« 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 6 手延分解式 架桁機 | トップページ | 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-2 高森線 第一白川橋梁 2 »

2014年6月 6日 (金)

一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-1 高森線 第一白川橋梁 1

鉄道設計図表全集 橋梁の部からの図面、今回は日本の橋梁でも難工事で有名な、高森線の第一白川橋梁を紹介します。

南阿蘇鉄道で現存しますので、お近くの方はぜひ訪問されることをお勧めいたします。
竣工は昭和3年、中央径間91m、全長166m、汽車会社製です。
まずは有名な写真
1l
昭和2年の撮影なのでまだ未完成で、走行試験でしょうか、
機関車は、前は3300かなぁ、後ろは8620やね。

この鉄橋、13mmゲージで超精密なレイアウト、「己亥鉄道」を作られている、豊川市のSさんがこの鉄橋を作ってられますので、紹介させて頂きます。「己亥鉄道」は横のリンクからご覧くださいね。
製作中 1
Dsc_0001aal
製作中 2
Dscn3165al
ほぼ完成状態、列車を置いてみる
Dsc_0001al
Dsc_0006al
Dscn3289al
すばらしい!!の一言!
という事で、図面は次回です。

|

« 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 6 手延分解式 架桁機 | トップページ | 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-2 高森線 第一白川橋梁 2 »

一冊の本」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

鉄道施設」カテゴリの記事

コメント

 まいどーー
昭和3年竣工ですか、親父の生まれた年や!!
そんな古い橋とは知りませんでしたなーー
 高森線、一度撮影に行きましたが残念ながらこの橋は撮っていません。
 鉄橋の下に良い温泉宿が有ると聞いていましたが、、
今でも有るのかな?。
しかし、Sさんの工作期間、半年ほど!!!驚きです。

投稿: はた坊 | 2014年6月 6日 (金) 16時05分

高森線にはもう一つ立野橋梁があるねぇ。
どっちもすごい!この時代のリベット接合の構造物は格好いいねぇ。
立野橋梁もこの後、図面を載せようと思ってます。

投稿: クラーケン | 2014年6月 6日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/56417930

この記事へのトラックバック一覧です: 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-1 高森線 第一白川橋梁 1:

« 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 6 手延分解式 架桁機 | トップページ | 一冊の本 鉄道設計図表全集 橋梁の部 7-2 高森線 第一白川橋梁 2 »