けを考えていたのかもしれません。

ではメーカー写真から
2161or216231or33north_western_museu

後の5500や6200等に比べて、なんだか動輪が前にずれていてアンバランスな感じですねぇ。
5490は動輪間にちょうど火室が入っていたのに比べ、この機関車は火室の中央に第2動輪が来る配置で、火室後部とキャブが後ろに出っ張っています。5490に比べて高速での乗り心地は劣ったでしょうねぇ。
5490も同じですが、このグループの機関車は英国製には珍しい4本スライドバーとなっています。アメリカ製ではさほど珍しくありませんが、イギリス製ではこの2形式以外では5450があるだけだと思います。

組立図
5300_53125313_619333285_a0_150l_4

このグループの機関車は幅関係が狭く、ランニングボード幅が2108.2mm、キャブの幅はスプラッシャと一体で1714.5mmしかありません、ランニングボード上を前から歩いてきても、キャブの横をさほど苦労なしで通れるようになっています。
1/80ではそれぞれ26.4mm、21.4mm、普通の車両の幅が35mmなので、8.5mmも狭く、スプラッシャと一体のキャブは16.5mmゲージではもはや模型化のしようもありません、13mmゲージでも各部の精度を上げて幅を厳しく作る必要がありそうですね。

炭水車です。
Beyer_peacock_5300t_53125313_619433

炭水車は日本の英国製では比較的珍しいタイプの石炭庫上板が前方で湾曲して床まで下がっているタイプ。
5500等ではおなじみですが、ピーコック製を除けば、5500のコピーの他にはあまりありませんね。
床板の下部の四角の構造物は床下の水タンクです。
これは6700の初期のものにまで採用されていますが、見た目以上に容量があり、重心も下がります。英国製によく採用されています。そのせいもあるのか、この炭水車は他の2軸の物に比べて軸距離が長いですね。

このグループは他の5300が1921年から960に改造される前の1914年に東武鉄道に払い下げられ、5300の形のまま生涯を全うしました。

東武時代の写真、27号(5312)昭和15年です。
21622719401229l

キャブが幅広く改造され、煙室は延長、煙突もパイプ型になっています。
スライドバーも1本棒式に改造されていますね。

昭和26年、平野和幸氏の撮影です。
21622719510323l

発電機が装備されて電灯化されたくらいで、それほど変わりませんね。

東武28号(5313)同じく昭和15年
21612819401011l_2

こちらのキャブは原型、スライドバーも4本のままです。

5300はこの他に2種類あります、それらは次回とします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

一枚の写真から 30 5490

7700に引き続き、BEYER PEACOCK特集で行きましょう。

最初に日本に来たこのメーカーの機関車は、後の形式5300と5490の各2両、製造は1882年(明治15年)で、製造番号は5490が2159,2160、5300が2161,2162と連番で同時製造のようです。

先ずは、製造番号の若い5490から。
2159or216027or29north_western_museu

日本唯一の4-4-0タンク機関車です。

組立図
Beyer_peacock_5490_54905491_61923_3

後の5500と構造面、主要寸法とも共通点が多く、設計の元になったと思われる。

日本到着後、新橋工場で組立られましたが、水タンク容量と制動力の不足が問題視されて神戸工場へ回送されて、テンダ式に改造されてしまいました。
しかし、改造は1884年、実に2年も放っとかれるんです。神戸工場のF.B.Wrihgtはやっかいな工事を押し付けられて、やる気が起きなかったんでしょうかねぇ。
日本では大した仕事をしていない感のあるライトですが、この機関車は優美な姿に生まれ変わりました。

明治中期
216028l

後にスプラッシャを前後に分割後1919年に廃車になり、5490は成田鉄道、5491は筑波鉄道に払い下げられました。

筑波鉄道4号
2160419290808_l

21604l_3

珍しい機関車の後ろから。
2160419360800l_2

手前はこの機関車の炭水車です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

一枚の写真から 29 7700北海道鉄道

7700の最後の2両は北海道鉄道が1903年に購入した機関車です。

もちろんBEYER PEACOCK製ですが、他の12両の7700とはかなり違っています。

今回の写真はあまり鮮明ではありませんが・・・
3488or34899or10north_western_muse_2

別バージョン
Cd1222_img0068l

サイドタンク無し、炭水車の台車が片ボギー、弁装置はワルシャート式と多くの相違点があります。動輪のバランスウェイトは前回の物は扇形でしたが、この2両は弓型。これは動輪の製造法が変わった表れで、1894年製は錬鉄の鍛造による製造、今回の物は英国でも鋳鋼が出来るようになって鋳鋼製に変わったと言う事で、工業的に大きな進展があります。

組立図。
Beyer_peacock_7700_77127713_9005630

第1動輪の砂箱が、シリンダ上から、シリンダ後ろの台枠間に変わりましたね。
先台車は前回同様ビッセル式ですが、左右の復元は前回が板バネだったのに対して、今回のはコイルスプリングですね。動輪のイコライザは同じ構造ですが、イコライザの反り方が逆ですね。第2動輪はフランジなしです。

この機関車の日本での写真は1枚しか持っていません。
34889_l

不鮮明ですが・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

一枚の写真から 28 7700

通常版の「一枚の写真から」です、久しぶりですね。

いつも珍しい写真を世界から見つけてくれるA氏が探し出してきた写真です。
官設鉄道E4、後の7700です。

7700

縦203mmx横367mmという大きな写真です。右上隅に独特な字体で7753と書かれています。

機関車本体と炭水車に銘板があります。
それのアップ
7700_2
左が機関車、右が炭水車。どちらも製造番号がありませんね。

裏面
7700l
色々書かれていますが、右下の印の拡大
7700l_2
BEYER PEACOCK & CO.LTD
             GORTON
       DRAWING OFFICE
             No.3-B-45
        MANCHESTER,16
            ENGINEERS
と読めますね。マンチェスター、ベイヤー・ピーコック社ゴートン工場の設計室の公式写真と言うことですねぇ。

この機関車も組立図があります。
Beyer_peacock_7700_77007711_77535_2
動輪直径1219mm、先台車はバネ復元のビッセル式、第1から第3動輪がイコライザでつながっています。
図の右下に7753と書かれています、メーカー写真の右上の番号ですね、この図面で書かれている数字の字体、特に「7」が特徴的ですが、英国の図面ではよく見る字体です。

日本での写真です。

3590153wicollection_1l

3590153wicollection_2l

シリンダの真上にあった大きな砂箱が少し後ろに移動しています、この2枚は同じ機関車ですが、キャブの日よけ板が外板の内外で違っていますね。

勾配線用のこのクラスはテンダ機関車であるにも関わらず、サイドタンクを持っているのが特徴ですが、図では分かりませんが、サイドタンクの左右をつなぐ太いパイプが見えるのでそこから分岐してインジェクタへ行くところに、テンダからの水管との切り替えコックがあると思います。
通常は炭水車の水を使うようにしていたら、機関車のサイドタンクの水がウェイトになって粘着力を増強できますね。

御殿場線や、東海道西部の勾配線で使われたようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

一冊の本 川崎車両のカタログ 9

川崎車両のカタログ、今回で最後です。

国鉄気動車キハニ36451、昭和6年製、36450は日車製、細かいところに違いがあって面白いですね。
058_36450l

国鉄はこれだけ、ここから私鉄です。

江若鉄道キニ6、昭和6年製
059_6l_2

淡路鉄道キハニ1、昭和6年製
060_1l

塩江温泉鉄道ガソリン動車、昭和4年製、日本唯一の標準軌間の気動車です、廃線後2軸電車に改造されて満州の首都新京市で路面電車として活躍したそうです。
063_l

次は外地、台湾総督府キハ201です。昭和7年製
061_201l_3

南朝鮮鉄道31、昭和6年製
062_31l

最後は貨車です。

テタ2705、レソ25269、オテセ9500
066_252692705_l

タキ2500、ワム41509、ト22616
067_41509226162500l_2

オチ21200、阪神急行電鉄ボールドウィン台車
068_21200l_4

原本では、この後、外地の貨車、橋梁、自動車等が続きますが、ここではこれで終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

一冊の本 川崎車両のカタログ 8

川崎車両のカタログ、私鉄電車の続きです。

阪神急行電鉄302、大正11年製の木造制御車です。
049_302l

大阪鉄道 3、大正12年製窓上の飾り窓と前面の窓、優雅ですねぇ。
050_3l

伊賀鉄道と書いてありますが、伊勢鉄道が正しいようです、モハニ106、昭和2年製です。
武蔵野鉄道322、前回の西武550と同じ大正15年製ながら、こちらはだいぶ無骨な感じです。
051_106322l_2

新京阪鉄道フイ501、昭和3年製、デイ100のお相手ですね。
052_501l

西武鉄道561、昭和3年製、前回の西武550の増備のようです。
小田原急行鉄道551、昭和4年製です。
053_561551l

新京阪鉄道フキ500、昭和3年製、昭和天皇の大礼のために作られた貴賓車です。
054_500l

吉野鉄道サハ303、昭和4年製
055_l

湘南電鉄デ3、昭和5年製、後に京浜急行の230になった物でしょうか。
056_3l

やっと電車が終わりました。

後は気動車と貨車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

一冊の本 川崎車両のカタログ 7

川崎車両のカタログ、今回から私鉄電車です。
1ページに2種類の物があるなど、分類が困難なのでページ順で紹介します。

阪急電鉄601、大正15年、日本初の量産全鋼製電車です。ポールからパンタグラフへの過渡期のものです。
041_601l

豊川鉄道23、大正15年川崎タイプです、後国鉄に買収され、クハ5601になった。
西武鉄道550、これも大正15年製で同型は10両。
042_23550l_2

南海鉄道154、昭和2年製阪堺線向けの路面電車。
目黒蒲田電鉄203、昭和2年製
043_154203l

上田温泉電軌101、大正15年製楕円窓が良いですね。
仙台市交通局11、昭和2年製の路面電車
044_10111l

兵庫電気軌道1、明治43年製、後に山陽電鉄になりました。
吉野鉄道100、吉野鉄道4、後の近鉄ですね。
045_11004l

神戸姫路電気軌道9、後の山陽電鉄の明石-姫路間の電車です。
京阪電気鉄道100、神戸姫路電気軌道302、艤装前でシムに乗っています。
046_9302100l

神戸市電気局189、南海鉄道125、神戸市電気局532
047_189532125l

大阪電気軌道75、大正12年製
048_75l

私鉄電車は次回も続きます。

どうにも電車はわからなくて・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

一冊の本 川崎車両のカタログ 6

川崎車両のカタログ、今回から電車です。

国鉄の電車は3形式
デハ73203、後のモハ30です、国鉄最初の鋼製車のグループです。
032_73200l
この頃の電車は電気設備の艤装を電気メーカーが行っていたので、川崎での製造はここまで。この後、電気機器メーカーへ回送されます。

次はサロ73101、後のサロ35です。青帯が美しいと思います。
034_73100l

次はサハ73501、後のサハ38
033_73500l

国鉄の電車はこれだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

一冊の本 川崎車両のカタログ 5

川崎車両のカタログ、内燃、蓄電池機関車、国鉄の客車です。

国鉄DB10と、鉄道省6t蓄電池機関車です。
DB10は昭和7年製です、反対側のボンネットはラジエータなしです。
蓄電池機関車は、国鉄工場内用。
昭和7年製ですが、近年の物と見た目はさほど変わりませんね。
030_6tdb10l

八幡製鉄所D200、昭和6年製150馬力ディーゼル機関車
029_150l
こういうジャック軸付の機関車好きです。

帝室林野局4tガソリン機関車、昭和6年製、木曽森林鉄道向け。
2.5t積ガソリンモーターカー、昭和50年代までよく見かけましたね。
031_25t4tl

次は客車です。

大型客車ナハ24547、この当時の形式はナハ24400ですが、昭和3年に形式ナハ22000になったので番号が変わります。
ナハフ25925、これも同類の客車ですが、形式ナハフ25500は昭和3年も変わらりませんでした、初期のタイプです。
038_2454725925l

ナロ31766、表記はホロになっていますが、国鉄正式には「ナロ」です。上記と同様大型客車で、形式はナロ21700です、両数が増えたため、21850と言う形式があるので、21811の次は31700の番号になり31894まで行きました。このように番号がややこしくなったため、昭和3年の改番で、木造客車は20000代まで、鋼製客車は30000以降と変わりました。その改番でナロ20850形に変わりました。
037_31766l

ホユニ27620、実際の登場は「オユニ27620」となったようです。この形式のトップナンバーです。郵便車の帯が目立って綺麗ですねぇ。
040_27620l

ここから鋼製客車です。
オハ44401、昭和3年にオハ32000、昭和16年にオハ31と形式が変わった、国鉄の最初の鋼製客車のグループの三等車の2両目ですね。当時はひずみ取りが出来なかったのか、結構ベコついていますね。端バリの太いホースは、真空ブレーキの貫通ホースです。
036_44400l

オロ41701、上記と同類の2等車です。
035_41700l

マロネフ37553
039_37553l

今回は以上です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

一冊の本 川崎車両のカタログ 4

川崎車両のカタログ、旧版図、国鉄の電気機関車と、私鉄の電気機関車です。

南満州鉄道51号、1926年、73t300psの電気機関車です。
撫順炭鉱で使用されました。
021_73tl
国鉄の電気機関車、EF52です。昭和6年製
020_ef52l
ED16、昭和6年製
028_ed16l
ここから私鉄
富士身延鉄道200、大正15年製、後に国鉄ED20になる。
022_55tl
小田原急行電鉄デキ1、大正15年製
023_40tl
武蔵野鉄道デキカ22、昭和2年製、後、西武E21となる
024_40tl
これらは、川崎重工兵庫工場90年史の写真とは角度が違います。

吉野鉄道52号、昭和4年製、有名な近鉄デ52ですね。
027_48l
伊賀鉄道1号、大正15年製、後に近鉄デ8となりました。
日本電力4号、大正14年製、左右に分かれたボンネットが特徴で、加越能鉄道、京福電鉄福井支社、富山地方鉄道へ譲渡された。
025_2025l
日本電力5号、大正15年製10t電気機関車
富士電気鉄道17号、後の富士急です、川崎最初の電気機関車で大正13年製 5t電気機関車
026_10_5l
日本電力5号は川崎重工兵庫工場90年史に載っていない貴重な写真ですね。

電気機関車はこれだけです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

一冊の本 川崎車両のカタログ 3

川崎車両のカタログ、国鉄の蒸気機関車と、私鉄の蒸気機関車です。

国鉄の機関車もこの辺りになると目新しさがありませんが・・・

C53、昭和3年製
014_462_c53l

C54、昭和7年製
018_c54l_2
C11、昭和7年製。
017_c11l

次は私鉄等の蒸気機関車です。あまりありませんが全部紹介します。

大井川鉄道16号、昭和6年製、48tと私鉄用としては大型に属します。
016_262l
この写真は川崎重工兵庫工場90年史の写真とは角度が違います。

次は、八幡製鉄325号、昭和10年製35t、このカタログではこの辺りが最新のようです
015_060l
最後は、台湾の大日本製糖16号と、龍ヶ崎鉄道4号です。
019_080_060l
龍ヶ崎鉄道4号は現在も保存されていて、有名な機関車ですね。

蒸気機関車はこれでお終い。

後、電気機関車やディーゼル機関車、電車等、まだまだあるんですがどうしましょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »