« 十三クラブ(13ミリゲージ同好会)の運転会に行ってきました | トップページ | 一冊の本 神戸税関海陸運輸連絡設備概要 »

2015年4月 2日 (木)

一冊の本 鉄道に関わる論文

一冊の本、今回は趣味の範囲を超えた技術論文の世界です。

元々、私のように浅学菲才で愚鈍な輩にとって、学問に通じる論文という物は、ほとんど縁のない存在なのですが、
私のような者に紹介してくださる方が居られまして、大阪市立大学教授の坂上茂樹氏とお付き合いをさせていただく光栄に浴する関係となりました。

氏の多くの著書や論文には鉄道に関係するものも少なくなく、技術を専門的に研究される方や該当する事例について探求したい方の欲求に十分に応えられるものと思います。

まず、市販の刊行物から。
絶版の物もあるようですが、入手可能なもの。

ある鉄道事故の構図-昭和15年安治川口事故の教訓は生かされたか
    2005年刊行、西成線安治川口駅でキハ42000が転轍機途中転換で
    脱線横転横転した事故についての考察とその後の対策の検証。

鉄道車輌工業と自動車工業 (近代日本の社会と交通)
    2005年刊行

舶用蒸気タービン百年の航跡
    2002年刊行、日本と世界の蒸気タービンについて
    非常に詳しく研究しています。

次は、大阪市立大学の論文です。
以下は、大阪市立大学学術機関リポジトリで、「坂上 茂樹」で検索するとリストアップされます。各論文を選んで「本文(PDF)」横のアイコンで「対象をファイルに保存」でダウンロードできます。

この中から、鉄道に関するものと、航空機等の内燃機関に関する論文は以下のようなものがあります。
1、C53型蒸気機関車試論〔訂正版〕
      私が最初に坂上教授の論文に接した物です。
      名機と呼ばれるC53について、
      その実態を技術面から徹底的に研究した論文、
      海外の3気筒機関車との比較や構造、動作面からの細かい検証
      目から鱗が落ちますよ。

2、鉄道車輌用ころがり軸受と台車の戦前・戦後史
       鉄道車両用ころがり軸受の黎明期から戦後の発展期までの、
       産業、構造等の発展を追って非常に詳しく掘り下げた労作です。

3、国鉄湘南型電車の台車ならびに車軸軸受について
       2項の続編ともいえるもので、80系電車の各台車の構造説明と
       軸受周りの検証。

4、途中転轍事故とデテクタバー : 線路の側から見た安治川口事故の要因に関する一試論
      上記刊行物の安治川事故の線路側から見た原因究明。

直接鉄道に関わるものはこれくらいでしょうか、他にエンジン関係等多くの論文がありますので列挙します。(順不同)
1、三菱航空発動機技術史 : ルノーから三連星まで
2、三菱内燃機・三菱航空機のV及びW型ガソリン航空発動機
3、日本内燃機 “くろがね” 軍用車両史
4、陸軍車両用池貝渦流室式高速ディーゼル機関について
5、Rolls Royce 初代 Eagle 航空発動機について : その戦後改良に見
  る動力技術進歩の内部構造
6、スミスモーター再論 : わが国におけるモータリゼーションの忘れら
  れた原点を顧て
7、戦前・戦時期の国産中・大型自動車用機関について
8、三井鉱山 三池ならびに田川瓦斯発電所について   

大阪市立大学学術機関リポジトリには、他にも多くの論文があります。  

坂上茂樹教授関係の論文の紹介は以上ですが、

鉄道研究に興味がある方は、青木栄一氏、堤一郎氏等の論文ぜひお勧めします。
ダウンロードできるものがありますので、検索してみてください。

|

« 十三クラブ(13ミリゲージ同好会)の運転会に行ってきました | トップページ | 一冊の本 神戸税関海陸運輸連絡設備概要 »

一冊の本」カテゴリの記事

内燃機関車」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

鉄道車両の機構」カテゴリの記事

コメント

以前クラーケンさんに教えてもらって何点か読みました。
国鉄関係者のお手盛り回想録をうのみにしていた自分にC53の著作は国鉄の技術レベルがかなり低いことを教えてくれました。安治川事故の論文では読んでいるときにJR北海道で推進軸が燃料タンクを損傷する事故があり教訓は生かされていない思いでした。
坂上氏が福知山の事故を検討されればどんな結論となるのでしょうか。

投稿: どぶちゅー | 2015年4月 3日 (金) 21時10分

「C53型蒸気機関車試論」を読んでみました。PDFで300頁以上もある大冊なので読破するのに半日ぐらかかりましたが、それだけの価値はある論文でした。
いわゆる国鉄史観が「技術史の皇国史観」といわれているのも、昭和の初めから日本が政治的にも第二次世界大戦に突入していくのと軌を一にしていたような気がします。
私のような明治の英米主体の輸入機関車から大正・昭和の国産蒸機へ移行していった時代の鉄道に興味をもつものにとっては、非常に興味深い論文でした。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2015年4月 5日 (日) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/59502567

この記事へのトラックバック一覧です: 一冊の本 鉄道に関わる論文:

« 十三クラブ(13ミリゲージ同好会)の運転会に行ってきました | トップページ | 一冊の本 神戸税関海陸運輸連絡設備概要 »