« キットの製作 オハ32000(31)系の製作 15 | トップページ | キットの製作 オハ32000(31)系の製作 17 »

2014年11月 4日 (火)

キットの製作 オハ32000(31)系の製作 16

屋根の部品、コピーして作ります。

先ずは、コピー元をt0.4の板に軽く半田付け。
1410314l

上端は特に精度がいらないので、板の切り口をそのまま使います。

切り抜き完了。2枚が重なった状態です。
1411011l

分離。
1411012l

元の物に比べてひずみが無くてきれいです。

車体に付けて、渡しの丸棒を付けて、下屋根の不要部分を切って・・・
1411021l

ここまでで1時間半。

探し回った時間よりよっぽど短いねぇ。

やっぱりさっさとあきらめて作ったら良かったなぁーー。

|

« キットの製作 オハ32000(31)系の製作 15 | トップページ | キットの製作 オハ32000(31)系の製作 17 »

キットの製作」カテゴリの記事

客車」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

だいぶすすんでいますね。まとめて12両はすごいです。
探し回るのを諦めて作ると、思わぬところから出てくるのですよね。

エアーロコは後進で引っ掛かりが取れないので、取り敢えずバルブギアを外してキャブ周りをやっつけています。

投稿: railtruck | 2014年11月 5日 (水) 01時43分

railtruckさん
そうなんですよ。
散々探して見つからないので、あきらめて作ったら、その直後に見つかるってありますよねぇ。
エアーロコ、すごいです。
ほんのわずかな事で引っかかるんですよね。
大形機なら巨大なモーターで無理やりごまかすって事も可能でしょうが、小さい機関車は大変ですねぇ。

投稿: クラーケン | 2014年11月 5日 (水) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/57888876

この記事へのトラックバック一覧です: キットの製作 オハ32000(31)系の製作 16:

« キットの製作 オハ32000(31)系の製作 15 | トップページ | キットの製作 オハ32000(31)系の製作 17 »