« 一枚の写真から 13 機関車編 ブレーキヴァンが付いた機関車 | トップページ | 一枚の写真から 15 機関車編 鉄道院の形式が無い機関車 »

2014年1月 5日 (日)

一枚の写真から 14 機関車編 日本最初の開業式の列車を牽いた機関車

1号、8,9号と来たので、今回は最大勢力の2-5号、後の形式160の160-163を紹介します。

この機関車はクリスティ報告で、最も性能が良いと言われた一群で、1872年10月14日(新暦)の開業式の列車を牽引したのがその証と言えますね。

記念列車は、5号と2号の重連で牽引したのが、Far East誌に載った写真の拡大で判明しています。

この機関車の竣工写真です。

21023l 

そして開業間もない頃

21012104l

キャブの前妻、変ですねぇ、小っちゃい板が立っていて、4本の柱で屋根を支える構造。

なぜ、前妻を一体化しなかったんでしょう?、実は当初はキャブはこの前の板だけで、横の柱も屋根も無かったんだそうです。異様ですが、当時のイギリスでは珍しい物ではなかったようです。これはメーカーでの検査で屋根が追加になってこの形になったそうです、それにしても前妻くらい作り変えたらいいのにと思いますね。

図面です。

Sharp_stewart_160_1_a1_300l

さすがに140年前の図面って感じですねぇ。

この機関車も先の190のような排気を遮断するブレーキがあります、この機関車の場合、煙突直下のワイングラスの様な物がそれです。

この機関車は両数も多く、調子も良いとの事で、錦絵では非常に多くの題材になっています。前に紹介した物も全部この機関車ですね。今回はこんなのです。

242_l

明治22年発行ですが、開業式をイメージして書いた物のようです。機関車の前妻は、側まで板でつないだ状態で書かれています。

この機関車は後にキャブ背面を改造され、特徴的なひさしは後ろはカットされてしまいました。

|

« 一枚の写真から 13 機関車編 ブレーキヴァンが付いた機関車 | トップページ | 一枚の写真から 15 機関車編 鉄道院の形式が無い機関車 »

一枚の写真から 機関車編」カテゴリの記事

蒸気機関車」カテゴリの記事

コメント

さすがこの図面は140年前を物語ってますが、まだ判読できますね。

50年前のもっとひどい図面を、目を凝らして復元してた頃を思い出しますが、ほんと保存状態は良いですね。

投稿: ひからび | 2014年1月 6日 (月) 01時40分

さるところで戦前の原紙を見ましたが、トレーシングペーパー等よりはるかに強靭なもので、本当に綺麗な物でした。
ジアゾの時代になって、透明性が必要になってトレーシングペーパーになった頃から変わったように思います。

投稿: クラーケン | 2014年1月 6日 (月) 01時59分

クラーケンさん。
今まで錦絵では適当に描かれていたと勘違いしていましたが、かなり忠実に書かれていると言うことが判りました。
自分が知らなかっただけ?
目から鱗の記事!今後も待ってます。

投稿: ひからび | 2014年1月 7日 (火) 03時09分

錦絵は、全く出鱈目の物も多いのですが、発行年を見ると、開業前の全く想像で書いた物や、何かの写真等をモチーフとした物があったりしますが、開業後で実際に現物を見てからの物はある程度信用が出来ると思います。
開業前の物って意外に多いんで、それを省いてみ売る必要がありますね。

投稿: クラーケン | 2014年1月 8日 (水) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1974466/54495122

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の写真から 14 機関車編 日本最初の開業式の列車を牽いた機関車:

« 一枚の写真から 13 機関車編 ブレーキヴァンが付いた機関車 | トップページ | 一枚の写真から 15 機関車編 鉄道院の形式が無い機関車 »