« T型フォードのインスペクションカーを作る 1 | トップページ | 別府鉄道 4 昭和30年竣工図 1 »

2014年3月24日 (月)

T型フォードのインスペクションカーを作る 2

これからが今回の工作です。

1月に十三クラブの運転会の連絡をもらいましたので、
以前検討したスケールに近い車輪を作って、運転会で走らせてみようと思いました。

前の構想は、これと、これと、これ

車輪の断面図を再掲します

13mm_l

これの左下の図で、車輪の幅をスケール(1.56mm)に近い1.6mmにしたものが今回チャレンジしてみる踏面形状です。

せっかく作るのですから、ポイントのクロッシング部で落ちてしまいやすい小径の車輪をということで、以前作っていまいちだったインスペクションカーをリメイクする事にしました。

先ずはタイヤから、一度やってみたかった完成バイトから総形バイトを作る。

1402055l

ダイヤモンドカッターとダイヤモンドヤスリを使って目測で削りました、0.1mmのメモリ付きの20倍ルーペで見ながら作りました。フランジ外径は変わる可能性があるのでラフです。

ベースはTOMIXのφ7.6mm動輪の非絶縁側ですが、絶縁側も含めてたくさん削りました。
加工中です。

1402032l

ビビりもなく、思ったより楽に削れます。

端面とフランジ外径切削

1402052l

中ぐりして

1402053l

完成

1402054l

次は、輪芯、元のホワイトメタルの車輪の外径を削ります。

1402061l

中央の2個は完成、両端は切削前、この後大きなトラブルが・・・・・

1402062l

タイヤをはめてみる。この写真の右端の車輪・・・切削前に下に落として、踏んでしまった。
車輪がグニャッと・・・・

むりくり直して・・・・車軸もゆるゆる状態を何とか瞬間で固めて・・・
とりあえず削って外周だけ合わせました。

1402063l

まぁ、そんなこんなで、ギヤボックスの調整をします、せっかくなので分解写真です。

Rimg0001l

何かおもちゃのような構造ですが、スプリングバックではめ込んで組み立てます。
ホイールの軸は外径2mmの樹脂製、中心に車軸が入ります。

試運転、この状態では16.5mmゲージです。

Rimg0010l

ざっと組み立ててレールへ

Rimg0012l

篠原の16.5の#100レールではクロッシング部で落ち込むねぇ、予定通り。

そして改軌・・・色々とトラブルが発生したものの、何とか走るようになったのが当日の午前5時!。

運転会へ。

1403225l

巨大なレイアウト、どこを走ってるのか分からないような状態ですが、自分が思ってたよりもよく走りました。

そして、懸案のポイントのクロッシング。

1403224l

全くこの図面の通り!、やはり落ち込みは無く、厚さ1.6mmは問題なしという結果となりました。

L

フランジ高は図面の0.45mmとしましたが、それは篠原の嵩上げクロッシング対策、
これもほんのわずか下がるものの、問題なく通過します。

車輪の厚さ、なぜ2mmとか、それ以上にするのか?

少なくとも、十三クラブの規格(スパイクモデルの規格に準ずる)と、現在の篠原のポイントで、イコライザー等でレールへの追随を良くした車両であれば、バックゲージ11.5mmで、車輪踏面のR(フィレット)を大きくして、レールのフランジウェイでちゃんとガイドされる構造にして、フランジ高さを0.5mm弱にした車輪なら厚さ1.6mmにしても(それ以下でも)問題なく走るようです。

従来の全く野放図状態の13mmゲージではとてもやってみる気になれなかった13mmゲージですが、自分なりに規格を作り、それが十三クラブ規格や篠原の線路に合うことを確認したので、俄然13mmゲージをやってみたくなりました。

次作はもう少しちゃんとした、普通の13mmゲージの車両を作ってみようと思います。

16.5mmゲージでスケールを目指すより、非常に簡単なので・・・

 

|

« T型フォードのインスペクションカーを作る 1 | トップページ | 別府鉄道 4 昭和30年竣工図 1 »

13mmゲージ」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

ひぇーーーー!
サーメットですがな?
お金持ちやなーーー。

久しぶりの工作ネタですねーーー。
仕方がないとは思うのですが、やっぱりフランジはこの高さ?
この間から探し物していたら、スパイクのφ21.5の動輪が出てきた。
これでも車輪厚が薄いと思うのだが、それでもオーバースケール。
難しいところですよね。

投稿: ひからび | 2014年3月24日 (月) 20時22分

サーメット?
うちで一番切れるバイトですよ。
フランジは0.3mmとしたいとこやけど、篠原のポイント通過を考えたら、これ以上低くできない。
線路の精度を考えてもこの辺りが落としどこかと思うんよね。
今日、古い友が来て、次の13mmゲージの車両の候補が大体決まった、次回はこれより大形、普通の車両で同じ規格の車輪でテストやね。

投稿: クラーケン | 2014年3月25日 (火) 03時09分

クラーケンさん

ホワイトメタルの車輪の中心穴はどうやって位置出しするんですか?

投稿: うっかりバロー兵衛 | 2014年3月25日 (火) 07時36分

バロー兵衛様
キットの車輪に窪みがあったので、それを信用して穴をあけたんですが、全体がひずんでいたのか、後に外周を削ってみてリムの厚さが不均等になってて、初めてセンターがずれていることがわかりましたが、後の祭り。
写真を撮った後でキサゲでごまかしましたが、
バロー兵衛さんが作られる時はちゃんとセンター出しをされることをお勧めします。

投稿: クラーケン | 2014年3月25日 (火) 09時02分

まいど
在庫の北炭をやってください。
北炭の貨車を進呈します。
編成で走らしてください。

投稿: ハタ坊 | 2014年3月25日 (火) 09時54分

おおっ!
そう言えば貨車は13mmやったねぇ。
まだあれを触るほど腕が上がってないからなぁ・・・・
けど、やってみたい気がしてきた。

投稿: クラーケン | 2014年3月25日 (火) 12時13分

いよいよ13㎜に本格的に進出ですね。
面白なってきたなぁ!

投稿: 健太郎T | 2014年3月25日 (火) 18時08分

一緒にやろか!!

投稿: クラーケン | 2014年3月25日 (火) 19時26分

短軸のタンク車なんか効果的やろうなぁ。

投稿: 健太郎T | 2014年3月25日 (火) 21時39分

タキ3000の初期とか、自分的にはTR20のタサ3000が好きです

投稿: クラーケン | 2014年3月25日 (火) 22時09分

私がイメージしてたのは3軸タサ。
16.5㎜では台枠が広くなって、リベットだらけのごついタンク固定板の形がいびつになってしまうんですよ。

投稿: 健太郎T | 2014年3月25日 (火) 22時50分

クラーケンさん

解説ありがとうございます。

キャスト車輪のセンター出しは悩みの種ですね..

投稿: うっかりバロー兵衛 | 2014年3月26日 (水) 00時36分

バロー兵衛様
今回のはホワイトメタルで、しかもスポークがすごく細いので、一番切れるスロアーウェイバイトで、慎重にわずかづつ切り込みましたので、スポークが曲がることはなかったので、その点では失敗ではなかったと思っています。

投稿: クラーケン | 2014年3月26日 (水) 03時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/55492014

この記事へのトラックバック一覧です: T型フォードのインスペクションカーを作る 2:

« T型フォードのインスペクションカーを作る 1 | トップページ | 別府鉄道 4 昭和30年竣工図 1 »