« 北丹鉄道2号機のレプリカ | トップページ | 加悦SL広場へ行ってきました 2 »

2015年5月 2日 (土)

加悦SL広場へ行ってきました 1

4月26日(日)、親しくさせていただいている仲間たちと「加悦SL広場」へ行きました。

加悦へは何度も行きましたが、鉄道廃止後の「加悦SL広場」へは4度目くらいでしょうか。

今回は比較的近年の変化を車両順に簡単に紹介していきましょう。

まずは2号から。

加悦鉄道2号は、簸上鉄道が国鉄から払い下げられた120形123号が前身です。
明治7年の阪神間開業に向けてイギリス、ロバート・スティーブンスン社から輸入された機関車です。
最初は、鉄道がまだ現役の1982年8月13日加悦駅です。
Bc011_19820813_10_50
露天のせいもあり、少々色あせていますが、明治中期の大改造からほとんど変わっていない端正な姿です。
煙突キャップに大きなヒビが入っていますね。

次は2002年9月15日撮影、元鉱山駅跡に新たに作られた「加悦SL広場」での姿
煙突キャップは修復されています。ここからデジカメです。
20020915

2005年9月24日、雨です、ちょっと色あせていますがドームは磨かれています。
200509241
2005年6月に国の重要文化財になったそうです。

今回の写真
201504261_50
屋根が付きました。保存のためには良いことですが、写真は撮りにくいですね。
ですが、保存のためなので良しとしましょう。

もう1枚
201504262_70
屋根の下なので、明るく撮りました。
良いプロポーションですねぇ。

2号はここまでです。

この機関車を含む120形蒸気機関車についてはここも参照願います。

|

« 北丹鉄道2号機のレプリカ | トップページ | 加悦SL広場へ行ってきました 2 »

加悦鉄道」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/59851445

この記事へのトラックバック一覧です: 加悦SL広場へ行ってきました 1:

« 北丹鉄道2号機のレプリカ | トップページ | 加悦SL広場へ行ってきました 2 »