« 別府鉄道 7 昭和30年竣工図 4 | トップページ | 別府鉄道 8 1,2号 蒸気機関車 »

2014年3月31日 (月)

友達紹介 railtruckさん

「友達」なんていうのは恐れ多い方なんですが・・・。

私がまだ中坊のころ、TMSで2回連載で「シェイギヤードロコを自作して」という記事を見て、「世の中にはこんなものすごい物を作れる人が居るんや!」と感動しまして、お名前をはっきりと覚えていたのですが・・・。

それから大分経って、福原金属の福原さんが主宰していた会にちょいちょい顔を出していた時に、いろんな機関車のボイラーやサドルタンク、煙突なんかをいっぱい並べていて、非常に興味をそそられる人が居られて、ハタ坊さんから「この方が・・・」と紹介されたのがrailtruckさんとの始まりなんです。

私にはとても真似ができないバイタリティーで、今も精力的にじゃんじゃん作ってられます・・・・変な物を・・・・・

シェイも変わり種の機関車には違いありませんが、視野を世界に向けて、世界中のサイトから面白い機関車の情報を探し出し、どんどん作られています。
恐らく日本で一番「変な」機関車のことを詳しい人だと思います、おっと!KKCにもう一人「UG」さんが居られますね。お二方の知識の前には私など足元にも及びません

少し前までは、圧縮空気機関車、最近は無火機関車に興味が行ってられるようです。

先日の十三クラブの運転会で久しぶりにお会いして、最近の作品を色々と見せていただきました。

Rimg0008l

Rimg0019l

先ずは、Grange Iron Co.製の圧縮空気機関車。
S_rimg0014l

アップなので大きそうに見えますが、2フィート軌間のOナローで13mmゲージです。
車輪はツボミのφ6.0、サイドロッドは非常に細い物です。
S_rimg0013l

下回り、16:1のウォームを2回使って、ギヤ比は256:1!ゆっくりと実にスムーズに大レイアウトを走りました。
S_rimg0015l

次は20インチゲージ、Eimcoというメーカーの圧縮空気機関車
M_rimg0006l

一見簡単そうに見えますが・・・・

M_rimg0012l

もう1枚

M_rimg0011l

ものすごく細かいディテール!

下回り

M_rimg0017l

次はちょっと大きいAtlas製の圧縮空気機関車

L_rimg0005l

台枠のリベットやバルブギヤ、軸箱まわり、格好いいですねぇ。

L_rimg0009l

L_rimg0010l

メーターに逆転レバー!ものすごく小さくて、肉眼では厳しい細かさ。

下回り

L_rimg0018l

レバー2つ割!

そして、シェイ!、何か普通に見えますねぇ。

Hon30_13_rimg0021l

Hon30_13_rimg0022l

乗工社製とのことですが、モーターをボイラーに入れて、ディテールは相当凝っています、さすがですねぇ。

Koppel_rimg0004l

Oナローの沼尻?ですが、ゲージは2フィートとのことです。細かいですねぇ。
Koppel_rimg0024l

えーかんじ!

次はIMONの木曾ポーター
Porter_rimg0020l

Porter_rimg0023l

そして、製作中
Rimg0019ll

従輪も駆動します、もちろんギヤ比を変えて周速は同じ、大レイアウトを走っていたので、写真を撮るのを忘れてました。本当に小っちゃい機関車です。

そして現在製造中
New_rimg0025l

左の車軸には・・・・・!

本当に・・・・作る作品も、お話させて頂いても本当に楽しくて、運転会なのに、走ってるものも見ないでしゃべってばかりでした、怒られそう。

|

« 別府鉄道 7 昭和30年竣工図 4 | トップページ | 別府鉄道 8 1,2号 蒸気機関車 »

友達」カテゴリの記事

コメント

おはずかしい。何処かに穴はないですか?

コッペルは10年超の旧作で、元はオレカンの頚城です。

イカモノ食いのナローゲージャーとしてはアイルランドや印度の究極のナローもやりたいですが、給電をどうしましょう?

投稿: railtruck | 2014年4月 1日 (火) 06時10分

あ わわわ  △×☆◎×  言葉で表せません。
一度はまったら帰ってこれない世界で私はコッペルのあたりで躊躇して引き返しました しかし気になる世界です。

投稿: どぶちゅー | 2014年4月 1日 (火) 13時06分

どぶちゅーさん
もう10年以上になりますか。お会いしていた頃は未だ私もまともな(どこが?)ものを作っていましたね。近頃はますます重症、末期的症状です。

投稿: railtruck | 2014年4月 1日 (火) 15時09分

railtruckさん、どぶちゅーさんも、たーっくさんナローを作ってられますよ。
そして銕騎さんは青梅鉄道の機関車を製作中、ナローはブームかもしれませんねぇ、そうなるとrailtruckさんは常に先頭を走っていますねぇ。

投稿: クラーケン | 2014年4月 1日 (火) 19時58分

クラーケンさん こんにちは。
おお!
railtruckさんが「お友達」!ホント羨ましいです!
☆☆☆
小生、railtruckさんには3機種アドバイスをいただき、
拙作2輌作りました。(浪花号復刻とGlyn Valley Tramway (風))
センチネル縦型はまだ具現できていません。(汗

いつも小生ごときの拙作に「それとなく」。。。!
いつも感謝しておりました。
どの様な方か?初心者の小生にははかり知れませんでした。

素晴らしい作品群を拝見できました。クラーケンさん ありがとうございます!感謝!

投稿: 隊員 | 2014年4月 7日 (月) 21時25分

隊員様
私の場合「友達」と言っても大先輩ばかりで、本当にいつもお世話になってるんですよ。
先生ではない「友達」と言えば「トクイ車両」をはじめとする冗車会の連中かなぁ、なんやかんや言っても、みんな呑み友達です。

投稿: クラーケン | 2014年4月 7日 (月) 23時18分

クラーケンさん   こんにちは。
早々のレスをどうもありがとうございました!

トクイ車両さん
冗車会さん
十三クラブさんなどのブログHPに参上して参りました。素晴らしい車輛に走行会。。。
お呑みのシーンもありました。たくさん「お友達がおられてイイですね。」

ところで、十三(関西では「じゅうそう」歓楽街で有名ですw。)
13ミリですか!?素人には珍しいゲージなのですね。

☆☆☆

以前、お二人が話されていましたアイテム「火を使わない蒸気」
Apache Powder Fireless Locomotive(風)をHOナローで
作ることにしました。(バタバタしておりまして まだ着手はしておりませんが)

ではでは。

投稿: 隊員 | 2014年4月10日 (木) 16時33分

隊員様
今の私は多くの先輩方あってこそと心底思います。

今でこそ、何か作品を作ったら、ブログ等で発表できますが、ちょっと前までは、みんなで集まって、お互いの新作をネタに酒を酌み交わすって事が、作る上での大きな喜びだったんです。
まぁ、いまだにこの点は同じで、何かにつけ、口実を設けては主に京都で呑み会をやってます。やっぱり仲間はいいもんですねぇ。

投稿: クラーケン | 2014年4月10日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/55594265

この記事へのトラックバック一覧です: 友達紹介 railtruckさん:

« 別府鉄道 7 昭和30年竣工図 4 | トップページ | 別府鉄道 8 1,2号 蒸気機関車 »