« 一枚の写真から 17 機関車編 4000の写真 | トップページ | 一冊の本 5680の詳細図 2 »

2014年1月28日 (火)

一冊の本 5680の詳細図 1

この本は、抜粋のコピーをもらった物なので、全貌が分からないのですが、よくある名称図解の一種ですが、内容は、神戸工場製のD7、後の5680を主とした、図面集とも言えるものです。国会図書館の近代デジタルライブラリーには収められていないようです。

コピーは3人の方々から集めた物で、全てを発表していこうと思います。

まず表紙

L

現在の文字に直せば、「鉄道車両 各部名称鑑」とでもなるのでしょうか?最後の字は鑒ですが、現在は鑑が一般的でしょうか、機関車工学の松野千勝が序文を書いていますね。

早速内容を見ていきましょう。

全部が5680の物かどうかは分かりませんので、各自でご確認ください。

順序は、目次がないのでよくわかりませんが、内容を見ての順序とさせていただきます。

概略図です。

1l

外観図です。先ず正面。

2_142l

そして機関車背面。

3_83l

側面の外観。

4_139l

側面の断面

5_140l

平断面

6l

まだまだたくさんの図面がありますが、コピーが分割した物なので、回転や合成当の作業があり、非常に時間が掛かるので、今後引き続きという事とさせていただきます。

|

« 一枚の写真から 17 機関車編 4000の写真 | トップページ | 一冊の本 5680の詳細図 2 »

一冊の本」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

この機関車はいつか作りたいと思っている一台なのでうれしいです。
続きを楽しみにしています。

投稿: ozu | 2014年1月28日 (火) 10時58分

恐らく、4,5回の連載になると思います。
客車や貨車もあるのでお楽しみに。

投稿: クラーケン | 2014年1月28日 (火) 21時41分

3/4インチ=1フィートの縮尺?
ということは、1/16
船舶エンジンなんかは12進の縮尺だったのですね!
(でないと、手書きなのでいちいち計算難しいわねーー)
長いこと図面見ていたのに始めて気が付いた。

プラモデルも1/24等の縮尺が多いが、ここから来ているのでしょうか。

クラーケンさんのブログで日増しに賢くなっていきます。

投稿: ひからび | 2014年1月30日 (木) 10時34分

フィート・インチを採用する国々では半分の半分とか倍の倍という考え方の様で、基本的に2の乗数倍となっていますね、倍率も、分数も、1/2,1/4,1/8,1/16,1/32,1/64・・・という感じで・・・そういえばパソコンの最小単位も8bitですねぇ。

投稿: クラーケン | 2014年1月30日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/54770217

この記事へのトラックバック一覧です: 一冊の本 5680の詳細図 1:

« 一枚の写真から 17 機関車編 4000の写真 | トップページ | 一冊の本 5680の詳細図 2 »