« 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-1 高森線 第一白川橋梁 1 | トップページ | 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 8 高森線 立野橋梁 »

2014年6月 8日 (日)

一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-2 高森線 第一白川橋梁 2

今回は、高森線の第一白川橋梁を、鉄道設計図表全集 橋梁の部からの図面で紹介いたします。

雄大な構造物ですので、図面も多くて、12枚です。
順に見ていきましょう。
P204
本の順序とは違いますが、全体の構造です。
左が山側、右端が橋梁の中央です、右端を中心にこの図が裏返って向こう側になります。
総重量637.868トンと書かれていますね、大きさの割に軽い?
クーパー荷重はE33です、最大軸重は15t。
ここから詳細図です。
P193
拡大図各部の○の中の記号は、上図及び右の配置図に対応しています。
一番山側の起点の所ですね。
左下は斜めになっていますが、この図は上から見た図です。
 
P194
橋脚部です。
全体の重量の半分が右端の一点に集中します、500トン位を設定しているのでしょうか。
P195
アーチ部です、結構重要な場所だと思います。
この工程は、「汽車会社蒸気機関車製造史」1972年汽車会社刊行に写真があります。
P2701l
何とも恐ろしい作業ですね。
右端はスキャン時の紙の曲りです。
P196
橋梁中央部、下のビームは圧縮荷重、上のビームは引張荷重、その力のせめぎあいを斜めの筋交いで補強します。ベクトル図のままの構造ですね。
基本工程の最後に入れたビームはこの図の範囲のどれかでしょうね。
この工程の写真です。
P2702l
もうじき繋がるというわくわくする時ですね。中央部は隙間を開けています。
この図はアーチの上で、線路が引かれるガーター桁です。
P199
アーチ部の断面図です。
P200
橋脚部の最も高い部分の断面
P201
P198
この図面の右上のバタフライジャッキは、鋼製アーチ橋独特かもしれませんね。
まだつながっていない時に、これで一部の径間を拡縮して、細かな誤差を吸収したり、中央部で最後の部材を入れる時に、先端部を広げて、入れやすくするんじゃないかと思います。
最初の図面に書かれています、これは、中央部がつながった後、寸法調整の上、ジャッキの下の図のビームに置き換えられます。
これも写真があります。
P2703
右端のビームが曲がってるように見えますが、製本のせいで紙が曲がっているだけで、ビームは水平です。
ここからは各部の構造です。
P197
P202
P203
図面は以上です。
「汽車会社蒸気機関車製造史」にエピソードとして、
「架橋が進んで最後の結合材を入れることになったのは、7月の暑い午後のことであった。ところが隙間が少なくてそれが入らない。立ち合いの人の中には嘲笑する者もあったが、現場の当社監督員は少しもあわてず、翌朝改めて作業をやりなおした。すると前日はどうしても入らなかったその部材が難なく入ってしまい、作業を担当した鳶職の親方は喜びのあまり61mの桁の上で踊りだしさえした」と書かれています、
温度差と鉄の熱収縮を利用した話として記録に残っているそうですが、
技術者の感覚で考えれば、こんな事は当然の話で、上の中央部の写真でもバタフライジャッキで引っ張って中央部は十分に広げられているので、
問題などなかったのに、ちょっと演出をしたんじゃないかと邪推したりしますが・・・

|

« 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-1 高森線 第一白川橋梁 1 | トップページ | 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 8 高森線 立野橋梁 »

一冊の本」カテゴリの記事

鉄道施設」カテゴリの記事

コメント

面白かった!coldsweats01

投稿: うっかりバロー兵衛 | 2014年6月 8日 (日) 06時24分

うっかりバロー兵衛さん
興味を持っていただいてなによりです。

投稿: クラーケン | 2014年6月 8日 (日) 08時32分

まいど
これを1/45で作ったら4M弱、、、
部屋で作ったら、表に出せヘンやろねーーー
 一度Sさんの鉄橋見て見たい!!!

投稿: ハタ坊 | 2014年6月 9日 (月) 02時42分

4mって!
そりゃあ1/45じゃぁきついでしょうねぇ、
Sさんのはちょっと縮小して1.6mと言ってたように思いますよ。

投稿: クラーケン | 2014年6月 9日 (月) 20時35分

鉄道の構造物ってほんと長持ちしますよね。

道路橋なんかひどいものになると20年でクラックいっぱい入っている。

やっぱり道路のように過積載の設計荷重以上のもの通さないのとメンテが行き届いているからだろうね。

でも、あの足場であの高さで命綱なし?
命綱が有っても足がすくんで動けないだろうな!

投稿: ひからび | 2014年6月10日 (火) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/56432853

この記事へのトラックバック一覧です: 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-2 高森線 第一白川橋梁 2:

« 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-1 高森線 第一白川橋梁 1 | トップページ | 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 8 高森線 立野橋梁 »