« 所属クラブの運転会 2014 | トップページ | キットの製作 オハ32000(31)系の製作 14 »

2014年10月28日 (火)

キットの製作 オハ32000(31)系の製作 13

昨年、10月28日にこのブログを立ち上げて1年が経ちました。
おかげさまで、予想をはるかに超える14万を超えるアクセスを頂き、驚いております。
ここまで続けられたのは、これをご覧の皆さんの激励の賜物と感謝致します。

これからも1年1年、実物の資料や駄作模型の数々、続けさせて頂きたいと思いますので、ご指導ご鞭撻、よろしくお願い致します。

さて・・・

ちょっと間が開きましたが、屋根の続きです。

今回は上屋根と下屋根の間のモニター窓部を付けます。
さぁ付けようと思っていると、端部が何かおかしい。
前後を入れ替えて2枚重ねると重ならない!!
右の写真のように高さが0.5mm以上の違いがあります。なぜ?
14101612ll

これは近年のエッチング抜きになった物だけですがおかしなことですね。
ちなみに、旧製品のプレス製品は、この端部の形がこれとは異なっています。

どうしてこんな物になるのでしょうか?、本当に理解不明です。
端部は何とか無理やり付けました。
1410163l

奥は半田付けした状態、手前はキサゲをして仕上げた状態です。

妻板の上部のカーブと合わせます。
1410164l

1410165l

側板を上にあげたので、上部に隙間が空きますが、雨トイでふさげるかなぁ・・・

|

« 所属クラブの運転会 2014 | トップページ | キットの製作 オハ32000(31)系の製作 14 »

キットの製作」カテゴリの記事

客車」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/57767204

この記事へのトラックバック一覧です: キットの製作 オハ32000(31)系の製作 13:

« 所属クラブの運転会 2014 | トップページ | キットの製作 オハ32000(31)系の製作 14 »