« 一枚の図面から 17 日本の1067mm軌間で最小の機関車 | トップページ | 一冊の本 阪神国道電車 »

2014年3月14日 (金)

一枚の図面から 18 AUGUSTA と BEATRICE

引き続きバグナルです。

今回は日本では唯一の逆サドルタンク機関車です。

バグナルというメーカーは、普遍的と思われているイギリスのメーカーの中でも変わった手法が好きなメーカーのようで、円筒形の火室、バガレ式やバグナルプライス式などの特殊な弁装置、それに今回の逆サドルタンクなど・・・

この機関車は1896年製で、762mm軌間、動輪直径610mm、運転整備重量は7.5t。

松浦炭鉱の運炭線用に2両購入したもので、その線は後に佐世保鉄道になりました。
そして、佐世保鉄道は国有化され、ケ97,98となりました。

AUGUSTA と BEATRICEというのはこの機関車の名前で、この写真のように立派な銘板が付いていました。

1499augustal

図面は今回も配管図です。
14991500pipe_arrangementacbaker_l

この図面からは逆サドルタンクはわかりにくいですね。

図面ではサドルタンクの上はボイラーとつながっているような感じですが、リベットの並びから考えると、ボイラーとサドルタンクはつながっていないと思われます。

そこで、佐世保鉄道の写真です。

150012l

図面の状態からはだいぶ改造されていますが、現存するもっとも古い写真と思われます。

一般のサドルタンクと違い、煙室前板部とツライチになっていて、煙室からボイラー前部を下から包むような形になっています。
キャブの前のサイドタンク状のものは水タンクではありませんが、この写真の側は何に使われていたのかわかりませんが、反対サイドは石炭庫のようです。

煙突はかわいいダイヤモンドチムニーになり、キャブの後ろが延長されています。ランニングボード上にあった砂箱はボイラーの上に移動しています。

この機関車は国有後、AUGUSTA(ケ97)は据え置きボイラーになりましたが、BEATRICE(ケ98)の方は、1940年に北海道の芦別森林鉄道へ行きました。

その当時です。いろいろと改造されています。

150017l

その後、外観は大きく変わり、テンダーまで追加されていますが、逆サドルタンクは撤去されずに残っています。

1500172l_3

1500171l_3


これはこれでかわいらしい形ではありますが・・・この形で昭和28年に廃車になりました。

|

« 一枚の図面から 17 日本の1067mm軌間で最小の機関車 | トップページ | 一冊の本 阪神国道電車 »

一枚の図面から」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

まいど
芦別のサイド写真は見た事がありますが
テンダーが付いた写真は、お初です。
砂箱と一体化したドーム、中国のC2みたいですなーーー


投稿: ハタ坊 | 2014年3月15日 (土) 02時43分

テンダー付きの1枚目と同じ写真は「バグナズの機関車」にも載っていますし、「軽便の記録」には1954年撮影、テンダー付き17号機の廃車体の写真がありますよ。

投稿: railtruck | 2014年3月15日 (土) 07時52分

逆サドルではこんなゲテモノがおます。
英国John Fowlerのたぶん24吋ゲージと思います。
普通のサドルタンクの形状のようなんですが...。http://vios1.rdg.ac.uk/olib/images/nof/fowler/photos/tr_fow_ph2_1/300.jpg
http://vios1.rdg.ac.uk/olib/images/nof/fowler/photos/tr_fow_ph2_1/301.jpg

Fowlerのナロー機関車はゲテモノぞろいですね。

投稿: railtruck | 2014年3月27日 (木) 09時55分

さすが、railtruck様!!

こりゃあすごい!
本当の逆サドルですね!
こんなの初めて見ました。
いつもすごいのを教えて頂きありがとうございます。

投稿: クラーケン | 2014年3月27日 (木) 10時32分

クラーケンさん こんにちは。
最近、この機関車に興味を持ちまして、ネットで色々リサーチしておりましたら、こちらにたどり着きました。
とても良い写真ですね。じっくり拝見させていただきます。

投稿: 隊員 | 2014年5月 8日 (木) 16時59分

隊員様
私が作るなら、断然原型ですが・・・
テンダーになってからの図面はありませんねぇ。

投稿: クラーケン | 2014年5月 9日 (金) 01時54分

クラーケンさん こんにちは。
早々のレスをいただき、どうもありがとうございました!
☆原型
。。わっ!残念ながら、テンダー機でして。。。
またまた、曖昧な拙作でお茶を濁します。

あのー、次回から「。。様」でなく、「さん」でお願いいたします。光栄で!クラーケンさんから親しく「隊員さん」と。。。
ありがとうございました!

投稿: 隊員 | 2014年5月 9日 (金) 02時36分

隊員さん
了解です、この呼び方の方が親しみがあって良いですねぇ。
考えてみれば、隊員さんの作風はウェザリングをされるので、原形の時代は興味ないでしょうねぇ。
戦前まで、機関士や機関助士は1台の機関車に専属で、機関車等は非常に大事にされていて、「汚れているのは恥」と言う時代でしたので、廃車になったもの以外は非常にきれいに磨かれていました。
ですから、戦前の時代をリアルに表現する場合は綺麗に磨いた状態になると思うんですが、ウェザリング派の方には物足らないでしょうねぇ
まぁ地方鉄道ではそうでもない場合もあったようですが・・・

投稿: クラーケン | 2014年5月 9日 (金) 20時36分

クラーケンさん  こんにちは。
連続レスですみません。このアイテムの工作は進んでおります。


☆原形の時代は興味ないでしょうねぇ。
。。いえ。旧いアイテムは好きですよ。古い地方鉄道アイテムが大の好みです。

小生のぜウエザリングは、、、!?

水性塗料(家族健康)と塗装法(筆)で「きれいな塗装」ができないのです。

それとミリタリーアイテムが好みですので、どうしても。。。です。

最近、蒸気だけはきれい(あれでも あまり汚さないようには)にしております。汚しはやめて、古い金属製(重い感じ)の雰囲気に。。。転換しておりますが、どうしても「性」(さが)が!?

☆☆☆

ところで。。。

このアイテムのテンダー車には後部の一部を残して、いっぱい(一面に)石炭を積みますが、それでよろしいのでしょうか?(動力を隠すためにも)

給水のための装置や側面(平面)や吸水口などあるのでしょうね(か)!?

あるキットの作例写真では後部に石炭が載っていない箇所があるようですが、鮮明でなく。。。

知識がありませんのに。。。お茶濁しの模型ですが「それらしくはしたい」もので。

投稿: 隊員 | 2014年5月11日 (日) 14時31分

隊員さん
この機関車の炭水車の資料は持っておりませんが、一般に、車体中心線上の後部に丸い給水口が立っています、通常は人が入れるように400mm弱の直径ですが、このような小型の物はどうなんでしょうねぇ。
石炭は前面の取出口から取り出しやすくするため、通常、前の方に山を作ります。
同じような大きさの苫小牧軽便鉄道の機関車の炭水車は前半分が石炭ですが、そちらは石炭の取出口が床面で、この機関車の場合は取り出し口が上に上がっているのでちょっと構造が違うようですが、基本は同じです。
それほど長距離を走る線でもなく、この写真でも横から石炭が見えないので、それほど高く積み上げてはいないようですね。

投稿: クラーケン | 2014年5月11日 (日) 19時51分

こんにちは。
またまた連続レスで申し訳ありません。

色々教えていただき、どうもありがとうございました。
とても助かりました!

拙作に反映させていただきます。
当方の間違った理解や判断のときはどうぞ、ご容赦くださいね。

では、工作を続けます。

今度の「蒸気」はなるべくきれいにウエザリングいたしますね。金属の重い感じに。。。模型の出来は横に置いて!です。

ご親切にどうもありがとうございました。

投稿: 隊員 | 2014年5月11日 (日) 21時56分

クラーケンさん
こんにちは。
あのー。出来ました。でもですね。
このテンダーから急きょ「耶馬溪鉄道 1号機コッペル0-4-2T」に
なってしまいました。(浮気)
あのー。機種は違いますが、塗装をクラーケンさんから頂戴しました
アドバイスにしたがい、あまり汚さないものにしてみました。
つや消しの「黒」です。良かったですw。
テンダーの工作は再開しました。

投稿: 隊員 | 2014年5月28日 (水) 23時19分

隊員さん
耶馬溪鉄道1号カッコイイですねぇ。
ナローのB-1の機関車はどれも好きです。

投稿: クラーケン | 2014年5月29日 (木) 06時44分

クラーケンさん こんにちは。
ご観閲いただき、どうもありがとうございました!
感激です。励みになります!
テンダー!少しだけですが、進みましたー。運転室の窓が出来ました。

投稿: 隊員 | 2014年5月31日 (土) 00時30分

クラーケンさん こんにちは。
このアイテム。。。もうすぐ完成なのですが。。。ところで

人員を乗せるのですが、クラーケンさんでしたら、やはり2名でしょうね。。。。たわ言でした。

投稿: 隊員 | 2014年6月14日 (土) 02時06分

隊員さん
実物は多分2人と思いますが、
考えてみると、深い森林の中を走る森林鉄道なので、1人では心細いかもしれませんね。

投稿: クラーケン | 2014年6月14日 (土) 04時05分

クラーケンさん お忙しいところすみません。
経費がかかりますが、人員は削減せず「相棒」で!どうもありがとうございました。

投稿: 隊員 | 2014年6月14日 (土) 04時25分

クラーケンさん こんにちは。
あのー。唐突ですが、1/80のコレ出来ました。
観てやってください。

クラーケンさんのところの実車写真を参考にさせていただきました。
どうもありがとうございました!

投稿: 隊員 | 2014年6月21日 (土) 05時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/55373394

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の図面から 18 AUGUSTA と BEATRICE:

« 一枚の図面から 17 日本の1067mm軌間で最小の機関車 | トップページ | 一冊の本 阪神国道電車 »