« 一枚の図面から 37 機関車編 1100とその仲間 1060 1次 | トップページ | 一枚の図面から 39 機関車編 1100とその仲間 1040 »

2014年12月25日 (木)

一枚の図面から 38 機関車編 1100とその仲間 1030

まず、この写真を見て頂きましょう。

1391103019360800l

 非常に均整のとれた英国生まれらしい機関車ですね。
反対側から見ても一部の隙もなく・・・

1391103019370000l

1100のスティーブンスン式弁装置付きの2次タイプを元に、内側弁室にした感じで、
ちょっとしつこいですが、全くオーソドックスな機関車です。

 この機関車は、1896年に1050を輸入した中越鉄道が、イギリスのエイヴォンサイドで1898年に1両のみ作られた物を購入しました。
「製造させた」ではなく「購入した」と書いたのは、中越鉄道に入ったのが1900年で、1、2年のブランクがあるからです。

 1100とは動輪軸距離が前後入れ替わっておりますが、圧力が少し低いだけで、ほとんど同じ仕様です。
研究者の誰もが東京市役所等と同じく、1100の資料を提示して作らせたと思われておりました。

ところが・・・・

 金田茂裕氏が、イギリスから竣工写真と組立図を取り寄せてみると、間違って全然違う機関車の物が送られてきたのです。

これです。
13914hunslet_engine_col
例によって、金田茂裕著「形式別国鉄の蒸気機関車  Ⅰ/Ⅳ」からです。

組立図
1030170
イギリス本国によくあるタイプの産業用のサドルタンクですね(ゲージは違いますが)。

 組立図の右下、メーカー名の上に、小さな文字で、「En.No. 1391」と書かれています。
この番号は、現車の銘板に書かれていた製造番号と一致しましたので、まさにこの機関車の図面と写真と言う事になります。

 改めてよく見直した金田さんは、各部に共通点を見つけ、これこそがこの機関車の本来の姿だ!、と結論を出しました。

 最初の2枚の写真と竣工写真を比べてみてください。
 動輪のバランスウェイトが違いますが、後の写真をよく見ると、ウェイト部にリベットが見えます、これは原形の物に対して重くするように改造した表れ。
それ以外、下周りは同じですね。
 継ぎ目のあるドーム、イギリス製では普通見かけませんが、竣工写真のドームを使って継ぎ足した考えられます。その時に安全弁との相対位置を少し下げたので安全弁が飛び出しました。この構造は組立図で分かりますね。
 煙室も煙突も全く同じです。特徴的なキャブのステップ、リヤタンクも同じですね。
 砂箱は角形の物がボイラー上に乗っていますが、これは1050等も同様で、中越鉄道のオリジナルのようです。

 サドルタンクを一般的なサイドタンクにして、それに伴い運転室も作り変えたと考えれば、1、2年のブランクの期間に改造は十分に可能と思われます。

 形式5は1898年、流山のサドルも同じ1898年で、この当時サドルタンクを持った機関車は1290以外無かったと思われ、見たことがない異様な形と写って買い手が付かなかったから、一般的な形に改造をしたんじゃないかと思うんですが、全く推量です。

 たった1両ですが、中越鉄道が1920年に買収されて1030になり、1923年に阿波電気軌道(後に阿波鉄道)に払い下げられ、1933年に阿波鉄道が国有化されて、再度国鉄籍になりましたが、その時には1030と言う番号は使われていたので、形式は「ア6」で番号が1030と言う特殊な番号扱いとなりました。

 上から2枚目の写真は1937年撮影ですが、その年に廃車されました。

|

« 一枚の図面から 37 機関車編 1100とその仲間 1060 1次 | トップページ | 一枚の図面から 39 機関車編 1100とその仲間 1040 »

一枚の図面から」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

私は英国型サドルタンクというか「パーシー」が大好きなので、ぜひこの1030形原型は是非つくってみたい機関車です。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2014年12月26日 (金) 00時56分

ゆうえんさん
日本で言えば、ホーソーンの日亜製鋼の2号でしょうか、こちらはB型なので、よりパーシーに似てますよね。
しかし、パーシーってサドルタンクと言うより、ボイラーの周り全部が太くなっていてものすごく変ですよね。元々は普通のサドルタンクと思うけど、オリジナルを知らないのでひょっとして・・・?

投稿: クラーケン | 2014年12月26日 (金) 01時14分

パーシーのモデルになったといわれる機関車はGWRのNo1340というエイヴォンサイド製のBタンクらしいです。
http://www.didcotrailwaycentre.org.uk/locos/1340/1340.html
1897年製で製造番号は1386なので、1030とは非常に近い関係?にありそうです。
ボイラー周りが太いというのはディフォルメでしょう。とくにトミックスNゲージのパーシーは太いように感じます。動力装置のためでしょうか?

投稿: ゆうえん・こうじ | 2014年12月27日 (土) 01時18分

ゆうえんさん、情報ありがとうございます。
パーシーのオリジナルは残ってるんですねぇ。
サドルタンクは面白いです。
アメリカのですが、ちっちゃいのに手を出したら面白くて・・・
おもちゃの世界は興味ありませんが、パーシーで画像検索すると、サドルタンクが1周してるようなのが多くて「なんだろう」と思った次第です。

投稿: クラーケン | 2014年12月27日 (土) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/58367909

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の図面から 38 機関車編 1100とその仲間 1030:

« 一枚の図面から 37 機関車編 1100とその仲間 1060 1次 | トップページ | 一枚の図面から 39 機関車編 1100とその仲間 1040 »