« 一枚の図面から 15 鉄道院5 北海道炭鉱鉄道第2次15,16号 | トップページ | 別府鉄道 1 昭和15年竣工図 1 »

2014年2月22日 (土)

一枚の写真から 18 機関車編 汽車会社の空気機関車

私のブログの、2013年11月29日に、「一枚の写真から 8 機関車編 夕張炭鉱の圧縮空気機関車」と題して、H.K.Porterの圧縮空気機関車を紹介させて頂きましたが、今回は国産、汽車会社が作った物です。

詳しい説明と組立図を含む数枚の図面は鉄道史料20号にあります。ここでは怒られそうなのでコピーは載せませんが、1980年の物で、とっくの昔に市場から消えているので、興味がある方で本をお持ちではない方には、メールで連絡を頂けましたらスキャンデータをお送りします。

さて、今回の写真です。

241102_ksk_014l

汽車会社構内で撮られた写真です。製造が昭和24年10月なので、同年の撮影と思われます。この機関車は三井鉱業芦別鉱業所に納入されました、いつごろまで使われたかは不明です。

特徴的な3つのボンベは、旧海軍の魚雷の外被を加工した物です。これを戦時標準設計の610mmゲージの、戉B6の下周りを使ってまとめた機関車がこれで、戦後ならではの設計ですね。シリンダは圧縮空気機関車ではよくある複式でこの機関車は2気筒です、写真は高圧側で、ピストンバルブとさほど違わない直径です。

正面、ボンベ3本の真ん中の円筒状の物はヘッドライト、連結器は坑内用の特殊な物ですね。充填圧力は200kg/㎤、使用圧力は14kg/㎤です。

下周りの元となった丁B6の形式図です。

B6

戉B6の形式図はなぜか見つかりません、丁B6とはゲージと水タンク容量以外は共通なので、側面は同じという事で書かれていないのかも知れません。

下の空気機関車と比べると、この下周りが使われている事が分かります。

この機関車、16年前に一度模型化を考えた事があります。

2フィートゲージなので、1/80で7.6mm、1/87で7.0mmゲージとなりますが、1/87は6.5mmゲージとして書きました。緑色は当時最少だったφ6mmのモーターを乗せてみた物です。今ならもっと小さいモーターがいくらでもあるので楽ですね。

HOナローの縮尺は、1/80と1/87があるようで、どちらが一般的でしょう?、私は16番と併用なので1/80が良いと思うのですが、採用しているメーカーはあまりないようですね、私の図面では比較の意味もあって、1/80と1/87の両方を書きました。寸法のカッコは実物の寸法です。

先ず1/80

Air_loco_80

1/87、こちらは当時のクラッチ機構も書いていますが、今は大分変っています。

Air_loco_87

バルブギヤーの幅は0.4mm程度しかありません。非常に小さいですね。

今ならOナローで作るのも楽しそうです。

|

« 一枚の図面から 15 鉄道院5 北海道炭鉱鉄道第2次15,16号 | トップページ | 別府鉄道 1 昭和15年竣工図 1 »

一枚の写真から 機関車編」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

これを作ろうとしている方が居ようとは思いませんでした。
カバー無しのむき出しのシリンダーが悩ましいですが、内田さんの手にかかればどうってことはないですね。
楽しみにしています。


投稿: railtruck | 2014年2月22日 (土) 06時56分

ええ!!!railtruckさんまだ作ってなかったんですか?!!
もうてっきり作ってられると思っていましたよ。
Oナローなら、シリンダ周りはモデラを使えば簡単に切削できるので簡単ですね、railtruckさんの分も一緒に削りましょか?

なんてね、本当に作るかどうか分かりませんが、小学生の頃に図書館の本で見て以来の憧れなんです。

投稿: クラーケン | 2014年2月22日 (土) 12時27分

まさか!これ以上仕掛かりを増やすと収拾が付かなくなるので、熟成中のヤツを引っ張り出して続きをやろうとしているところです。

空気もさすがに飽きてきたので、今度は無火をやります。プロトタイプはアパッチ火薬会社のポーターです。
On3でやります。図面はガゼット誌2001年1,2月号に側面図が載っていますし、写真はApach Powder Fireless Locomotiveでググればありますので何とかでっちあげるつもりです。
現況です。ご笑覧を。
http://public.fotki.com/railtruck/under-construction/on3-porter-fireless.html

投稿: railtruck | 2014年2月22日 (土) 14時23分

まさか!これ以上仕掛かりを増やすと収拾が付かなくなるので、熟成中のヤツを引っ張り出して続きをやろうとしているところです。

空気もさすがに飽きてきたので、今度は無火をやります。プロトタイプはアパッチ火薬会社のポーターです。
On3でやります。図面はガゼット誌2001年1,2月号に側面図が載っていますし、写真はApach Powder Fireless Locomotiveでググればありますので何とかでっちあげるつもりです。

投稿: railtruck | 2014年2月22日 (土) 14時26分

クラーケンさん こんにちは。

レスいただき感謝いたします。
☆バイタリティ
。。いえいえ。小生もしばらく停滞しておりまして。。。例のアイテムで
再開です。ありがとうございました!
模型は、Gordon Bennet 0-4-0Tが先になると思います。「へちゃむくれ」は略図作成にかかりたいと思っております。


横レスですみません。

railtruckさん こんにちは。

A P Fireless Locomotiveの情報!ありがとうございました。
今までに蒸気2車体分もの情報をいただいております。感謝!
昨日、入手しました本の中でFireless Locomotiveに似た形の機関車に興味。。。本日 おおッ!(大喜)という感じです。機会があれば おもちゃ「。。。風」にと!

横レス、誠に失礼いたしました。すみません。

投稿: 隊員 | 2014年2月22日 (土) 18時34分

ライブスチームの世界では、数年前に京都の私の出身校の兄弟校がエアータンク積んでやっていた。
実物では、ちょっとしか走らないが、どこぞのD51もあったねーー。

魚雷のケーシングを使うなんぞ、粋やね。
今なら窒素か酸素ボンベですかねーー!
あれなら15MPaまでいけるものね。

投稿: ひからび | 2014年2月28日 (金) 08時41分

ひからびさん
鉄道史料20号の解説を今風に言うと、汽車会社のコレは充填圧圧力19.6MPa、使用圧力1.37MPaになっていますね。

投稿: railtruck | 2014年2月28日 (金) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/55089308

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の写真から 18 機関車編 汽車会社の空気機関車:

« 一枚の図面から 15 鉄道院5 北海道炭鉱鉄道第2次15,16号 | トップページ | 別府鉄道 1 昭和15年竣工図 1 »