« 一冊の本 神戸税関海陸運輸連絡設備概要 | トップページ | 一枚の写真から 27-2 終戦直後の神戸の写真 2 »

2015年4月11日 (土)

一枚の写真から 27-1 終戦直後の神戸の写真 1

久々の「1枚の写真」は、前回に関連して神戸関係です。

今回の写真は、いつも私に貴重な写真を提供してくれるA氏が米国で見つけてきたものです。
原版はガラス乾板で、恐らく進駐軍の一員として来日した兵士が撮った写真と思われます。

一部を残して撮影場所等の特定ができたので、まず地図を掲載します。
終戦当時の地図は持っていないので、手持ちで戦後の一番古い地図です。
19531966l40

地図に日付がないのですが、神戸市電の記述等により、昭和28年から41年の間の物とわかります。
その市電も含め、なかなか興味深い地図です。
黒の矢印は当時のビルの名前、青の矢印は撮影方向です。

では、写真を載せていきましょう。
地図の番号と各項の番号が対応しています。

1 神戸商工会議所
正面の額に「HQ CO ASCOMO」と書かれています、クリスマスのようですね。
1_007_hq_co_ascomo_17
近年まで残っていましたが残念ながら1987年に解体されてしまいました。

2 神戸市立生糸検査所
手前の入り口に「33 DIVISION ORDNANCE OFFICE」と書かれていますね、
第33兵器事務所って事でしょうか。
2_001_33_division_ordnance_office_1
有名な神戸税関の東向かいに現存する建物です。

3 神戸市立生糸検査所から北を見る(現フラワーロード)
3_004
手前は道路を仕切って守衛が居ますね、この当時ここから南は米軍のスペースとされていたんでしょうね、ちょっとわかりにくいですが左の塀が途切れた所に臨港線の踏切があります。
その向こうの路面の線路は昭和41年に廃止になった神戸市電税関線の終点ですね。

4 神戸税関の南に位置する、三菱倉庫屋上から北東方向
4_002
左端は神戸税関、その向こうは2項の神戸市立生糸検査所、右は新港相互館です。
線路は突堤へ行く線路で、一番手前の貨車はワ1、その右3両はワム1またはワム3500ですね。

5 三菱倉庫屋上から北方向
5_005
手前の線路は突堤へ行く線路です、トキ900とト20000ですね。
写真中央の長い塀は臨港線と思われます。

6 三菱倉庫屋上から第3突堤基部
6_006
前回の図面の倉庫等がよくわかります。

7 三菱倉庫屋上から第3突堤基部と第4突堤
7_009_3
三菱倉庫屋上が少し見えています

8 三菱倉庫屋上から第3突堤基部と第4突堤
8_010_4
第4突堤のP岸壁とO岸壁がわかります、軍用船ばかりのようですね。
手前のクレーンがえーなぁー

もう少しありますが、残りは次回とします。

|

« 一冊の本 神戸税関海陸運輸連絡設備概要 | トップページ | 一枚の写真から 27-2 終戦直後の神戸の写真 2 »

一枚の写真から_」カテゴリの記事

コメント

クラーケンさん こんにちは。どうもです。

貴コラムと関係ない書き込みで恐縮です。

つい最近に「蒸機」模型をさわり始めまして。。。
現在「つぼみ堂Bテンダー(風))を作っております。模型写真を見本にHOナロー9ミリで。。。
これは必ず完成させたいと思っております。


☆☆☆ご存知のように
前(17輛目)は「芦別森林鉄道 テンダー蒸気機関車(風)」で
「。。。らしいモノ」は完成しております。


☆☆☆ところで、
他に「B型テンダー」や「B−1型テンダー」って他に存在しますか?


小生、「おもちゃ」レベルのモノでしたら工夫して作れる可能性がありますので、まことに恐縮ですが、そういったアイテムがございましたら、ご紹介願いませんか!?
B型テンダーの方が適材ですが。。。(汗


どうぞ、よろしくお願いいたします。


☆☆☆追伸
「B−1型」の模型化は忘れておりません。(汗


投稿: 隊員 | 2015年4月11日 (土) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/59599382

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の写真から 27-1 終戦直後の神戸の写真 1:

« 一冊の本 神戸税関海陸運輸連絡設備概要 | トップページ | 一枚の写真から 27-2 終戦直後の神戸の写真 2 »