« キットの製作 オハ32000(31)系の製作 6 | トップページ | キットの製作 オハ32000(31)系の製作 8 »

2014年10月 3日 (金)

キットの製作 オハ32000(31)系の製作 7

今回は側板の続きで、雨トイの取り付けです。

前回取り付けた帯板に重なる格好ですが、雨トイ上部は、屋根の上に少し出ますので、下屋根の板厚や丸みを考慮して、側板より0.6mm上に出して付けます、取り付けには簡単な治具で上に出る量を規制しました。
1410022l

全部で24枚。いつもの事ですが、枚数が多いのでキサゲ作業が疲れますが、何とか全部やってしまいました。

拡大
1410023l

雨トイはアダチ製です、これは、この時代の物にピッタリですね。

高さが上がったので、一番上のリベットの上に空きが目立ちます、本来は、ここの雨トイ下のギリギリのところにリベットが有るので、これくらい空くのは正解と言う事になります。

もちろん篠原(きがらや)製はギリギリのところにリベットが付き良い感じです。

ここで、内妻と下屋根等との関係のイメージを見るために、テープを使って簡単に組み立ててみました。

1410024l

デッキ部
1410025l

イメージ通りの感じです。

内妻上部と下屋根戸の隙間が今回嵩上げした分です。

床板はデッキ部も中央部と一体にして、後からはめ込む構造にします。

シルヘッダーは箱になってから付けるので、次は、側、内妻、下屋根を一体化させることになりそうです。

ついつい・・・・・
1410021l

こんなの、一晩で設計完了。

|

« キットの製作 オハ32000(31)系の製作 6 | トップページ | キットの製作 オハ32000(31)系の製作 8 »

キットの製作」カテゴリの記事

客車」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

あれ、その勢いでしたらそのオハ31系運転会に間に合いそう!ついついの設計を封じたら?

投稿: 三木の干し殺し | 2014年10月 3日 (金) 22時34分

出来の悪いキットは、葛藤の連続で結構疲れるんよ。機関車も作りたくなるけど、これもキット、珊瑚製よりはかなりましやけど、どーしよーかなぁ。
どっちみちここからが時間が掛かるんで、あと20日ちょっとでは無理と思うよ。

投稿: クラーケン | 2014年10月 4日 (土) 03時52分

先日はお疲れ様でした。

12両まとめてですか?すごい馬力ですね。とても太刀打ち出来ません。

私としては「ついつい・・・」の方も大いに気になります。

拙作の形式5はその後、キャブインテリアをでっちあげ、一応生地完成しました。
年内にポーター・エアロコの方も出来ればと思っていますが、おそらく風呂屋の釜でしょうね。

投稿: railtruck | 2014年10月 8日 (水) 14時46分

railtruckさん
凄い、形式5!、完成おめでとうございます。

量産はあんまり好きではないんですが、ついついキットを買ってしまって・・・
キットは葛藤ばかりで面白くないんですが、railtruckさんばりに自分なりに作り替えると面白くなってきますね。
機関車の方は、気分転換にちょっと書いてみたんですが、気分も切り替わったので、もう少し先になりそうです。
ポーターのエアロコ!ジャンジャン作ってくださいね。

投稿: クラーケン | 2014年10月 8日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/57559005

この記事へのトラックバック一覧です: キットの製作 オハ32000(31)系の製作 7:

« キットの製作 オハ32000(31)系の製作 6 | トップページ | キットの製作 オハ32000(31)系の製作 8 »