« 一枚の図面から 18 AUGUSTA と BEATRICE | トップページ | 一枚の図面から 19 佐藤組「DEMPSTER」 »

2014年3月16日 (日)

一冊の本 阪神国道電車

今日、ちょっと外出してる時に、郵便受けにこの本が入っていました。

Rimg0011l

題名は「阪神国道電車 1975年廃止 その昭和浪漫を求めて」、著作は神戸鉄道大好き会です。

企画編集をされた谷口隆志さんが直接持ってきてくれたもので、後で電話でお礼とこのブログへの掲載の許可をいただきました。

昨年の初夏、神戸鉄道大好き会の方々とお会いした時に企画を聞いていたものですが、このほど出版となったそうで、出来立てのほやほやです。

阪神電鉄の路面線は、国道線、甲子園線、北大阪線があり、部分廃止を経て1975年5月に全線が廃止されました。
廃止後も電車好きの人たちの人気は高く、私の仲間たちにも多くのファンが居ます。

私も廃止の前日、乗りに行きました。
お別れ運転はあまり好きではないのですが、廃止の情報がぎりぎりになってしまったのでお別れ運転になりました。
高校2年、あまり撮影経験も無い頃で非常につたない写真ですが、これを逃すと人に見てもらう機会もないと思うので恥を忍んで掲載します。

まずは甲子園駅、この上が阪神本線の甲子園駅です。

00l

01l

上甲子園だったと思います

06l_6

09l_2

10l_2

当日は天気が悪く、しかも夕方で・・・・などと言い訳をして・・・

そして、本書の最後の方に出てくる、保存車を見せていただいた時の写真、まだ修復途上です。

Dscf1036_20080413l

ヘッドマークは・・・

Dscf1047_20080413l

貸切

現在は非常に綺麗に修復が成ったそうで、この本に非常に綺麗な写真があります。

出版はトンボ出版、税抜2600円です。

|

« 一枚の図面から 18 AUGUSTA と BEATRICE | トップページ | 一枚の図面から 19 佐藤組「DEMPSTER」 »

一冊の本」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

電車」カテゴリの記事

コメント

おお!
めずらしく電車関係記事ですねー!
ご本のご紹介、ありがとうございます。
さっそくあした、神保町界隈へ出かけますので買いにいきます!
ぼくも最終日含めてたくさん写真を撮ったのですがどっか逝ってしまいました・・・・
なぜちゃんと置いておかなかったのか、
こればかりは人生最大の後悔であります(ほかに後悔せんのか!?)!

投稿: 犬鉢 | 2014年3月17日 (月) 09時28分

北大阪線はつばめやに行った時に、こんなところに路面あるんや!
と言うくらいのもので、あの阪神国道に路面電車が走っていたと言うことはあまり記憶にない。

なんせ、京都市電がなくなったのも記憶にないもんね。
もう、書店に出ているのでしょうね?
京都駅近所の本屋に観に行ってきます。

投稿: ひからび | 2014年3月17日 (月) 10時31分

版元から送られてきたばかりと言ってたので、書店にはまだかも、amazonもまだやしね

投稿: クラーケン | 2014年3月17日 (月) 12時10分

初めまして、いつもイヌ様に噛まれまくってます、Cedarと申します。阪国の本、やっと出ましたね。
金魚鉢=日本一の路面電車と思っていました。しかし私鉄2本と国鉄があるところに路面電車を開業とは、まるでアメリカみたいですね。

投稿: Cedar | 2014年3月17日 (月) 23時56分

Cedar様初めましていつも読ませていただいてます。
阪国は日本のインターバンですねぇ。
私は高校まで神戸の街中で育ったので、実は阪国より神戸市電の方が馴染みがありますが、神戸市電の700や阪国の70や200のような明るい電車が好きです、初めて阪国の70に乗って座った時の窓の高さちょっとした驚きでしたねぇ。
今は電車の設計に携わっておりますが、側面上部は窓ばかりで、この構造でよく強度が保てるものと感心します。

投稿: クラーケン | 2014年3月18日 (火) 02時36分

 はじめまして、
 ブログに掲載有り難うございます。かなり以前に依頼されて写真提供していましたが、ようやく刊行になり、谷口さんから本が送られてきました。まだ書店には出ていないようですが、間もなく発売でしょうね。
 私の写真はイニシャルHKで掲載されたものですので、またご確認ください。(一例=100ページ所載の、甲子園球場の横をファミリーで歩いてる写真、これは40年近く前の若き妻と長女、長男です。いい記念になりました)。他にも数枚あります。
 

投稿: はしやん喬木(HN) | 2014年3月21日 (金) 07時10分

はしやん喬木(HN)様
はじめまして、コメントありがとうございます。
100ページの写真、コメントが笑えますねぇ。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: クラーケン | 2014年3月21日 (金) 11時08分

 お返事有り難うございました。100ページのコメントは、谷口さんか、編集に携わったどなたかが書いてくださったもので、ボクも苦笑いたしました。
 こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: はしやん喬木(HN) | 2014年3月21日 (金) 18時02分

懐かしいです、港祭りでは、花電車が、芦屋の、うち打出まで、神戸市電が、乗りいれしてました

投稿: 甲南朝日 | 2014年5月 9日 (金) 17時08分

甲南朝日様 初めまして。

花電車懐かしいですねぇ。昔は街中でも暗かったので、よく目立ちましてねぇ。
私は神戸市内の国道2号線の近くに住んでいましたので、花電車の音楽が聞こえると、家から飛び出したものです。

投稿: クラーケン | 2014年5月 9日 (金) 20時26分

はじめまして。宇治市在住の山本と申します。
知人からこちらのページを知らされ
模型製作の記事、楽しく拝見させて頂きました。

私は阪神国道電車の現役時代は廃止当時
9歳で住まいが京都市だったこともあり
全然知らない(苦笑)のです。
末期とは言え現役で走る金魚鉢電車を見る事が
出来た方は本当に羨ましい限りです。
幸いその後はいろいろ御縁がありまして
現在は掲載頂いております79号の
保存活動に加わっております。

掲載頂いた写真、今となっては懐かしいですね。
この姿でだいぶ長い事、保管せざるを得なくて
早く綺麗にしてやりたいと気を揉んでいたのですよ。
さすがにこの姿では公表も公開も出来ず、この当時は
内輪でも存在や写真を公には出来ずに居たものでした。
お写真はいつ撮影されたか判らないのですが、
出来ましたらこの姿は公にはして…頂きたくない
のですが…(笑)。まぁ過去の姿ではありますが、
もし差し支えなければ改訂をお願いしたいところ
です。折角ご紹介頂きながらすみません。
お気を悪くされたら申し訳ありません。

一昨年、ようやく費用の目処が立ち、修復に着手。
ご紹介頂いている本に掲載されている様な
元の別嬪さんに戻してあげる事が出来ました。
現在は諸般の事情があり、電車の公開は積極的に
しておりませんが、今年はご紹介頂いた本や
以前には思いも及ばないメーカー品のNゲージ
金魚鉢が発売されるなど、地味な存在だった
阪神国道電車に目が向けられる年になったのは
大変嬉しい事と思います。
これからも微力ながら実物の金魚鉢電車の保存を
続けて参りますので、暖かく見守って頂けたらと
思います。

突然の書きこみ失礼致しました。
では失礼致します。

投稿: 山本明弘 | 2014年8月 4日 (月) 10時33分

山本明弘様
直接メールを頂けるとありがたかったのですが、ここに書かれましては、自動的に公表されてしまいますので、強制力が発生して非常に苦しくなります。

 これは、写真を発表したことに対する保存会の正式な抗議でしょうか?
私は、当ブログを見て頂ければ分かるごとく、資料は個人で秘匿するのではなく、出来る限り公開することによって広く知識と興味が広がってほしいと願っておりますが、
 今回の写真に関しましては、絶対に場所を特定できないことを念頭に写真のみとしました。
 全くの未発表であれば載せる機会はなかったと思いますが、広く一般に出まわる出版物に載ったと言う事で解禁されたものと考えました。
 所有者としての正式な抗議であれば削除せざるを得ませんが、非常に狭小な考え方に時代に逆行した憤りを禁じえません。

 文中の「…(笑)」と「改訂」の言葉でどの程度の事か意味が計りかねますが、重大な意味ととらえて、このような文とさせていただきました。
 削除依頼と言う事でしたら、再度はっきりとご意見をお願いいたします。

投稿: クラーケン | 2014年8月 4日 (月) 13時14分

私も、この本を持っています。
確か、直接連絡して郵送してもらったと思います。

今、この本を基に定点観測を考えています。
当時の写真の撮った場所に行って、現在の様子を比べるわけです。
まぁ、いつになるかは分かりませんが……。

投稿: ゲバゲバ | 2017年11月 9日 (木) 22時32分

ゲバゲバ様
定点観測、かなり変わってしまっているので無図化良いところもあるでしょうねぇ。
ブログでの発表楽しみにしておきます。

投稿: クラーケン | 2017年11月 9日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/55395961

この記事へのトラックバック一覧です: 一冊の本 阪神国道電車:

« 一枚の図面から 18 AUGUSTA と BEATRICE | トップページ | 一枚の図面から 19 佐藤組「DEMPSTER」 »