« 一枚の図面から 22 メーカーの提案図面 1 | トップページ | 一枚の図面から 24 メーカーの提案図面 3 »

2014年4月29日 (火)

一枚の図面から 23 メーカーの提案図面 2

前回の図面と同じく、ヴァルカン・ファウンドリーで、同じ1881年(明治14年)の図面がもう1枚あります。
Vulcan_foundry_2618_25

日付は前回と全く同じ1881年10月22日、 こちらは内側台枠のタンク機関車ですね。
初期の1-Bタンク機関車の増備とも考えられる機関車ですが、後述のように関西なので、120や130,140の増備かも知れませんが、全体にだいぶ大形になっているので、後のA8、400,500,600等の先駆けとも考えられます。

図面を良く見ると、弁装置はワルシャート式!
作られていれば日本最初のワルシャート式だったことになりますね。
加減リンクはラディアスロッドを挟み込む形ですが、細く、どのような構造かちょっとわかりません。
弁室は当然上側です。

第1動輪から動力を取るフィードポンプは前回同様、
動輪直径は4’6”、1371.6mmで前回と同じですが、軸距離はこちらの方が長くなっています。タンク式なので長さに余裕があるためかと思いますが、
ボイラーは少し短いようで、こちらは火室の所のボイラーケーシングのふくらみはありません。
先輪はテンダ式と同様、横動なしの固定式で、ばね装置も同様に先輪は独立、動輪は第1第2をイコライザーで結んでいる4点支持です。

テンダ式の方には砂箱の書き込みがありませんでしたが、こちらにはあります。
第1動輪用はサイドタンクの前方上部を台形に区切った物、第2動輪用はキャブ入口のすぐ後ろにあります。

前回のと今回の機関車、金田さんの「日本最初の機関車群」によると、実は一旦契約が成立していたそうで、各2両、番号も54,56,58,60と決まっていたようですが、実際には何らかの理由で解約され、これらの番号は1800の増備分(1881年製)として振り分けられました。

偶数番号なので、関西向けですね。惜しくも解約されましたが、独特の形をしているこれらの機関車が来なかったのは非常に残念です。

|

« 一枚の図面から 22 メーカーの提案図面 1 | トップページ | 一枚の図面から 24 メーカーの提案図面 3 »

一枚の図面から」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/55977598

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の図面から 23 メーカーの提案図面 2:

« 一枚の図面から 22 メーカーの提案図面 1 | トップページ | 一枚の図面から 24 メーカーの提案図面 3 »