« 一冊の本 シキ170について 2 | トップページ | 一冊の本 鉄道に関わる論文 »

2015年3月30日 (月)

十三クラブ(13ミリゲージ同好会)の運転会に行ってきました

この土日、大阪で十三クラブ(13ミリゲージ同好会)の運転会がありました。

直前に出張があり、カメラのバッテリーが切れてしまいましたので、写真が有りませんがご容赦ください。

今回も多くの参加者があり、多くの友人、初対面の多くの方々とも歓談を楽しませていただきました。

私が特に興味をもつ機関車の分野でも素晴らしい作品を見せていただき、改めて13mmゲージの優位面を再認識させられました。

日本の多くの蒸気機関車は1/80で16.5mmゲージで製作する場合、実感にこだわって作ろうとすれば幅方向でかなり苦労しても最大幅の狭い古典機関車等ではどうしてもスケールの幅を確保できないことが多く、また構造上どう考えても模型化不可能な車両も存在します。

13mmゲージにすればそのような苦労をせずに幅方向はほとんど問題なくスケールの機関車を作ることができるのではないかと考えております。

アメリカ製の機関車は16.5mmゲージでもシリンダ間隔が広げられるので大丈夫と考える方が居られるようですが、正面からのシリンダとボイラの三角関係が重要と思います、シリンダ中心距離を広げてしまうとその三角が扁平になってしまい、イメージが崩れてしまいます。

そういう機関車を16.5mmゲージでシリンダ中心間隔を限界まで狭くしてプロポーションよく作りたいと思っておりますが、13mmゲージで、無理なく作るのも楽しいかと思います。

前回の運転会に行かせて頂いた時もそうですが、俄然13mmゲージの魅力にとらわれている状況ですね。

このところ、ちょっと模型を作れる環境が整っていないのですが、工作をしたいですねぇ。

お招きいただいた十三クラブの皆様大変お世話になりました。次回もよろしくお願いいたします。

また、お話にお付き合い頂いた方々、ありがとうございました。
今回初めてお話しさせていただきました方々、私はバカで、お名前とお顔を記憶するのが苦手ですので、お暇なときにでもメールをいただければありがたいと思っております。

|

« 一冊の本 シキ170について 2 | トップページ | 一冊の本 鉄道に関わる論文 »

13mmゲージ」カテゴリの記事

友達」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
貴メール宛てにアルバムサイトのURL送っておきましたから暇な折にでも覗いてみて下さい。

皆さんの凄い作品を拝見して、打ちのめされていましたが、気を取り直して無火のバルブギアまわりにかかっています。

投稿: railtruck | 2015年3月31日 (火) 12時52分

railtruck様
ありがとうございました。メールでお礼をしようと思いながら、忘れていました。
しかしすごい機関車もあるものですねぇ。復元作業をしているようなので動態になるのかもしれませんね。

私もすごい作品たちに当てられて、作りたい病が噴出しています。

投稿: クラーケン | 2015年4月 1日 (水) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/59454927

この記事へのトラックバック一覧です: 十三クラブ(13ミリゲージ同好会)の運転会に行ってきました:

« 一冊の本 シキ170について 2 | トップページ | 一冊の本 鉄道に関わる論文 »